もう一度やり直す為の10の言葉

· 2018年2月27日

人生は何度も私達を混乱へと戻します。私達が前へ進み出してから全く機能していないと気づいた場合、元の形へと戻すのが良い選択でしょう。それは、私達が愛する大切なもの、夢見ていたもの、楽しかった現実を失った時でも同じです。そして、やり直すことについての言葉を聞く瞬間が訪れるのです。

実際に「始まり」と「終わり」の言葉は私達の心で構成されています。私達の人生では毎分何かが始まり、何かが終わっていくのです。生物学と心理学の両方の意味で私達は前進しています。そこにはいつも変化があります。しかし、人生には極端な始まりと終わりが二つ存在すると言えるでしょう。それは私達が生まれる時と死ぬ時です。

「最初の一歩だけでは、あなたの望む場所へと連れていってはくれない。しかし、それはあなたがいる場所からあなたを動かしてくれる。」

-匿名-

人生はサッカーの試合のようなものです。「審判が最後の笛を吹くまで試合は終わらない」のです。ですので、やり直すことに手遅れなどはありません。この例になるような人は多く存在しており、実際に再び挑戦することで成功しています。そして、多くの人達がやり直すことについての美しい言葉を遺産として残してくれました。例えば、C・S・ルイスはこのような美しい言葉を残しました。

「新しい目標を掲げたり、夢を抱くことに年齢など関係ない。」

-C・S・ルイス-

やり直すべきかどうかの選択を迫られる状況は何度も繰り返されます。何か重要なことを終わらせ、受け入れることは簡単なことではありません。どのような方法であっても、何かを終わらせるとそこにあった全てを見捨てなければいけないのです。やり直すことには勇気や動機が必要になります。今回は道が閉ざされた時、あなたを強さで満たしてくれるやり直しに関する10の言葉を紹介したいと思います。

窓辺の蝶、ろうそく、巻貝

やり直しの言葉

誰かを失うという瞬間は誰にでも訪れます。誰かが亡くなったり、永遠に帰らない時です。また、仕事や財産を失い、お金が必要な時も含みます。このような最初からやり直さなければならないと感じる瞬間です。

最も難しいのは、最初の一歩を踏み出す時です。それは、失うことを受け入れ、新しい道を歩む時です。それは決断力や勇気、そしてエネルギーを必要とするので、大抵の人は新しく何かを始めることに躊躇します。しかし、そこには偉大な哲学者が残した言葉があることを忘れてはいけません。

「千里の道も一歩から。」-老子-

恐怖こそがやり直すことへの最大の敵ですそして、恐怖を感じるのは普通の事です。しかし、そういう時は思想家であるジェセフ・キャンベルの残した言葉を思い出してください。彼は時々危険は私達の想像の中だけに存在すると警告しました。貴重なものはいつも恐怖の反対側にあるということです。

「恐怖を感じる洞窟はあなたの求める宝を持っている。」-ジョーゼフ・キャンベル-

失敗を経てやり直す

失いから始まらないやり直しもいくつか存在します。それは、失敗です。新しい事業を興したけれど、間違った方向に進んでしまったり、それはもう持続が不可能だというポイントに達するまで続くのです。

失敗は私達の自信と成功という欲望に傷跡を残します。再度挑戦する為にエネルギーを集めるのは簡単なことではありません。そういった時に偉人達が人生で培った知恵を参考にするのです。

「再度挑戦するという勇気を持っていれば何も失わない。」-フリオ・コルタサル-

「失敗はやり直しをより賢く行う為のチャンス。」-ヘンリー・フォード-

「誰も過去へ戻ってやり直すことは出来ない。しかし、誰もが今日を始められて、新しいエンディングを作ることが出来る。」-マリア・ロビンソン-

私達には失敗を認める勇気が必要です。また、失敗は終わりを意味することではないと理解をする為の強さや勇敢さもなくてはいけません。失敗は私達を成長させる先生のようなものです。間違いを知恵の源にするよう学ぶことが大切なのです。

唇の形をした雲

始まりと終わりは繋がっている、やり直すことはいつでも可能なこと

始まりと終わりの概念はとても関係が強いものです。人生にはそのサイクルがあり、冬になると全てが終わり、春になるとまた始まるのです。これを意味したもので「青虫が最後に迎えるものを、世界では蝶と呼ぶ。」という老子の言葉があります。

これは私達自身のことです。終わることのないエンディングと無限の始まりなのです。言い方によっては、何も始まらず、何も終わらない、とも言えます。そこには他の物事へ繋がる物事が存在する仕組みがあり、パブロ・アルボランは自身の言葉でそれを上手く表現しています。

「終わりに達することは終わりを意味しない。私は何度も何かが終わる時は何かの始まりだと疑問に思っていた。そしてその疑問が私を再挑戦させる後押しをしてくれた。」

-パブロ・アルボラン-

やり直す強さを探すことは、私達に挑戦することの大切を教えてくれます。人生は私達に成長することを求めていて、人生は生活に関する経験や知識は生きることでしか得られないのです。新しい道は私達にとって人生の脈拍のようなものです。マーク・トウェインの言葉にあるように、自分を新しくして、新しい現実を発見するのです。

「今から20年後、あなたは自分が行ったことではなく、行わなかったことに対して失望するでしょう。さぁ、縄を投げ、安全な港から出航しましょう。貿易風を掴んで航海するのです。探検し、夢を持ち、発見するのです。」

-マーク・トウェイン-

蝶の風車

何も永遠に続かないことは忘れてはいけません。終わりや失うことは人生の一部です。遅かれ早かれ、私達はやり直さなければいけない時に直面するのです。それは、間違いを正したり、行動を調整したり、目標を定めることが可能になる瞬間です。やり直すことは新しいチャンスを掴む事なのです。