空間的知能とその改善法

· 2019年1月23日

空間的知能は能力です。正しく視覚世界を認識して、自分の初めの認識に変化や修正を加え、自分の視覚体験を再構築する能力だと言えます。

現実または想像上の空間問題に関係しているため、空間的知能と呼ばれています。このタイプの知能は、色、線、形、数字、間隔、それらの間の関係といった要素を「管理」する能力に関連しています。空間知能を持つ人は、イメージや写真で物事を考え、それを視覚化して、設計し、描きます。

心理学者、研究者、ハーバード大学教授であるハワード・ガードナーは、空間的知能を3つの次元で考えることができる能力だと定義しています。これによって、外的・内的なイメージを認識し、再構築し、修正し、映像的な記憶を形成します。

「問題を解決するのに1時間あるとしたら、55分を問題について考えるのに使って、残りの5分を解決策を考えるのに使う。」
-アルベルト・アインシュタイン-

空間的知能の重要性と有用性

空間において自分の位置づけを知ることは非常に重要です。まず私たちがするのは、他の場所との関系で自分がどこにいるか空間的な位置を特定することです(例えば、一つの場所から別の場所へ行くとき)。別の言葉で言えば、移動するために自分の位置から目標までの想像上のベクトルをひきます。

空間的知能は、運転(特に、初めて行く良く知らない場所)、車の停車、模型の組み立て、均衡を保つ、別の視点から物事を見る他人に説明をする、道具を使うなどの技術にも役立ちます。

地図

空間的知能は、他の活動にも深く関わっています。材料から物を作ったり、計画を立てたりというようなことです。こういった意味で、建築家と彫刻士は、このタイプの技能が高い傾向にあります。しかし、これは継続的な専門的訓練の賜物である可能性もあります。

人間の知能は、知能指数だけでは測りきれません。知能の問題は、はっきりした定義がないということです。さらに、知能を測るための正確かつ有効で予測できる手段を持ち合わせていません。ユーモア、皮肉に対して、さらには社会や自然が引き起こす挑戦に創造的に反応するための、多様で常に変化する人間の能力を数字で表わすことなど、できようがないのです。

「本当の知能は静かに機能する。静は創造性と問題への解決策が見つかる場所だ。」
-エックハルト・トール-

空間的知能をどう高めればよいか

知能一般を訓練で高めることができるのと同様、人間は空間的知能を訓練することができます。こういった意味で、空間的な知能を測るのために利用される能力を鍛えれば、その空間的知能の改善にも効果的です。

このようなエクササイズは、回転させる、同じような場所に置かれた2つの物体の比較、様々な刺激に対する空間的な注意といった課題を含みます。これらのタイプの知能を育てる能力は誰もが持っており、基礎は自分の手で作り出すことができます。

ルービックキューブ

空間知能が様々な意味で遺伝的であるという事実はありますが、それを高める能力を見過ごして良いということではありません。

自分の空間的能力を刺激する課題に組み込むことは可能です。例えば、定期的に車を運転することは、空間的知能を育てるのに重要です。運転している間、周りの環境のかなりの要因に注意していなくてはいけません。動き、距離の比率、物体同士の大きさなどです(事故を起こしたくなければ重要です)。

絵を描いたり、物や人の分配を計画するなどの空間的知能を必要とするアクティビティーを行ったり、空間的な能力が必要なゲームをしたりすることも役立ちます。こういった意味で、ルービックキューブやテトリスが有効です。

Burgos, B. M. V., & Guatame, A. X. L. (2011). ¿Cómo la estrategia de mapas mentales y conceptuales estimulan el desarrollo de la inteligencia espacial en estudiantes universitarios?. Tabula Rasa, (15), 221-254. Dziekonski, M. (2012). La inteligencia espacial: Una mirada a Howard Gardner. Revista ArteOficio, 2(2). Gardner, H. (1998). Inteligencias múltiples. Barcelona: Paidós. Ramos, J. C., & Adánez, G. P. (1985). Inteligencia espacial y aptitud de vuelo: estudio desde las perspectivas psicométrica y del procesamiento de la información. Universidad, Facultad de Filosofía y Ciencias de la Educación. Suárez, J., Maiz, F., & Meza, M. (2010). Inteligencias múltiples: Una innovación pedagógica para potenciar el proceso enseñanza aprendizaje. Investigación y Postgrado, 25(1). Van Schaik Leon (2008). Spatial Intelligence: New Futures For Architecture. John Wiley & Son Inc Great Britain.