交際関係の中で自由を保つ方法

· 2018年1月15日

あなたは交際や交友関係において本当に自由を保っていますか?このような関係では、意識的に避けようとしていても簡単に支配的になることがあり、恐ろしいものなのです。多くの人が自由でいたいと感じており、コントロールされているという気持ちになるような関係は求めていません。しかし同時に、協力したり、助け合うことは大切なものです。一つのコインに2つの側面があるようにバランスを保つことは難しいのです。

私達には相手と絆を作りたいという思いが根付いています。それは論理的でもあり肉体的なものでもあります。そして、それは精神的なニーズです。しかし、そんな交際や交友関係においても精神は自由を求めるのです。

目隠しして崖から手を伸ばす二人

なぜ支配的な関係を築いてしまうのだろうか?

この問題は、不安や自分自身への信頼の欠如を中心に起こります。もし信頼や安心の気持ちを強くする為に相手の同意や承認が必要なのだとしたら、それは大きな問題です。それは、相手に強力な力を自分以上に与えている事になり、支配されるポジションへと自ら身を置いているのです。

「私は自分自身を信頼出来ず、不安を感じるので他人にコントロールしてもらいます。」

このような深い不安な気持ちは様々な要素で成り立っています。幼少期から始まる傾向もあり、家族間で起こります。それは間違った信念に基づき形成され、承認欲求と共に育っていくのです。

不安はどのように生まれるのだろうか?

私達は、真っ白で全くシワのない、書かれるのを待っている手紙のように生まれてくるわけではありません。私達は、次第に成長する人格や知性的素質、そして、傾向や趣向という特徴を持ち合わせて生まれてくるのです。

また、自尊心も兼ね備えて生まれてきます。子供の頃は、自分自身や能力、価値に疑問を持つことはしませんでした。子供は自分が何なのかをしっかり受け入れて生まれているのです。自分への疑問の種は、周りの人間や状況が生んだ結果によって植えつけられていくのです。

親は完璧ではない

子育てにおいて、ミスは長期的な結果として生まれます。しかしそれが人生です。子供は両親からの無条件の愛や愛情を必要とし、それが手に入れられないと、彼らの不安な気持ちが育ち始めます。

子供達の中には、親からの愛情や許容が欠如している子もいますが、他の誰かから受けとっている場合もあります。しかし、一部は誰からも愛や指導が受けられなかった家庭に生まれてしまう子供もいるのです。

「子供は両親からの無条件の愛や愛情を必要とし、それが手に入れられないと、彼らの不安な気持ちの種が育ち始めるのです。」

最終的に彼らは愛や指導の欠如を普通のものとして受け入れてしまうのです。そしてそれは両親に限らず、大切な人達や他人に対しても同じで、自分達が気づいて取り組むまで続いてしまいます。

また、親からの支援を受け取っていても、子供が不安になりやすい可能性はあります。思春期になると、自身の判断に対しての自信が低下し、友達からの反対や拒否を経験をします。他人の意見をコントロールすることは出きず、彼らは主観的な判断を真実だと思い込み、自信を無くしてしまうのです。

蝶々夫人

どのように自由を保てば良いのか?

健全な関係を築く前にしなければいけない事があります。変化は内部から始まります。そして、あなたの自己意識を回復させる事が大切なのです。これによって、自信を取り戻し、自分に対する疑心を取り除いてくれます。

「真実の愛は自己愛ではない。それはあなたが他人や人生に目を向けた時に受け取るものだ。それは嫌がらせをしない、孤独にしない、拒絶しない、そして追及しない。それは、ただ私を受け入れてくれる。」-アントニオ・ギャラ-

2人の人間が上手く協力できる時、その関係は近くなり、強くなり、親密になります。これが長期的な関係を築くということです:共に成長したり、お互いがお互いを豊かにする絆を強くすることなのです。

無償の愛

ロマンティックな関係は固く、誠実な愛と許容の上にあるべきです。誰かを支配するという事はその人を違う人間に変えてしまうという事です。無償で正真正銘の愛は、他人の自由を尊重するという意味を持ちます。同じように、あなたには常に別れるという選択肢があります。

尊重のコミュニケーション

もしお互いが尊厳を保ちたいなら、お互いが尊重し合ったコミュニケーションを取らなければいけません。尊敬がない関係は脆いものです。

もしあなたとパートナーが自由なら、お互いの無礼を受け入れないでしょう。恋というバランスゲームの中では、尊重の欠如を補うものは存在しません。

お互いの違いを受け入れる

違いを認めあうのは自由を保つことに必要不可欠です。もしあなたが拒否すれば、その関係は愛の上に成り立っていないということです。

機械の歯車と二人

お互いから学ぶ

お互いの違いから学ぶ事も出来ます。意見の相違は相手の貢献に対して支払わなければならない値のようなものです。自分を成長する手助けとして違いを受け取ってみてください。逆に誰もが相手に何かを教えられる存在なのです。

また、一人で我慢するより、互いに学ぶ事はあなたの自由を協力して楽しむ良い機会にもなります。

相手の自由を受け入れる

相手を失ってしまうというリスクがある以上、他人の自由な精神を受け入れるのは、勇気を必要とする行動です。あなたが手にしているものに自分が相応しくないと感じる時、あなたはそれを保てるよう気を配ります。そして、それはあなたが以前支配されていた側だったとしても、あなたを支配的にします。

「他人の自由な精神を受け入れるのは勇気が必要な行動です。」

相手を受け入れるほど、相手はあなたの味方になってくれます。もしあなたも相手も自由を保ちたいならお互いの権利を尊重してください。尊重し、相手の自由を守るだけで本当の交際関係を良いものにしてくれます。