マッチングアプリの心理学的側面

2020年4月2日
デートをしたり人と出会うための手段は日々進化しています。時とともに、最新テクノロジーの時代が人々の生活を変えていくのです。そして現在マッチングアプリも大流行しています。

マッチングアプリが心理学の分野で関心を集めることになろうとは、一体誰が想像できたでしょう?マッチングアプリは人々がデートをしたり誰かと出会うための方法を変えた存在です。結局これは、最新テクノロジーの時代を象徴していると言えます。

一部の人にとって、コンピューターや携帯電話、あるいはマッチングアプリを間に挟まずに他人と交流するのは困難です。しかしそうでない人にとっては簡単なことですし、またその他大勢の人にとってはそれは単に自分たちの生活のなかに最新テクノロジーを導入することを意味しているだけでしょう。

これがマッチングアプリが心理学の分野から注目を集めている理由です。私たちの他人との関わり方や交流の仕方は数年前に大きく変化しました。人々がどう交流し、新しい出会いを求め、理想の相手にアプローチしてきたのかという点に関して、社会は大躍進を遂げたと言えます。

スマートフォンのスクリーンはアプリで溢れていますたくさんの異なるタイプのアプリが存在していますが、研究によって明らかにされた事実の中に、一般的に人々は普段6つ以上のアプリを使わないというものがあります。これはとても興味深いですよね?

“テクノロジーは多くの人々に可能性を与えました。しかし今は、人々はテクノロジーなしでは生きていけなくなっています

-ジョセフ・ウッド・クルーチ-

マッチングアプリ 心理学的側面

なぜマッチングアプリは心理学的に興味深いのか?

テクノロジーが人間関係において果たしている役割に対して、テクノロジーの普及とともに社会学からの関心が高まっています。

そしてマッチングアプリが社会に対して及ぼすインパクトの大きさや、いくつかの研究のこの議題についてデータなどから、心理学の方でもこれに関わっていくべきだというニーズが生まれました。

ピュー研究所による研究では、恋人のいる人のうち27%が、自分たちのカップルとしての生活には良くも悪くもインターネットが巨大な影響を与えている、と述べたことを明らかにしています。

この研究において最も面白い点が、少なくとも30%の参加者が、テキストメッセージを交わし合っている間はパートナーと比較的距離が近いと感じると述べた点です。さらに、そのうちの多数の人が口論をよりシンプルな形で解決できた、と語っています。

しかし、参加者の33%はパートナーがあまりにもたくさんの時間モバイルデバイスにかかりっきりになるせいで自分が無視されているように感じた、と答えています(レンハートとドゥッガン、2014年)。

恋愛とテクノロジー

モバイルデバイスの使用は、恋愛の始まりにも関係性の確立にも関わっています。恋愛の始まり方に関しては、位置情報やマイクロデート(メッセージのやり取りだけの短時間の交流)を土台とするマッチングアプリのスピード感を理解しておかねばなりません。マッチングアプリには、TinderGrindrFlirtieなどがあります(アルビドレスとロハス・ソリス、2017年)。

マッチングアプリが提供するサービスは、より偶発的あるいは従来的な形式のデート比べて出会いの”試行錯誤”を容易にします。

有名なオンラインマッチングサイトのeHarmony(イーハーモニー)は、2040年までに10組中7組のカップルがオンラインで出会うようになり、56歳〜64歳の人々がこのタイプのサービスを最も多く利用する年代になるだろう、と予測しています(アルビドレスとロハス・ソリス、2017年)。

誰がより多くマッチングアプリを使うのか?

例えばTinderのシンプルなプロフィールが物語っているのは、非常に社交的で衝動的な、常に新たな感情を感じたいと欲しているような人々こそが、最もこのようなカジュアルな出会いの場に関わろうとしがちだということです(カーペンターとマキューアン、2016年)。

また、カーペンターとマキューアン(2016年)は、ソシオセクシャリティ(情緒的な結びつきのない相手と性的関係を結ぼうとする傾向)もまた、こういった出会いを求める要因になり得ることを強調しており、「性的関係に関してより厳しい自制心を持つ人々は、親密な付き合いを安定した関係性を保っている相手のみに限定することを好む」と述べています。そしてこういった制約のないユーザーの方が、性的な魅力を持つ人々と長期的な関わり合いは求めずにカジュアルな関係性を築こうとする確率が高いのです。

マッチングアプリ 心理学的側面

恋愛の仕方はテクノロジーとともに変化する

中には、周辺にいる相手よりもアプリ上にいるユーザーの方が自分のことをよく理解してくれるなんて本当だろうか、と自問したことのある人もいるでしょう。誰一人として例外ではありませんし、ほぼ全員が一人くらいはマッチングアプリを使っている人を知っているはずです。もしくはみなさん自身がマッチングアプリで出会った相手と安定した関係性を築いているかもしれませんね。人々の恋愛の仕方は変化を遂げ、環境も変わり可能性も広がっているのです。

マッチングアプリを使えば、人々は様々なユーザーの写真やプロフィールをほぼ好きなだけ見ることができます。やるべきことはただユーザーを見て受け入れるなら右へ、そして無視するなら左へスワイプすることだけです。かつては学校や職場、社交サークルなどが出会いの場でしたが、今では必要なのは指一本だけになっているのです。

Alvídrez, S., & Rojas-Solís, J. L. (2017). Los amantes en la época del smartphone: aspectos comunicativos y psicológicos relativos al inicio y mantenimiento de la relación romántica. Global Media Journal14(27), 1-18.

Canseco, E. G. El modelo de educación sexual trasmitido por las aplicaciones para ligar en 2017. Comunicación y desarrollo en la Sociedad Digital: nuevos discursos y viejos valores del poder cultural.

Carpenter, C.J. & McEwan, B. (2016). The players of micro-dating: Individual and gender differences
in goal orientations toward micro-dating apps. First Monday, 21(5), 1-13.

eHarmony (2014, mayo). The Future of dating. A study of trends in relationship formation in the UK
1996-2040. Future Foundation.

Lenhart, A., & Duggan, M. (2014, febrero) Couples, the Internet, and social media: How American
couples use digital technology to manage life, logistics, and emotional intimacy within their
relationships. Pew Research Center.

Liébana Morcillo, C. (2015). El Appmor: El fin del cara a cara en las relaciones personales.