宮本武蔵による人生の十ヶ条

· 2018年8月13日

宮本武蔵は誰もが知っている封建時代の有名な武士です。彼はあの有名な本、「五輪書」の著者でもあります。また、死ぬ2週間前には人生における教訓を執筆していたことでも知られています。

東洋の優れた戦士として、宮本武蔵の戦いは戦い以上のものでした。侍は個人の成長に多大な価値観を持っており、それこそが良い戦士になるための手段だったのです。宮本武蔵の人生の教訓は、真の古典としてこれまで生き残ってきました。そこには高貴な使命のために勇気と己を捧げた人間の知恵が反映されているのです。今回はその教訓を10個にまとめたので、それを一緒に見ていきましょう。

「もし1時間幸せになりたいなら昼寝をするといい。もし1日幸せになりたいなら釣りをすればいい。もし1か月幸せになりたいなら結婚するといい。もし1年幸せになりたいなら財産を受け継げばいい。しかし、もし生涯ずっと幸せになりたいなら誰かを助けなさい。」

-中国のことわざ-

1.受け入れる

宮本武蔵による人生の十ヶ条は、人生をありのままに受け入れることで始まります。ここでの許容とは、諦めではなく謙虚さを意味します。人生は人生そのもので、私達は予期せぬ結果を防ぐことは出来ません。だからこそ、そこから学ぶ必要があるのです。

現実を受け入れなければ、永続的な苦しみが結果としておとずれます。これはいつも負けてしまう自分との戦いを導いてしまうのです。しかし、許容することが出来れば、様々な状況から学習出来ます。

2.自分のことより他人のことを考える

自分のことばかり考えている人は混乱を招きます。自分と世界に壁を置いてしまい、不安を養ってしまうのです。自分のことを考える代わりに、自分らしくいることが大切なのです。

そして、真実の幸福は他人に施すことです。良い行いがもたらす満足感に比べられるものはありません。他人に寛大な人は自分にも強力な存在になるのです。そして、それが自分自身への感謝と繋がります。

仏教

3.欲望を捨てることを学ぶ

自分が持っていないものを求める欲望は永遠の不満を生み出してしまうだけです。それは底の無い樽のようなもので、無限に続きます。たくさん手に入れれば入れるほど、さらに欲しくなるのです。それが続くにつれて満足するのが難しくなります。

宮本武蔵などの東洋の思想家は欲望を根絶するために戦いました。彼らにとって欲望を持つことはストレスだったのです。本当の力は欲望なく生きる能力、そして欲望を諦める能力です。少ししか必要でない人は、それだけで幸せでいられるのです。

4.罪悪感に負けない

罪悪感は大きな苦しみのルーツでもあります。罪悪感が最悪なのは、それが役に立たないからです。これも宮本武蔵が述べた教訓の一つで、私達は間違いを非難と見なすべきではなく、むしろ性質として見なすべきだと述べました。

私達が起こす一つ一つの行動に何らかの教えがあります。また、それは私達を変えることもあります。もし間違いを犯したら、それは誰かの学びになります。ですので、私達は誰かが間違いを犯しても放置せず、大切なのはそこから学び賢くなることです。

5.不満や文句を辞める

不満や文句は悪いエネルギーの扉を開け、あなたの周りの人を苦しめるだけです。これはあなたの行動を促す代わりに麻痺させてしまい、何も良いことはありません。宮本武蔵の教訓によると、文句と不満は人を内部からダメにしてしまう毒のようなものだと説明されています。役に立たず、肯定的な感情を殺してしまうのです。

鳥をはなす女性

6.必要のないものを手放す

物は私達の感情や人生観に影響します。物質主義になってしまうと、それにコントロールされてしまうのです。例えば、必要のないものをとりあえず持っておくことは私達の意志を弱めてしまいます。そして、私達をさらに不安にして頑固な人間に変えるでしょう。ですので、必要のないものは手放すべきなのです。

7.他人の信念をむやみに追わない

知恵は自分自身を信じることなので、自分の信念と価値観を尊重しましょう。そうしないと、簡単に操られてしまいます。誰も何が良くて悪いのかを教えられる必要はありません。私達は皆、それぞれの受け取り方を持っています。むやみに誰かの信念を信じることは必然的に自分を裏切る行為なのです。

8.自分の尊厳を常に保つ

尊厳や名誉は私達が忘れてしまっている言葉です。これは自己愛と関係しており、自分の価値観にそぐわない行動に陥ることを許してはいけません。あなたの信念はコンパスみたいなもので、それを尊重すると誇りを感じることが出来ます。

尊厳や名誉は人間が持つ最も貴重な質です。そして、尊厳のある人間は尊敬や配慮の念を周りの人に起こします。また、敵からも配慮の念を引き出すことができ、人生に価値が加わるのです。

夕陽と男

9.愛と愛着によって壊されてはいけない

一般的に感情は衝動的な反応です。そして、そこに理由があれば感情は気持ちへと変わります。気持ちはより深く重いもので、ニーズではなく価値観に関係しているのです。

愛は特別な気持ちですが、私達が愛と呼ぶものは一時的な感情な場合もあります。これは愛が依存によって動かされた時に起こります。それは何よりもあなたを傷つけてしまうでしょう。

10.死を恐れない

私達が死ぬのは事実です。人生が終わるのは現実的なことなので、自分自身が死ぬことを、そして自分が愛している存在の死を恐れてはいけません。私達は激動的に生きて、死の恐怖を克服しなければいけません。

宮本武蔵の教訓はその素晴らしい知恵と、私達を動かす全ての言葉によってこれまで生き残ってきました。この教訓は私達に現実主義、謙虚さ、そして内なる平和を求めるよう促します。些細なことには目を向けず、人生の本質に焦点を当てましょう。