もう電車を待たない―人生のエンジンは私

· 2018年4月16日

自分の名前が付いた電車を待つのをやめました。打ち砕かれた希望、現実にならない夢の日々は去りました。なぜなら、わたしが動力になり、自分で道を切り開いているからです。

わたしと探求の旅へ出たい人は歓迎します。でも、嫌なら次の駅で降りられます。

 

このシンプルかつ勇気ある姿勢を取ることで、あなたの個人的成長や変わっていく感情のバランスにとって素晴らしいステップになります。

しかし、わたしたちが最もやりなれているのは待つことです。必死の夢や非現実的な完璧主義で待ち時間を埋めます。

「機会は作られなければいけない。やってくるのを待ってはダメだ。」
-フランシス・ベーコン-

覚えておくべき重要なこと:べたべたの触手をそこら中に伸ばして、人生の待合室へわたしたちを誘っているのは社会そのものです。

それでも、わたしたちの姿勢を奪うことは誰にもできません。エンジン、わたしたちの内なる炎を盗むことは誰にもできません。

はじめすべての電車が別の方向に行っているようでも問題ありません。あなたの自分の道、、理想は強固でクリアです。待ってなんかいられません。止まることなんてできません。

電車

待つことが人生の一時停止のように感じられるとき

誰かが自分の人生に一時停止ボタンを押したように感じられる時があります

恋人がいないとか、仕事がないとか、個人的に失敗したとか、仕事や感情的に拒否されたからかもしれません。

これらの例は、多くの人に当てはまります。自分の存在の深みで苦しみ、動けなくなります。

人生に一時停止なんてないことを理解しなくてはなりません。人生は常に震えて、芽生えて、動いています。わたしたちを止めるのは、わたしたち自身のスピリット、意思、モチベーションです。 

バーニス・ニューガーテンは、大人の成長を研究した初めての心理学者のひとりです。自分の人生が止まったと感じるような、人生のサイクルの複雑な時期を研究しました。灰色で動きがなくけだるいフレームで固まってしまったかのように感じるときです。

ニューガーテンは、わたしたちみんなが直面する方法を知っているべき、「ライフ・オン・ホールド」論を確立しました。最大の問題は、ぼやっとしていて、不確定で、悲観主義ですらある未来のヴィジョンを持っていることです。

わたしの電車はすでに通り去ってしまった。もう運命の男性はみつからない。」、「いい仕事をわたしが見つけるなってできっこない。」などの考えです。待ちのフェーズをより長期化させてしまう考えのスタイルです。よりよいものへの変遷をより困難にもしてしまいます。

駅と女性

現実にならない夢のプラットフォームから抜け出すには

また明日おいで」、「電話するよ」、「これをしたら、これが手に入るよ」といったような世界にわたしたちは生きています。永遠の待合室に生きています。永遠に、幸せと呼ばれるものは詐欺で、あるいは十分なポイントを獲得した時に得られる商品なのではないかと自分に問い続けます。

電車は過ぎ去ります。機会は来ては去ります。しかし、どれにも自分の名前がないようです。不確定のシナリオの中で、どうやって生き延びたらいいでしょう?

「昨日から学び、今を生き、明日に希望を持つ。大事なことは、疑問を持つことをやめないことだ。」
-アルベルト・アインシュタイン-

それでは次に、いくつか簡単な覚えておくべきことを紹介します。

電車

人生を動かし続けるための3つのカギ

  • 一つ目のカギは簡単です:自分の目標、地平線上のポイントに明確でいてください。自分の能力に合った正確かつ現実的なゴールにしてください。 でも、自分のポテンシャルを過小評価してもいけません。
  • バーニス・ニューガーテンが示唆する人生における変遷の局面は、毎日未来のリハーサルをすることです。夢見るだけでは十分ではありません。

いいパートナーを熱望するなら、自分を人としてケアしなくてはいけません。他の人にあったらいいなと思うような徳を持った人に成長してならなくてはいけません。いい仕事を見つけたいなら、職務的に精神的に自分を準備することに時間を投資してください。

  • 3つ目のプランは面白いものです。自分がプロアクティブでクリエイティブな主人公のように感じることです。誰かや何かに従属していると感じることをやめて下さい。社会があなたのスペースを確保してくれないなら、自分で作り出してください。

あたらしいものに投資したり、仕事に新しい何かを提案する必要があるかもしれません。動いている電車に乗っているべきかもしれません…

人生は死を避けることだけではないと誰かが言いました。人生は日々自分の存在を楽しむことです。ただ呼吸することや勝手に物事が起こることを許すだけに限定することではありません。

自分の成長のエンジンになりましょう。アクティブで、希望を持ち、現実的で楽観的な存在でいましょう。世界に素晴らしいものを与えられる素晴らしい力になりましょう。

同時に、自分が受けるに値する幸せを自分で作りだしましょう。

 

あなたが必要なのは、自分を愛すること