物事を先延ばしにするのをやめる4つの方法

2019年1月13日

「私が抱えるのは私の思考である。それだけだ。思考だけが私の重みである。私が自由で軽いか、それとも重荷を背負っているかは、思考が決めるのである。」このカマル・ラヴィカントの言葉に注目すると、課題を先延ばしにしないためには、状況に対する焦点の当て方を変え、考え方を変えなければならないことに気付くでしょう。ここで紹介する4つの方法が、先伸ばしにするのをやめる助けになるかもしれません

つまらない課題、嫌いな課題、自分にはできないと感じ、大きなストレスになる課題を私達は先延ばしにしがちです。これは、怠慢と言うこともでき、誰もが少なくとも一度は経験したことがあるでしょう。

この怠慢、先延ばしが示すのは自己破壊行為で、避けられないことを後回しにするだけでなく、自分のことを悪く感じ、好きなことを楽しむ邪魔になりかねません。そのため、考え方や行動の仕方を変えると良いでしょう。次に、先延ばしをやめるための4つの方法をご紹介します。

「私達は思考によって形作られている。私達は自分たちが考えるものになっていくのである。」

-仏陀-

机に伏せる女性

 

先延ばしをやめるために

義務を喜びに変える

仕事はしなければならないもので、できることなら何か楽しいことをしたいという思いは異常ではありません。ただ、このような考え方は精神的な拷問です。仕事を、取り除いてしまいたい不快な感情と結び付けてしまいます

準備が出来ていない、負担だと感じてしまうことで、多くの課題を先延ばしにしてしまいます。これが、不安、不満、低い自尊心を生み出します。

ポジティブを無視するなら、ネガティブを無視してみましょう。責任の良い面に注目しましょう。私達がそうしないのは、特に物事の悪い面に注目しているとこれが難しくなるからです。

仕事に関して、最も楽しいことを見出し、重要性を認識し、課題をこなす新たな方法、より楽しむ方法を見つけ、そこに焦点を当てましょう。

 

賢く目標を立てる

失敗への恐怖、個人的な疑い、低い自尊心は先延ばしの元になる精神的要因です。目標を達成できると、自信がつき、困難なタスクと向き合うことができると感じるようになります。

先延ばしをやめるために効果的な方法は、多大な努力を必要としない小さな目標を立てることです。例えば、10㎏痩せようとするのではなく、少しずつ食べ方を変えます。果物を増やし揚げ物を減らすことから始められます。

現実的で、段階的な目標の設定が、先延ばしをやめるカギとなる。

 

気分がよくなる場所を探す

難しい課題を実行する場所は、非常に重要な役割を果たします。あなたが落ち着く環境であればあるほど、先延ばしをしなくなるでしょう。作業する場所に平和、インスピレーションや集中が生まれるようデザインし、変化させましょう。好きな植物や色を加え、心地よい家具をそろえ、また、絵を飾るのも良いでしょう。さらに、必要のない物はなくしましょう。明るく清潔な場所に保つのです。気分を高めるためにできることなら、どんなに小さなことでも大いに役立ちます。

心地よく感じる時、モチベーションは上がります。当然、集中の邪魔になるものはなくさなければなりません。インターネット、騒音、携帯、SNSなどは、目標への障害物になります。しなければならないことを終えた時のご褒美にしましょう。

「ストレスは、出来事や状況との関わり方から生まれる。」

-クリス・プレンチス-

パソコン

 

体調管理

十分な睡眠、運動、健康的な食生活は、健康であるためのカギです。良い習慣を身に着けると、ストレスに強く、より活発になり、充実した感情のバランスをとるのに役立つでしょう。

これらの物事を先延ばしをやめるための4つの方法で、考え方を変えることは可能です。これらを試せば、気分が良くなり成功へと近づくでしょう。がんばってください!

Coll Morell J.M. (2015) 4 estrategias zen para combatir la procrastinación. Bresca.