レフ・トルストイの名言トップ7

16 1月, 2019

レフ・トルストイの言葉はいつ読んでも良いものです。彼の名言は、過去の生活スタイルを想像させます。この最も重要なロシアの小説家の一人について学びましょう。

レフ・トルストイは面白い性格ですアナキストで、彼の自信の考えや現実主義があだとなって、苦しい目にあうこともよくありました。世界の各地で尊敬され、トルストイは小説の中で強い伝統的な規範を描いていきました。

 

レフ・トルストイの名言

私達を鼓舞してくれそうなレフ・トルストイの名言を見てみましょう。レフ・トルストイは、19世紀のロシアの作家で、「アンナ・カレーニナ」や「戦争と平和」など歴史に残る小説を書きました。ベジタリアンで、戦いに勝つための暴力以外の選択肢を支援していました。

彼の偉大な小説を読む価値はあります。しかし、その旅を始める前に、彼の名言をいくつか読んでおきましょう。彼の名言は、ロシアの純粋な現実主義で満たされています。それは過去に人類に仕えたものであり、現在、将来も続くでしょう。

レフ・トルストイの名言

幸せになることを学ぶ

「幸せは、周囲の物事の中ではなく、私たちのその見方の中にある。」

レフ・トルストイは、この名言で何も新しいことを言ってはいません。周りで起こる物事の影響には程度があります。思考や感情における影響はより大きいものです。

状況を変えられないことはよくあります。ただ、見方を変えることは可能です。隠れた機会を別の場所で探すことはできます。私たちが空っぽだと思っていた場所であってもです。

 

信仰の重要性

「信仰は、人間の生きる意味に関する知識で、だから人は死なずに生きる。信仰は人生の力だ。人が生きる時、人は何かを信じなければいけない。信仰がなければ、生きることは不可能だ。」

レフ・トルストイのような強い確信をもつ人は、人生における信仰に特別な場所を与えます。この信仰は、宗教のみに限定されるわけではありません。それは、信仰が負担またはモチベーションとして重要な役割を果たす、様々な状況のことなのです

トルストイはアナキズム、菜食主義、平和を強く信じていました。その信念は固く、彼はこれらを信仰していました。これらに強さを見出したのです。

 

誤解されたと感じる

「自分を理解できる人はいないという考えに慣れなければならない。これは仲良くするのが難しい人すべてに共通する宿命に違いない。」

自分の考えをもち、強くそれを信じることは簡単ではありません。多くの人が誤解されたと感じ、むしろ自分の信条を置いて社会に溶け込むことを選びます。その方が良いのでしょうか、それとも、自分の信条に従い、孤独を生きたほうが良いのでしょうか?この質問に関し、自身で考えてみてはいかがでしょう。

白黒とカラー

 

物事の正しい順序

「僧侶、兵隊、教授を紹介する前に、彼らが飢えに死にそうなのかを知る必要がある。」

食べるものがない時に、観念や信念、宗教、土地が何になるでしょう?哲学や文学などについて話す前に、飢餓を止めることが一番ではないでしょうか?レフ・トルストイはそう考えました。

 

優先の問題

「学校は解決策ではない。解決策は、人々がよりよい生活を送ることが出来て、休暇も取れる経済組織である。そうすれば学校も自然に確立する。」

この言葉は、最後の名言と完璧にマッチします。財力の分割における平等や公平はトルストイにとって非常に重要なものでした。文化と教養を身につけるためには、基本的なニーズが満たされ、より大きな目標を達成することに集中できるようにする必要があると彼は信じていました。

 

結婚

「結婚は二人を嵐の海に連れていくボートである。二人の内、一人が突然動くと、ボートは沈む。」

トルストイにとって、完璧な結婚とは、二人が同じ方向へ進むことです。一人が、違う方向へ進もうとすると、愛をもって作り上げたものを壊すことになりかねません。

 

偉大さ

「単純さ、良さ、真実のないところに、偉大さはない。」

これは、レオ・トルストイの最も美しい名言です。偉大さは力やお金ではなく、謙虚さ、寛大さ、誠実さなのです。