拒絶は心の深い傷である

· 2017年11月4日

直接見ることはできないけれど、私たちの魂の中に深く根付いて、残りの人生を一緒に生活することになるような傷があります。これらは心の傷、幼児期に直面した問題の傷跡です。これらの傷は、時には大人としての生活の質を決定します。

最も深い心の傷の1つは拒絶です。内部から苦しみ、その傷が作り上げたフィルターを通して自分の周りに起こるすべてを解釈するからです。そして、拒絶されていない時ですらそう感じてしまうからです。

この傷が何であるかをもっと詳しく見てみましょう。

拒絶の根源

拒絶とは、抵抗すること、蔑視すること、または拒否すること、つまり誰かが何かを「好きではない」と解釈することです。この拒絶反応の傷は、子供を拒否する親によって引き起こされます。あるいは時に、そのように感じるべき理由がなくても、子供が親に拒絶されたと感じることで引き起こされる可能性があります

囲いの向こうから覗く少女

 

リズ・ブルボーが行った調査によれば、拒絶反応の初期の経験から、傷ついた心を保護するため、自分自身を過小評価することにつながるマスクを被るようになります。そしてそれは物事を回避する傾向を強めます。そうすると、人が拒絶されたと感じるときの最初の反応は逃げることであり、子供たちが想像上の世界を創造することも珍しいことではないのが理解できます。

過剰保護の場合も、その特性が愛として隠され、子供がありのままに受け入れられていないので、拒否されていると感じるでしょう。

拒絶反応によって負傷した人々の特徴

私たちの人格の一部は、子供の時に苦しんできた感情の傷から形成されます。 そのため、拒絶の傷に苦しむ人は、過小評価する傾向があります。そして彼らはあらゆるものを犠牲にしてでも完璧なものを達成しようとします。

リズ・ブルボーによると、子供と同性の親がこのような傷を引き起こす可能性が最も高いそうです。 子供は同棲の親から最も愛と受容を望んでおり、親からの言葉に非常に敏感です。

「何もない」「存在しない」「消える」という言葉は、日々の語彙の一部を形成します。そしてそこから深く根づいた、拒絶の信念と感情を確認することができます。このように、人からの注目を集めるにつれ、より多くの軽蔑を受ける機会を被ったため、彼らが孤独を好むのは自然であるといえます。もっと多くの人と経験を共有する必要がある場合、彼らは、彼らが作った殻の下で、かろうじて話しているだけなのです。そしてもし話したとしてもそれは彼ら自信を安心させるためだけなのです。

冬に一人で座るフードを被った人

さらに、彼らはいつも心理的に不安定な中で生活しています。何かにおいて自分が選ばれたときには、それを信じることができず、状況を妨害することさえあるのです。選ばれなかった場合、彼らは他の人によって拒否されたと感じるでしょう。時には、彼ら個人が拒絶の傷を癒すことができない場合、自分が生き抜いてきた過酷な苦しみが生んだ悪意や憎しみをもつことがあります。

拒絶の傷跡が深ければ深いほど、拒絶される可能性が高く、他者を拒絶する可能性が高いのです。

拒絶の傷を治癒する

心の傷の起源は、私たちがやったことや私たちがされたことを許すことができないことから来ます。

拒絶の傷跡が深ければ深いほど、他人や恥ずかしさに隠れた自分自身を拒否する傾向にあります。また、逃げる傾向もありますが、これはこれらの傷に起因する苦しみから身を守るためのマスクに過ぎません。

拒絶の傷を癒す最善の方法は、自尊心を高め、自分自身を評価し、他者の承認の必要なしに自信を持っていることです。 それを行うには:

  • 自分の一部として傷を受け入れ、閉じ込められた感情を解放してください。私たちが苦しみの存在自体を否定してしまっては、それを治癒することはできません。
  • 一度受け入れられたら、次のステップは許すことです、これは過去から私たちを解放するのに役立ちます。自分自身を念頭に置き、自分自身を大切に扱ってください。そして、私たちを傷つけている人たちも深刻な傷や傷ついた経験をしている可能性が非常に高いと認識してください。
  • 愛をもって自分自身を扱い、自分を優先させてください。 自分自身に注意を払うことです。そして愛と私たちが値する価値には、自己成長を続けることが不可欠です。

過去に経験した苦しみを消すことはできません。しかし私たちはいつも傷を緩和し、癒しを助けることはでき、そうすればいつか痛みがなくなるかもしれません。そうでなくても、その可能性があると分かることで、少なくとも安心することができます。なぜなら、ネルソン・マンデラが言ったように、何らかの形で我々は我が運命の支配者あるからです。