向精神薬の副作用によって起こる体重増加について

06 12月, 2019
向精神薬の多くは、体重の減少または体重の増加を引き起こす可能性があります。このまま続きを読んで詳細をご覧ください!

向精神薬の副作用で起こる体重の増加は、患者が最も心配する副作用の一つです。そのため、特別な注意を払う必要があるデリケートな問題でもあります。

薬の副作用による体重の変動には個人差があり、治療の種類によっても異なるため、一般的な基準や注意事項を確立するのは簡単ではありません。

不安障害、うつ病、双極性障害、統合失調症、てんかんなどの治療に使用される向精神薬などの多くの薬剤は、体重増加または体重減少を引き起こす可能性があります。

ある研究によると、体重の増加が原因で、患者が治療を中断する可能性がとても高いことが示されました。この場合は、健康的な食事と運動を組み合わせることで、患者の体重増加を制御することが大切です。

専門医は、薬の副作用による体重の増加やその他の健康問題を避けるために、治療に使用する薬の用量や投与スケジュールを変更することがあります。副作用として現れる体重の増加は深刻になる可能性があるため、患者の懸念にしっかりと対処する必要があります。

また、体重の減少を引き起こす薬もあり、体重の増加と同じくらい体重の減少は深刻な問題ですが、患者は体重の減少の方が体重の増加よりも受け入れやすい傾向があることがわかっています。

続きを読む:双極性障害:ジェットコースターのような暮らし

向精神薬 副作用 体重増加

体重増加と抗うつ薬

抗うつ薬を体重増加の関連が指摘されることが多くありますが、これは間違いではありません。ほとんどの抗うつ薬の副作用として、体重の増加が起こります。ただし、うつ病の治療に使用される薬の一部は、他の薬よりも体重増加を引き起こす可能性が高いと指摘されています。

その一例をご紹介します:

  • アミトリプチリン、イミプラミン、ドキセピンなどの一部の三環系抗うつ薬(TCA)
  • フェネルジンなどの特定のMAOI(モノアミンオキシダーゼ阻害剤)
  • パロキセチンなどの一部のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
  • ミルタザピン、非定型抗うつ薬

また、抗うつ薬が必ずしも体重増加の直接的な原因になるとは限らないことにも留意してください。うつ病の治療中に起こる様々な要因の影響で、体重の増加が起こる可能性もあります。

例えば、うつ病によって患者が座りがちの生活を送っていたり、感情に任せて過食していることなども体重増加の原因になるため、これはうつ病の治療薬が原因というよりはうつ病自体が体重の増加を引き起こしています。

また逆に、うつ病が体重減少の原因となっている場合、抗うつ剤を使用すると患者の気分が改善されて、食欲が増して体重が増えることがあります。

体重増加が、いくつかの抗うつ薬の副作用であることは明らかですが、薬だけが体重増加に直接関与している原因ではないことも理解しましょう。治療で使う薬を決めるときには、医師としっかり話し合い、副作用を理解することが大切です。

ご存知ですか?:抗うつ剤―種類、効果、危険性

体重増加と抗精神病薬

体重の増加と代謝の変化は、向精神薬を服用している患者にとって最も心配な副作用の一つです。前述したように、患者は体重が増える知ると指示通りに薬を服用しなくなる可能性があります。

クロザピン、オランザピン、クエチアピン、リスペリドン、およびジプラシドンなどの抗精神病薬も、大幅な体重増加を引き起こす可能性がありますし、リチウム、カルバマゼピン、バルプロ酸などの双極性障害の治療に使用される薬も、患者の体重が増加する副作用があります。

統合失調症は代謝の変化に直接関係しているため、例えば、精神病性障害の患者は肥満である可能性が高くなります。体重増加の原因が病気そのものである場合や、それを治療するために服用している薬が原因で体重が増える場合のどちらも、ライフスタイルを改善することで、体重増加を解消するのに役立てることができます。

定期的な運動と、バランスの良い健康的な食事は最も効果的な方法です。また、どうしても体重の増加が悪化する場合には、医師に相談して他の薬と組み合わせるなどの対処方法を取りましょう。

向精神薬 副作用 体重増加

まとめ

向精神薬による治療の副作用で体重が増加することがありますが、医師をはじめとする専門家のサポートを受けながらライフスタイルを改善することで、体重の増加を軽減または回避することは可能です。体重に問題がある場合や副作用が気になる場合は、すぐに医師に相談することをおすすめします。

向精神薬は、治療を行なっている病気の再発を防ぐためにぜひ服用するべき薬です。そのため、服用している薬に疑問があるときには必ず医師に相談し、自己判断で治療を中止するのではなく、医師の指導による治療の修正を行うのが良い選択となります。

  • de Morentin Aldabe, B. E. M., de Eguílaz, M. H. R., Díez, S. P., & Hernández, J. A. M. (2013). Influencia de la administración de psicofármacos en el aumento del peso corporal. Revista española de nutrición humana y dietética17(1), 17-26.
  • Ríos, P. B., & Rodríguez, R. C. (2008). Influencia de los psicofármacos en el peso corporal. Trastornos de la Conducta Alimentaria8, 813-832.
  • Mukundan, A., Faulkner, G., Cohn, T., Remington, G. (2010). Antipsychotic switching for people with schizophrenia who have neuroleptic‐induced weight or metabolic problems. Cochrane Database of Systematic Reviews. Issue 12. Art. No.: CD006629.