なぜ子供に体罰を与えることは間違いなのか

2018年7月10日 in 心理学 0 シェア済み
悲しい少女
体罰は、子供の発達に悲惨な結果をもたらします。子供が言うことを聞かない時の最も簡単な対処法のように思えることもありますが、子供を叩くことは決して最善策にはなりません。最初は簡単で効果的かもしれません。しかし、それは何も考えずにできることだからです。

しかし、常により良い選択肢があります。より努力を必要とはしますが、長期的にはより良い方法となる子どもの育て方があります。

体罰とは?

残念なことに、親の中には古い言葉、 「鞭を惜しめば子供はダメになる(西洋のことわざ)」を未だに信じている人がいます。しかし、一つ一つの打撃は「良くなる」と言うよりも、有害な傷を残します。それは、行儀良くしなければ、という思いよりも恐怖のようなものを感じさせます。体罰を使って子どもしつけることは、子供の発達を妨げることにつながります。
ここでの体罰とは、体を強く押す、揺さぶる、つねる、叩くなども含まれます。これらの行為は特定の行為を止めさせることはできるかもしれませんが、子供がしたことがどのように間違っていたのかを説明するものではありません。その行為を罰と関連付けるだけです。
大人に縛られた子供
論理的には、体罰は子供たちに、私たちが実際には望まない行動を促すだけです。子供たちが見ているものを模倣する傾向があることはすでに知られています。したがって、彼らが日常生活の中で正当な理由のない攻撃を見れば、他人を襲っても大丈夫だと理解するでしょう。

私たちはしばしば、子供に問題を解決させる代わりに、子供に答えを暗記させている。

ロジャー・ルーウィン

実際には、私たちは子供を愛しているし、子供はこの愛を感じますが、それでも間違ったことをしたり何かを理解していないときに叩かれることで、それが愛の一部だと思うようになります。彼らは、脅迫と暴力が正しい愛する方法であるという理解を発達させます。結局のところ、少なくとも子供たちの目には、大人は全てを知っているかのように映るのです。

子供への体罰の結果

お分かりのように、体罰は、一時的に特定の行動を止めること以外、ほとんど役に立ちません。体罰がもたらす悪影響は、特に長期的には、非常に深刻なものになります。そして、これに怒鳴るといった行為を加えると、感情的な問題が増えます。そのため、これから示す体罰がもたらす結果を念頭に置いておくことが重要です。
  • 子供を叩くことは、健全な自立心と自発心を阻害します。それはその子が問題を解決したり、自分自身を愛したりすることをより困難にします。それは自尊心の乏しさにつながります。
  • 子供の知性の発達が制限されます。体罰は、学習プロセスを劇的に妨げます。
  • また、それは家族関係に問題を引き起こします。社会的に、そして感情的に影響を与えます。
  • 体罰は子供に、見捨てられた感覚、悲しみ、そして孤独を感じさせますその子は自身を無能で不必要に感じます。
  • 子供の世界観は徐々に暗く、否定的になり、荒れるでしょう。彼は世界に居場所がないように感じるでしょう。
  • 子供は怒りの逃げ場をなくし、逃げ出したくなる衝動に駆られる可能性があります。

暴力に頼らずに子供をしつける方法

子供たちをしつけるのは必ずしも容易ではないことは分かっています。それは普通のことです。子供は彼ら自身の人格を持ち、自分自身を表現したいと思っています。しかし、暴力は決して答えではありません。子供がまだ小さい時には、行動の裏にあまり志向がありません。しかし、彼らは家のルールと規範を早い時期から吸収し始めるべきです。
体罰の代わりとなる選択肢、そして健全な家庭環境を育むための多くの選択肢があります。例えば、ポジティブな側面の強化です。悪い行為を罰する代わりに、良い行動を称賛します。どの行動が正しいのかを教えることによって、あなたはまた、どの行動が悪いのかを伝えます。これがポジティブ面を強化することの力です。

難しい物事を簡単にすることができる人は、教育者です。

ラルフ・ウォルド・エマーソン

父と息子
親として、私たちは冷静さを保つ努力をする必要があります。体罰のほとんどはよく考えられたしつけよりも衝動的です。実際には、多くの親は子供を叩きたくないのですが、一度そうしてしまったら、その後でそれを正当化します。
これは議論を呼ぶトピックです。しかし、私たちの子どもたちは、もっと高く評価されるべきなのです。
あなたへおすすめ