広告の心理学

2019年5月12日

テレビの広告を観ていて、何らかの形で感動させられたことはありますか? 考えると涙が出てしまうようなコマーシャルはあるでしょうか? こういった質問に、イエスと答える人が多いのではないでしょうか。広告があなたに与えた影響は、広告の心理学のせいかもしれません。

広告の中にはうまく私たちの記憶に残るもあれば、単に忘却の彼方へ行ってしまうものもあるのはなぜなのでしょう? これは、偶然でも運でもありません。それはさまざまな変数、要素、独自性を考慮に入れたとても精密な作業の結果なのです。では、心理学が広告やその人々への影響にどのように関わっているのかについて、説明していこうと思います。

広告の心理学とは?

基本的に、広告の心理学とは消費主義の心理的なトレンドを予測するための、さまざまな興味関心や変数が合わさったものです。

広告は今や雑誌や新聞、ラジオ、テレビ、インターネットなど、ありとあらゆるところに存在します。実際、これは私たちを取り囲んでいるもの全ての中にあるのです。デパートでの製品の陳列のされ方、ポテトチップの色やサイズ、服の値段、ラジオで話される些細な言葉などなど…言い換えれば、製品を魅力的に見せ、私たちの注意を引くものは全て、それを宣伝する力を持っている方法なのです。

私たちは皆、何かを購入または消費する際、自分と他の人を区別しようとします。この目立ちたい、他とは違ってユニークになりたいという願望を、広告の心理学は利用しています。そして、私たち個人の違いが作られると、モチベーションや好み、個人的な判断などのその他の概念も役割を果たします。

広告の心理学とは

広告の心理学の戦略

人々の性質と購買方法を理解することで、メディアを通してより説得力のある影響を与えることができます。その方法とはどのようなものなのでしょうか?

何かを「2、3個」買いにスーパーに行ったのに、カートに一杯買ってしまったことがあるあなた。おめでとうございます! あなたも広告の化学が使ったテクニックの犠牲者になったことがあるということです。より具体的に言うなら、売り手は以下のような戦略を使うことで、消費者を説得するための広告の心理学を使っているのです。

  • 機械論的:まず、これは主に精神分析学を使って、繰り返しスローガンや画像を見せることで人々に影響を与えるという戦略です。この繰り返しが、製品を購入させるよう消費者を説得するのです。
  • 説得力:競争相手の同じような製品よりも、自分たちの製品を上位に持っていこうというのが目的です。そうするために、その製品の性質や特性についての情報を与え、他の似たような製品よりも有利になるように比較します。そして主に創造性と個人の直感に働きかけます。
  • 投影的:これはモデルや文化、対象のライフスタイルなどに焦点を当てます。たいていの場合、製品を個人の興味関心や意見とマッチしているように描きます。さらに、社会学や人類学もここではカギとなります。
  • 暗示的:最後に、この戦略では精神分析学的テクニックにより、私たちの思考を読もうとします。基本的に、消費者の不安や恐怖、ストレスに注目し、その人だけのためにデザインされた「魔法の製品」があるんだということを、消費者に納得させようとするのです。

心理学を使うことでうまくいく広告

あらゆる広告の裏には、成功するかどうかがかかっている重要な決断があります。これらの決断において、広告の心理学の専門家がリサーチを行い、その広告のマーケティングがよりインパクトのあるものになるように知識を与えます。それには以下のようなものが考慮されています。

  • 広告の性質:どの色、印刷方式、画像を使うべきか。
  • 繰り返し:印刷や出版をする回数。これは最も古い戦略の一つですが、最も効果のあるものの一つであり続けています。その原理は、消費者がメッセージを目にしたり耳にしたりすればするほど、それが記憶に残るというものです。
  • 価格:価格が安ければ必ずたくさん売れるという訳ではありません。それは重要な要素ではありますが(ブラックフライデーの記録的な売り上げはほぼ毎年のことなのが証拠です)、他にも影響のある変数があるのです。
  • 方向:広告がどこに使われるか(ラジオ、テレビ、インターネットなど)。

マーケティングの分野で働いている心理学者は、異なる年齢の消費傾向も考慮に入れます。ターゲットとなる視聴者がどの方向にいるかもまた重要です。例えば、青少年に働きかけたいなら、インターネットや携帯電話を通じて広告を打つ必要があるでしょう。さらに、年齢によってその人たちのアイデンティティ、その人生の段階において最も重要なものを支持することも有効です。

「効果的で説得力のあるメッセージは、人が心理的に機能する方法を変化させるものである。」
―ヴァンス・パッカード―

広告の戦略

色の心理学

広告の心理学の専門家は、広告の色についても考えなければなりません。それぞれの色が別々のものを象徴しているからです。

  • まず、は空虚感、純粋さ、明るさに関する気持ちを与えます。
  • は新鮮さ、透明さ、軽さを伝えます。さらに、気持ちを落ち着かせる効果もあります。
  • 黄色は共感、外向性、光、喜び、活発さや若さを伝えます。
  • は強さ、力、エネルギーを伝えます。さらに、多くの注意を引き、心を刺激します。
  • 最後に、は希望や自然を象徴しており、とても気分を落ち着かせてくれる色でもあります。

結論として、広告の細かい詳細の一つ一つが、欠かすことのできないほど重要なのです。広告の心理学は、人間の心の知識を提供することで、人々に影響を与え、人々を説得する役に立っています。あなたもそのターゲットですよ! さあ、あなたはそれに乗せられるでしょうか?

  • Andrews, M., van Leeuwen, M. L., & van Baaren, R. B. (2016). Persuasión: 33 técnicas publicitarias de influencia psicológica. Gustavo Gili.
  • Añaños, E. (2009). Psicología y comunicación publicitaria (Vol. 38). Univ. Autònoma de Barcelona.
  • Parra, C. O. (2018). La percepción en la publicidad vs. la percepción en la psicología. Colección Académica de Ciencias Sociales5(1), 50-59.
  • Scott, W. D. (2008). Psicología de la publicidad de productos alimenticios. Pensar la publicidad2(2), 145-157.