脅迫と強制:健全な関係を破壊するもの

2018年7月11日 in 感情 0 シェア済み
脅迫によって飾られた頭を持つ情勢
残念なことに、人間関係は巧妙な操作でいっぱいです。通常、それは無意識です。私たちは無意識のうちに操作されることを学び、無意識のうちに人々を操作することを学びます。深刻に関係を傷つける二つの操作メカニズムは、脅迫と強制です。

「操作」は、心理学的に言えば、ある人が別の人に何かを言わせたり、行動させるメカニズムです。これは、欺瞞、計画、罠によって実現されます。人は、何かを得るために使われる道具に変わります。
操作は意図的な時もあります。偽の公約をし、人々の票を集めようとする政治家を思い浮かべてください。 しかし、特に私生活では、操作は通常、半意識か無意識です。

私は、操作、支配、脅迫、虚偽、威嚇、暴力を通して教育を受けてきた人たちを知っています。矛盾しているのは、これらの教育者は自分自身が犠牲者だと信じているということです。

自分でそれとは気づかずに、どうやって脅迫や強制を実行しているのでしょう?例えば、あなたが被害者になる時です。誰かを、彼らの自由意志ではなく、罪の意識から行動させるには効果的です。また、相手が自分に依存するように、相手の自尊心を下げていくときです。または、あなたが誰かの弱点を利用するときです。

心理的な脅迫:感情的な責任

心理的・感情的な脅迫は、操作の一形態であり、したがって、暴力行為です。それは他人の行動―そして感情をコントロールするために使われます。すべての脅迫と同様に、ある人がやることに対して「否定的な結果」があることを挙げて、躊躇させることを含みます。 「やったらいい。でも対価は高いからね」、または 「やめて。さもないと嫌な目を見ることになるよ」といった発言です。
腕が枝の悲しい少女
心理的な脅迫は、人々が独立して自由に行動することを妨げます。それが脅迫者が望んでいることです。彼らは、被害者が何かをしなければ、もしくは何かをすれば、何が起こるかを非常に明確にします。
最も感情的な脅迫を成り立たせる2つの柱があります。 一つは罪悪感であり、もう一つは不安です。脅迫された人は、相手が望まない行動をすると「悪い」と感じたり、それが重大な害を引き起こすと感じます。それが、脅迫者が犠牲者をコントロールする方法です。 「パーティーに行ったらいい…いつか私が側にいなくなって、もっと私と一緒に時間を過ごさなかったことを後悔するよ。」
精神的に不安定だと、簡単に操作の状態に陥ります。脅迫者は、相手が抱えている問題点、弱点、またはリスクを指摘するだけでよいのです。そうすると、相手をさらに弱めていきます。 「あなたが何をしているのか分からなくなったら、私に言って。解決するのを手伝ってあげるから。」

強制―明白さと微妙さの狭間

強制とは、自分が望んでいることを相手にさせるだけではなく、相手が本当はやりたくないことをさせることです。強制は、微妙なニュアンスがありますが、脅迫よりも暴力的な行動が伴います。いずれにせよ、強制は権力と濫用の関係を示唆するものです。
強制には、直接的もしくは暗示的な脅威が存在します。彼らは人の恐怖や脆弱性を利用します。 権力者は、しばしばこの強制力を使って影響力のある人たちを管理します。
この場合、犠牲者は操られていると分かっていながら、何もできないと感じています。それはもしかしたら、相手の方が協力で、暴力で脅迫するからかもしれなません。あるいは、地位がより高く、他の種類の害を引き起こす可能性があるためです。
狼のマスクをした女性
多くの場合、強迫、強制のテクニックを行使するのは身近な人ですが、だからと言って必ずしも相であるとも限りません。自分が愛する人より、自分が恐れる人が使う策略です。犠牲者は、彼らが抵抗できることを認識できません。代わりに、自分自身を無力な立場に置いてしまいます。
脅迫と強制の両方は、本当に関係を破壊する力を持っています。それらは感情を歪め、人を悪用します。 しかし、加害者がしばらくの間上手くやってのけたとしても、後で必ずその付けが回って来るものです。
あなたへおすすめ