ミシェル・フーコーの偉大な5つの名言

· 2018年7月2日

ミシェル・フーコーの名言の多くは深く、謎めいています。彼が現代の偉大なフランス人哲学者であったことを考えればおかしいことではありません。彼の思想は歴史の変化を表しているのです。

ミシェル・フーコーは1926年フランスのポワティエ市に生まれました。パリで哲学者となり、1984年に亡くなるまでそこに住んでいました。彼はマルティン・ハイデッガーやフリードリヒ・ニーチェの考えに思想の大本となるヒントを得ていました。またジーグムント・フロイトの理論にも影響を受けていたことは明らかです。

「私は提唱者ではないのです。壁があったところに窓を作ることが私の役目なのです。」

– ミシェル・フーコー –

フーコーは「言葉と物」という著書で有名になりました。しかし「監獄の誕生 -監視と処罰」「狂気の歴史」、「性の歴史」を例とするその後の作品もすべらしいものです。この中より5つの興味深い言葉をご紹介したいと思います。

1.知識と力に関するミシェル・フーコーの名言の1つ

知識と力の関係性はミシェル・フーコーの名言に良く出てくる題材です。下記のものは彼の名言を象徴するものの1つです。

「力を手に入れるために尽くした過程、また結果的なその行使と持続の実際の状況は隠されたままです。知識はこの一部ではなく知られざるものなのです。」

手の中に握る地球

フーコーがここで伝えたかったことは知識は力に従事しているということです。主な役割はどのように力が行使、掌握、維持されたかという姿を隠すことです。彼が述べているように、「知られるべきではない」のです。力のその偉大さや役割を話すことはありますが、その裏で行われている活動や操作、乱用などはほぼ語られないのもそのためです。

2.フーコーによる教育システム

教育システムに関する題材もミシェル・フーコーのいくつかの名言に出てきます。フランス人哲学者であるフーコーは、この分野は力と密接に関連していると考え次のように述べています。

「全ての教育システムは裏に隠れている知識や力を共にした弁論の適切性を維持、または修正する政治的手法なのです。」

一般的な教育を話しているのではなく、教育システムを彼は述べています。この2つには大きな違いがあります。この教育システムは、弁論や知識、権力の領域を管理されたシステムに従わせることを目的としています。フーコーによれば、その役割はどちらにせよ人をシステムに従わせるために「適応」させるということです。

3.倫理観、力の姿

フーコーは、倫理観と言うものは支配関係を続けさせるための権力に関する1つの言説であると批判しています。実際、倫理観はその他のものよりも残忍で無情な力の姿と考えられることもできます。倫理性から判断が下され制裁が下るのです。拒絶や排除が決定、履行され全てのことがそれ自身のパラメーターに合ったものに一致するのです。

天使と悪魔に悩む男性

よってミシェル・フーコーの名言の1つに、「その時々で倫理観と向き合える英雄でなければならない」というものがあります。その時代の倫理観は個人に終結しているものです。多くの例を過去に見ることが出来ます。それはフーコーが正しいことを証明しています。実際過去を振り返ると、多くの場合で社会が「不道徳」とするものに対する不寛容は極端でした。

4.刑務所とその類似点

フーコーにとって似通っていないと思われる2つの分野にも明らかな類似点がありました。この点で、この尊敬すべき哲学者であるフーコーは興味深い質問を投げかけています。

「工場や学校、軍事施設、病院などが刑務所に類似しているという事実に関して何が驚くべきことなのでしょうか?」

この質問だけでなく、彼の作品の中でフーコーは権力がよりむき出しに表れている3つの場所、それは刑務所、病院、兵舎であると示しています。この3つの空間では人の存在は完全に行使された権力の言いなりになっているのです。しかし工場や教室などの違う場面でも同様のことが起こっています。違いは後者ではあまりそれが明らかに表れていないということです。

5.力とその行使

ミシェル・フーコーの多くの名言は、一時的な権力を批判しようとしていることがお分かりでしょう。これらの考えは支配は倫理観や教育観、価値や非価値などの概念的レベルから行使されているということを示しています。権力が人体に物理的戒めというのではなく、概念的指示で影響を与えている事実を無視してはいません。

チェス盤上でキングが倒れる

彼の権力に対する考えがまとまったミシェル・フーコーのある名言に、「力は、短く言えば、所持しているというよりは行使するということである」というものがあります。この文から、彼は力と言うものは地位や単に条件を意味するのではないということを示しています。それを発揮させるのは効果的な行使なのです。

ミシェル・フーコーは現実の見方に変革をもたらした偉大な思想家です。この世界にもたらした彼の貢献というのは何物とも比較できません。日常に存在するはっきりしない理論を理解することができたのです。フーコーの哲学は自由に関する言説なのです。