マンダラが持つ5つのメリット

· 2018年9月19日

マンダラ(曼荼羅)という言葉は、サンスクリット語の「聖なる円」から由来しています。マンダラは多くの文化の一部でもある円形のシンボルです。仏教、ヒンズー教、キリスト教、そして複数の先住民族はすべて、本来の自分を探すための芸術的表現法としてマンダラを使用してきました。

なかにはマンダラが生命のエネルギーと繋がっていると信じている文化もあります。例えば東洋の文化では、マンダラの色の一つ一つは特定のチャクラと関連していると信じられています。チャクラとは、私たちの体や環境とを繋ぐエネルギーのことで、体や心の健康に大きく関係しています。マンダラにはチャクラが在り、そのため体や心の健康に非常に大切なのです。つまり、マンダラは様々なメリットをもたらすことのできる神秘的なテクニックなのです。

マンダラは、自己の象徴的表現である。

カール・ユング

マンダラは安らぎとくつろぎをもたらす

マンダラのデザインや色を考えることは集中力を高めるため、ストレスを感じているときにマンダラは平穏を取り戻し、心を目覚めさせることのできる素晴らしいものです。マンダラには次のような恩恵が期待できます。

  • バランスを取りやすくなる
  • 安らぎと平穏をもたらす
  • 見つめているだけで落ち着いた気分になる
  • 集中力を高める
  • 現状況や一つ一つの行動に注意を向けやすくなる
  • 思考を緩め、創造性が活性化する
  • デザインやレイアウトから心のバランスが整う

 

マンダラの塗り絵

 

マンダラは心が心配事から解放されやすくなるように作られています。それは、今、この瞬間に集中しやすくなるからです。安らぎとくつろぎをもたらすのは、このためです。

深いつながり

マンダラは、自分自身の最も深い部分とのつながりを助けてくれます。そして、それは自己認識への道へと導いてくれるのです。この世の中での自分の居場所、そして人々との関係をじっくりと見つめる際に非常に役に立つツールです。

マンダラの芸術的な形は、自分の中に流れる一番強いエネルギー、そして宇宙と一体化する手助けになります。マンダラに使われている形や色の一つ一つから湧き出るエネルギーがそうさせてくれるのです。

マンダラは集中を高めるための瞑想でもあります。マンダラの形や色にはエネルギーが流れていることから、調和が生み出されます。そして、このエネルギーはネガティブなことをポジティブに変え、あなたの人生にバランスをもたらすのです。

また、忘れてはいけないのは、マンダラは中心から外へと向かって進むことです。これは、自分とのつながりを探し出し、自分を解放し、立て直し、自分との関係を築くのに役立つものです。このすべては、あなたが選んだマンダラの色や形のおかげなのです。

マンダラの水彩画

創造性とマンダラ

マンダラは芸術的で自由な表現方法です。つまり、思うままに描けるということです。自分では形が思いつかない場合は、本や雑誌を購入して色を塗ることに集中すればいいだけです。やり方は様々です。

マンダラの興味深い点は、創造力との関係性です。マンダラを描くときに使う色や形は完全に自由です。言い換えると、マンダラがあることで創造力が輝き、新しいアイディアが生まれるのです。それだけでなく、描かれたすべての形と色はあなたの無意識な面を表しています。色や形の意味を見ていきましょう。

  • 赤:情熱、官能性、強さ、力、積極性。第1チャクラ。
  • オレンジ:喜び、栄光、虚栄心、進歩、エネルギー。第2チャクラ。
  • 黄色:幸福、意欲、新しさ。第3チャクラ。
  • :希望、安心、自然。第4チャクラ。
  • :平静、真剣、敬意、コミュニケーション。第5チャクラ。
  • :瞑想、創造性、振動。第6チャクラ。
  • :平和、調和、善良、繊細さ、内気。第7チャクラ。
  • :深さ、謎、権威、尊厳、安全、悲しみ、哀悼。
  • :力強さ、宇宙とのつながり。
  • バツ:意識と無意識、天と地の融合。
  • 三角:変化と活力。
  • 四角:安定性とバランス。
  • うずまき:自分の中心を探している。

何が起きても流れに身を任せ、心を解き放つのだ。今やっていることを受け入れることで冷静さを保つ。それが基本である。

荘子

インテリアとしてのマンダラ

マンダラを家やオフィスのインテリアとして使うのもいいでしょう。飾り方のアイディアをいくつかご紹介します。

  • 石にマンダラを描き飾る
  • マンダラを縫い毛布として使う
  • マンダラのタペストリーを壁にかける
  • マンダラを可愛いフレームに入れる
マンダラのプレゼント

マンダラの癒し効果

心理学ではマンダラは健康回復に効果的なものとしてみなされてきました。スイスの心理学者カール・ユングは、マンダラは私たちの心の象徴のようなものだと言いました。マンダラは集中力や変化に役立ち、無意識なものを吸収する手助けになると考えました。また、自分の考えや気持ちがマンダラに反映されるとも言いました。

マンダラのメリットについては、心理学の複数の学派でも取り上げられています。トランスパーソナル心理学では、深いつながりを築く方法としてマンダラを認識しています。認知心理学と行動心理学では、マンダラを記憶、注意、知覚、視覚運動協調を向上させるツールと考えています。

そして、他にもマンダラが使われる状況があります。例えば、作業療法では認知刺激が日常動作を助けると考えられているため、マンダラが使用されています。その他にも、教育の場でも生徒の集中力、注意力、自制心を養うためにマンダラが使われています。

ご覧いただいた通り、マンダラには多くのメリットがあります。マンダラは心を解放し、リラックスしやすくしてくれるアートなのです。そして、創造性も多く秘めています。あなたもマンダラを描いてみてはいかがでしょうか。