ルイーズ・L・ヘイと彼女の7つの言葉

· 2018年5月22日

ルイーズ・L・ヘイの言葉は、感謝、愛、癒しを語ります。反省し、学び、個人レベルで成長したい人にはまさにギフトです。読み覚えておく価値のある知恵がいっぱい詰まった遺産です。

ルイーズ・L・ヘイはアメリカ人の作家でありスピーカーです。自己成長の母であり、自己啓発本の先駆者と考えられています。よく知られた2つのベストセラーは、ライフヒーリング (1984)とThe Power is in You (1991)です。

 

どちらの本も、前に進み、成長し、強くなるためには、自分自身を発見し理解しなければならないということを明確にしています。また、思考の力を誤って使った場合の危険に関しても警告を発しています。

彼女の個人的な信念は、トラウマだらけの子供時代と虐待を受けた青春時代によって形どられていきました。感情的な傷、低い自尊心の根でいっぱいの道を進み、瞑想やポジティブな肯定、様々なスピリチュアルなアクティビティーで乗り越えることを学びました。

このお陰で、ルイーズ・L・ヘイは自分を愛することを学びました。トラウマ的な経験への自分の怒りを手放しました。苦しみを与えた人を許すことを学びました。

彼女の言葉は正直な鏡です。人生の中のワクワクするような旅路を映し出すものです。うまくいっていないときの素晴らしい教訓として覚えておくべきです。

ルイーズ・L・ヘイ

ルイーズ・L・ヘイ: 今の重要性

「パワーは常に今にある。」

今はチャンスです。行動するのに最も価値があるユニークな時です。自分とつながり、人生で何がしたいか考えられるときです。楽しめるときです。

したいことにフォーカスして急いで生きることや過去の奴隷になることは、今感じていることから自分を遠ざけます。ルイーズ・L・ヘイはこれに関してはっきりした立場をとっていました。楽しみ変化を生み出す力は、現在にある。それ以外は、間違っているか幻想です。

解放としての許し

「許しは自分へのギフトです。それはあなたを開放してくれるからです。自分自身で自分を閉じ込めた牢獄から解放してくれます。」

これは日々の中で心にとめておくべきルイーズ・L・ヘイの言葉です。許しは、苦しみのチェーンからわたしたちを解放します。自分の決断です。義務ではありません。

許しは、憎しみと怒りの敵です。かなり痛むものから生まれた怒りを癒す機会です。花

親のふるまいを理解する

「もっと自分の親を理解したいなら、親の子供時代の話を聞いてみてください。思いやりを持って耳を傾けたら、彼らの恐怖や頑固な部分がどこから来たかわかります。」

この言葉でルイーズ・L・ヘイが家族との関係を見直すよう語り掛けています。これはどんなタイプの関係にも言えることでもあります。親のことを理解できなかったら、これを頭に置いておくといいかもしれません。

わたしたちそれぞれが、ストーリーと経験の集まりです。状況と知識が時間をかけて積み重なります。

子供時代は、外的な影響に最も敏感なステージです。わたしたちは、自分の周りのものを吸収するスポンジのように生まれてきます。

だから、多くの人生への姿勢や見方は、子供時代にその起源があります。すべては影響です。

わたしたちの多くはできる限りのことをしようとしていますが、それは自分が知っている方法でしかないということを覚えておいてください。正しい方法ではないかもしれませんが、自分のバッグに詰まっているものに基づく今わかる限り一番いい方法なのです。 わたしたちはみなこのように機能します。友達も、親もです。

このことを良く表したほかの言葉もあります:

「母親が自分の愛し方を知らなかったら、父親が自分の愛し方を知らなかったら、あなたに自分の愛し方を教えてあげることはできません。親は自分たちが子どもの時教えてもらった方法で一番のことをしているだけです。」

さらに、他人の感情的な傷の影響も考えるようわたしたちを誘います。親が放棄、拒否、自己愛の欠落に影響を受けやすかったり、感情のコントロール方法を知らなかったりすると、わたしたちにも影響を及ぼします。

子供時代には特に言えることです。その人の傷はその人を形作ります。ふるまいや感じ方に影響します。

もしかしたら、小さい時はよく理解できなかったかもしれません。しかし、後になって認識能力が発達して、その傷がどれだけ深くてどれだけ自分に影響を及ぼしてきたのかに気づきます。

彼らの多くの決断は意識的なものではなかったかもしれません。多くのケースでは、自分のできるベストを尽くしています。後になってやっと気づくような寛大さで、自分の前にあなたのことを考えていたかもしれません。

家族

愛は人生のエンジン

「愛は奇跡の治療薬です。自分を愛することで人生にミラクルが起こります。」

ルイーズ・L・ヘイにとって、自己愛の発見には明確なビフォー&アフターがありました。愛する前は、自分のことをひどく嫌っていました。自分をひどく扱い、すべて自分のせいだと責めました。自分の敵は自分自身でした。

愛に目を向けると、すべてが異なる色を帯びてきました。自分を尊敬し、気遣うようになり、価値を理解するようになりました。そこからすべてが変わりました。

「自分というひと、そのままの自分、自分のすることを愛して下さい。」

ルイーズ・L・ヘイは次のように言っています。愛は人生のエンジンです。奇跡のような治療薬です。愛が人生にやってきたとき、道にあるすべて物を変えます。

お互いを愛した時、壊れたパーツを変え、再構築し、癒す力を得ます。愛を自分からシャットアウトしたら、苦しみ、ネグレクト、停滞にはまってしまうことは簡単です。

思考を想像する

「人生は孤独で誰も愛してくれないと信じたいなら、それしか自分の世界には見つかりません。」

これも決して忘れるべきではないルイーズ・L・ヘイの言葉です。わたしたちが信じるものは、わたしたちが想像するものです。自分が選んだ見方は、日々の生活を決定づけますあなたの思考は現実の中で大きな影響力を持ちます。

別の言葉で言えば、思考の質が力を与えたり奪ったりします。だから、自分の思考をきちんと処理することが大事です。わたしたちの人生を変え、考え方を左右する力を持っています。

ご覧いただいたように、ルイーズ・L・ヘイはプライスレスな遺産を残しました。その文字通りの言葉だけでなく、それらがインスパイアするすべてが遺産です。

これらの言葉を通して、別の見方で世界を見るように誘います。愛と許しによる見方です。省みて成長したいなら目を向けるべき言葉です。