何故恋愛で失敗し続けるのか

2019年4月7日

なぜ以前のようではないのか?恋愛関係の中のどこかで、自分に尋ねてみたことがあるのではないでしょうか。この疑問によって、疑念、不信感、不安が生まれます。さらに、自分とパートナーが常に危機状態にあるように感じられます。

交際の危機自体は、必要以上に心配すべきではありません。カップルが変遷期に差し掛かって、変化を必要とするときに起こります。心配すべきは、その危機の対処法です。

相手のことを責めていたり、起こっていることを無視していたりしたら、そのふるまいを分析しなくてはいけません。不健全なふるまいの別の例は、危機が交際の終わりであるとただ思い込むことや、パートナーとの絆を台無しにする特定の思い込みを盲目的に信じることです。同じ人と数年付き合っていれば、新しい挑戦に直面するのは普通のことです。思ってもみなかったようなこともあるでしょう。しかし、すべて普通のことです。秘訣は、その対処法を知ることです。

多くのカップルは変化を恐れます。交際関係がはじめのようではなくなって、変化がおとずれた時、危機は起こるかもしれません。

交際の危機を引き起こす思い込みとふるまい

恋愛関係は、人間にとって重要です。しかし、ある思い込みやふるまいによって、この美しいものを悪夢に変えてしまうことがあります。例えば、交際に関してあなたが抱いている考えや、愛のあるべき姿や、パートナーのふるまいかたなどです。人はこれらの考えに影響を受けてしまいますが、これこそ危機を引き起こす要因です。

「危機は、良くも悪くも変化が起こりそうな状態です。」

-ウェブスター-

気づいていないかもしれませんが、もう一つの例は、多くの人が交際の甘い時期が永遠に続いてほしいと思っていることです。この時期の気持ちが落ち着いてくると、彼や彼女をありのままに見るようになります。それから期待や理想が消え、危機へと迫っていきます。

目隠しを取り去って、パートナーが自分の思っていた人と違うと思ったら、前の状態を維持しようと必死になります。そのために、相手を変えようとするかもしれません。相手を変えて、一生現実になることがない理想と期待に相手を導いていこうとするかもしれません。

しかし、これは相手を受け入れることとは異なります。できるだけ相手を自分の脳内イメージに近づけようとしているだけです。こんな風にふるまっていたら、相手の人は嫌がって問題が発生するかもしれません。他人が自分のことを変えようとしたら嫌ですよね?パートナーに変わるように言うことは、相手に強要せず、相手の考えも考慮した場合にのみ有効なのです。

ハート

もう一つよくある間違いは、交際関係に入るともう努力しなくてよいと思い込むことです。日々愛を育んでいくべきですが、人は何らかの理由で確かなものを手に入れたように感じてリラックスしてしまいます。そうして、どれだけ感謝していて愛しているかを伝えなくなってしまうのです。尊敬と愛に基づく健全な関係を求めるなら、守るべき基本があります。

交際関係でうまくいかないことのすべてを相手に押し付けるのは、自分の責任を認めないことです。カップルはチームです。すべてを相手のせいにしたら、チームではなくなります。

間違いなく、コミュニケーションの欠落は多くの危機を生み出します。自分が気に入らないことを黙っていることは健全ではありません。多くの人はこんな風にしていて、爆発するまでため込みます。また、パートナに対して疑念を抱いているのに、何も言わないのもよくありません。不確定感の中生きることになり、交際関係を試すような決断をし続けていきます。これらすべてが絆を台無しにします。

どんな人にも自分だけの空間が必要

感情的依存も交際関係に危機を引き起こします。パートナーだけが幸福の源だと考えるときに起こります。その人抜きでは自分に価値はないと思い、完全にパートナーに依存します。その人なしに何かをしたり気分を良くすることが不可能になります。

しかし、どんな交際でもお互いが自分のスペースを楽しめることが重要です。どちらも友達との時間を過ごして、自分が楽しめることをするべきです。パートナーは世界の中心ではありません。そういう風に相手を見だしたら、息苦しくなります。

もやもや

完全に相手に依存してしまうと、恐怖、不安、疑念が生まれます。これらすべては即座に交際の危機を引き起こします。

パートナーは、ソウルメイトです。パートナーによってあなたは完全になるのではありません。人生を共に過ごしたい人は、旅の仲間であり生きるための理由ではありません。

自分の交際関係を他人のものと比べることもあるでしょう。外側からだけ見て、完璧だと思い込みます。他のカップルは何でも一緒にやって、離れることがないように見えるかもしれません。これによっても自分の交際関係が影響を受け、他人の交際関係のようだったらと願うようになります。しかし、閉ざされたドアの向こう側で起こっていることはわかりません。もしかしたら、こうした人も毎日交際の危機に直面しているかもしれません。

自分の交際を他人のものと比べるのは、公平でもなければ無意味です。あなたと他人は違います。異なる経験をしています。どのカップルも特別で、そのことを覚えておくことはとても重要です。

「成熟した愛は、約束なく惹かれ合い、頑張らなくても一緒になります。感謝で成長し、自由と共に広がります。」

-アリ・シェーモス-

どんな交際の危機もチャンス

お分かりいただけるように、危機は交際関係を変えるチャンスです。変化によって、進化を起こしたり破局したりするかもしれません。これは、立ち止まって、交際について考える瞬間を与えてくれます。

変化への一歩は、心を広くいることです。別の言葉で言えば、可能な限り最も良い方法で対処しましょう。一緒に振り返って話し合うだけでなく、自分一人でも考えてみることです。

腰を下ろしてパートナーと話し合う時、文句を忘れて現実的なポジティブな見方をしましょう。パートナーに間違っていることすべてを思い出させるのはあまりよくありません。起こったことをどう改善して解決するか考えてみてください。そうすれば妥協点を見つけられます。そうでなければ、常に危機にいる状態になってしまいます。自分だけでは解決できないと思ったら、交際の専門家に助けを求めましょう。

交際の危機によって破局に至ることもあります。そうでない場合もあります。どちらの場合も、必要な経験です。より良い人間になりたいのであれば、これに対処していかなければいけません。

Bolton, P., Freixas, X., Gambacorta, L., & Mistrulli, P. E. (2016). Relationship and Transaction Lending in a Crisis. Review of Financial Studies. https://doi.org/10.1093/rfs/hhw041

Strunz, S., Schermuck, C., Ballerstein, S., Ahlers, C. J., Dziobek, I., & Roepke, S. (2017). Romantic Relationships and Relationship Satisfaction Among Adults With Asperger Syndrome and High-Functioning Autism. Journal of Clinical Psychology. https://doi.org/10.1002/jclp.22319