クリスマスの伝統の心理的利点

· 2019年4月9日
クリスマスは、五感への贈り物です。クリスマスの心理的利点を見つけましょう!

多くの人は、一年中、クリスマスの伝統を心待ちにしています。好きな料理を食べられなかったり、実家でプレゼントを開けることができないと、それはいつものクリスマスとは違ってしまうでしょう。家族の伝統が守られないと、クリスマスの意味は失われていきます。

クリスマスは、五感への贈り物です。ライト、デコレーションされた大通り、カラフルなラッピングペーパーなどがあります。また、料理の味、ホットココアの香り、その他伝統的な飲み物は、老いも若きもを明るくします。

それに加え、クリスマスは家族の時間です。この貴重な日を使って、日常から抜け出し、大切な人と時間を過ごすことができます。

 

不安から逃れる

多くの人にとって、日々のタスクはストレスが多いものです。日常のスピードに疲れやすく、時を重ね、疲労が重なり、慢性化します。それだけでなく、人生には、不確かなものがたくさんあります。そして、不確かなものは、ネガティブな思考のエサになります。

そのために、多くの人がクリスマスのような季節のイベントを必要とするのです。毎年、子どもの頃にかえり、失くしたものを思い出し、遠くに住む人と共に過ごす特別な日を必要とします。プレゼントを開け、大切な人に腕を広げる時です。

新年のお祝い

休日のお祝いの伝統(感謝するべきことを表現する、乾杯するなど)は、儀式が元になっています。実験室実験や実地調査により、このような行事の繰り返される決まった行動が、不安に対する緩衝材のような働きをし、世の中は予測可能な場所だと思うことができると分かっています。

年間を通して、このような儀式を私達は行っています。しかし、特にクリスマスは深い意味合いをもつようです。特別な場所(実家)で、特別な人達(家族や親しい友人)と過ごし、お祝いします。

そのため、一年の中でクリスマスや新年に、より多くの人が移動するのです。普段は会わない人と過ごすことで、悩み事を忘れることができます。集まることにより、古い家族の伝統とつながることができます。

 

伝統的な食事

お祝いの料理なしに、クリスマスの伝統は完成しません。おいしい食事を用意するために長時間キッチンに立つ努力も、ゆっくり家族と座り、食事をし、会話や笑いを楽しむことで報われます。特別な食事が必要な特別な場所です。

食事を共にすることは、集団の象徴でもあります。家族全員が食卓を囲み、会話や繋がりを作る場所です。食事の前に何らかの儀式を行うことで、食事の体験を高め、味もよりおいしく感じるという実験結果もたくさんあります。

また、別の研究では、子どもが食事の用意を手伝うと、食べることをより楽しむということも分かっています。それだけでなく、食事を用意する時間が長ければ長いほど、後でそれに感謝するようになります。特別な食事のための努力は、食事の経験を高めると言えるでしょう。

 

伝統的な贈り物

クリスマスの伝統の一つに、プレゼント交換があります。合理的に考えると、プレゼント交換はあまり意味を成しません。人とプレゼントを交換することは、基本的にお金を回しているのと一緒です。ただ金銭面で考えると、これはゼロサムゲームです。

このように考えると、自分にプレゼントを買った方が良いのではないかと思います。しかし、プレゼント交換は、誰がいくら使うかが問題ではありません。贈り物は、例え短い間だとしても、誰かのことを考えることにより、社会的繋がりを維持するのに役立ちます

単にお金を回しているにすぎないかもしれませんが、プレゼントを与え、受け取ることによる充実感は、プレゼント交換の楽しみです。それだけでなく、一般的に、人は使おうと計画しているお金をクリスマスですべて使います。多くの人が、自分や人を喜ばせるのに、クリスマスまで待つことを好みます。

プレゼント交換

 

家族とクリスマスの伝統

絶対的に、もっとも重要なクリスマスの役割は、家族のつながりを強め、保つことです。実際、遠くに住む家族や親戚にとって、この祝日の儀式は、家族をまとめる接着剤のようです

特に、子どもがクリスマスの伝統に関わると、家族の絆は深まる傾向があります。それだけでなく、家族の伝統の懐かしい思い出は、自分の子どもとのポジティブな相互関係を意味します。

さいごに、儀式や伝統は、アイデンティティや集団所属の表れです。だからこそクリスマスになると、人は自分が何かに属していると感じ、思いやりをもつのです。