マリ・キュリー:女性先駆者の人生

2019年8月18日
マリ・キュリーは世界中で有名なため、紹介は必要ないでしょう。まだ、女性が教育に精通していない時代、マリ・キュリーは、すべての障害を乗り越え、科学の分野のパイオニアになりました。

マリ・キュリーは、あらゆる分野のパイオニアで、女性初のノーベル賞を受賞し、女性初のパリ大学の教授になった人物です。また、パリのパンテオンに埋葬された初めての女性でもあります。さらに、複数の科学部門でノーベル賞を受賞した女性は彼女だけです。

現在、マリ・キュリーは、世界でもっとも知られた科学者の一人でしょう。彼女の放射能に関する研究が道を開き、後に数えきれないほどの発見が生まれます。ここでは、20世紀もっとも重要な科学者の一人であるこの女性について学びましょう。

 

マリ・キュリーの誕生

マリ・キュリーは、マリア・スクウォドフスカとしてポーランドで誕生しました。5人兄弟の末っ子です。両親は共に教師でした。マリアは父親が歩んだように、数学と物理学に興味をもちます。

当時、男子学生のみであったワルシャワ大学に入るという困難に直面し、さらに、彼女はアルバイトをかけもちしていました。大部分が、妹の教育を経済的に支えるためで、マリアは家庭教師として働きました。そのかたわらで時間をみつけ、勉強しました。そして、化学実験室で科学の訓練を始めます。

1891年、マリアはフランスへ移り、ソルボンヌ大学に入学しました。ここで、マリアはマリとして生きるようになります。経済的に困窮していたため、午後はお金をもらうため、プライベートレッスンをしていました。

1894年、マリはピエール・キュリーを訪ね、パリ大学理学部に行きます。そして、1895年ピエールとマリは結婚しました

マリ・キュリー 女性先駆者 人生

 

マリ・キュリーの初期の成功

マリ・キュリーは、物理学者、科学者の中でもっとも知られた女性でしょう。1897年半ば、キュリーはすでに2つの学士号をもっており、焼き戻し鋼の磁化に関する記事を出版しました。長女イレーヌが生まれる頃、キュリーは科学の分野そして学会で有名になっていました。ここから、マリ・キュリーは、アンリ・ベクレルが示した神秘的なウラン放射に焦点を当てるようになります。

1904年、次女イヴァが誕生します。努力と勤勉さにより、キュリーは、2つの元素ポロニウムとラジウムの発見、分離に成功しました。放射性同位体を分離する技術を発展させたのです。これらの技術を使って裕福になることもできましたが、彼女は人間の善さとしてこの知恵を共有することを選びました。

そして、当時の科学者が信じていた物質とエネルギーに関するアイデアの正体を明らかにします。放射能の概念を理論化し、命名したのもキュリーです

1892~1902年、キュリー夫妻は32本の科学記事を発表しました。放射能に関する詳細な結果を報告しています。その中の一つで、腫瘍を形成する細胞(がん細胞)は、放射能にさらされると、健康な細胞より早く破壊されると報告しています。

研究室を越えて

科学的分野の研究に加え、マリ・キュリーは、軍事キャンプで最初の放射線センターを造りました。手術を必要とする患者のレントゲンの発展には、キュリーの研究が必要でした。

第一次世界大戦下、マリ・キュリーは、レントゲン搭載の車を支援します。実際、この車両と共に彼女も前線に出ました。また、国際赤十字委員会は彼女を放射線局長に任命します。この役職で、マリは、新しいテクニックのトレーニングを担当しました。

マリ・キュリー 人生

 

不平等な条件下での科学における功績

彼女は成功しているにもかかわらず、フランスの男性科学者から強い反対を受け続けました。仕事で大きな経済的利益を受けることもありませんでした。当時、不平等が当然であり、優秀な科学者であっても、物事は変わりませんでした。

1906年4月19日、ピエール・キュリーは、馬車にひかれ、突然亡くなりました。2週間後、未亡人のマリがパリ大学の教授として夫の地位を引き継ぎます。

夫の死亡事故により、キュリーは、2人の幼い子どもと放射能の研究という膨大なタスクを背負うことになります。1908年、夫の全作業を編集し、1910年には放射能に関する大規模な論文を発表しました。

そのすぐ後、キュリーは2つ目のノーベル賞を受賞します。それでも、科学アカデミー会員になることは認められず、拒否されました。

死とレガシー

1920年代後半、体調を崩しはじめます。定期的に放射能にさらされたことによる結核が原因で、1934年7月4日マリ・キュリーは亡くなりました。

当初、ピエール・キュリーの隣に埋葬されました。60年後、彼女の遺体はパリのパンテオンに移送されています。また、長女イリーナは、マリが歩んだように科学の世界に献身し、ノーベル化学賞を受賞しました。

マリ・キュリーは科学的発見や研究に人生を捧げました。そして、世界中で女性科学者として尊敬されています。

  • N/A (2016) Marie Curie. Biografía para niños. Nueva York: Ducksters.