脳への音楽の効果

· 2018年5月28日

音楽はこころを動かします。タイムトラベルできたり、力を与えてくれたり、平安を与えてくれたりします。世界のどこにでもあります。すべてのサウンド、リズム、声の中にあるものです。それでは、音楽を聴くとき脳に何が起こるのでしょうか。ひとつは、脳の左脳・右脳どちらも活性化させ、2つの間にコネクションを作っています。

人間の脳には二つの側面があります。左は論理、理性、数字、言語などをつかさどり、右はもっと感覚的、想像的、クリエイティブな機能をつかさどります。

 

生まれる前から音は脳の発達に影響を及ぼします。赤ちゃんは母親の声をどんな音よりも先に認識するようになります。聴覚は、赤ちゃんがはじめに発達させる感覚です。

音楽を聴く時、脳には何が起こるでしょう?右脳はわたしたちの想像力や感情が爆発する場所です。左脳はスコアを分析したり、音楽的な記号、リズム、歌詞の意味などを理解することに集中します。

音楽を学ぶことが脳にいい理由

赤ちゃんの脳の可塑性はかなりのものです。音楽は脳のどちらの側も活性化させ、2つの間にコネクションを生み出します。しかし赤ちゃんだけではありません。大人だってこれらのメリットを得られます。 変化はもっとゆっくりで地味ですが、2つの間のコネクションは高まります。

音楽を聴く少年

音楽を学ぶことで高まる左脳のスキル:

  • 記憶
  • 楽器による動作スキル
  • リズム感
  • コーディネーション

右脳のスキル:

  • 想像力
  • 創造力
  • 調和

音楽を演奏することは、活性化された脳の部位によって感情にも大きな影響を及ぼします。社会生活ではどうでしょうか?共感を育てるような感情を活性化せたら、脳は新しいコネクションを作り出し、新しいメロディーを聞くたびに新しい感情を活性化させます。

「音楽は代謝率を変えます。血圧を上げたり下げたり、聞く音楽によってエネルギーレベルや消化にポジティブ/ネガティブに影響します。 音楽はエンドルフィンの分泌も増やし、喜びやリラックス効果があります。」

-ジュリアス・ポートノイ-

音楽と感情

「音楽のない人生は間違いだ。」

-フリードリヒ・ニーチェ-

音楽を聴くだけでたくさんの感情が活性化されるのは素晴らしいことです。リラックスさせたり、ワクワクさせたり、エネルギーを感じさせたり、幸せにしたりします。このメリットをどうやって生かすことができるでしょうか?

「楽器の音楽。その美しさは素晴らしい言語であるということです。理論を通り越して、あなたの中の感情的なリアクションを生み出します。」 

-ヤニー-

どんなタイプの音楽も感情を活性化させます。音楽療法は、上記でお話したすべてにおいて完璧な例です。自分に合った音楽を選べば、音楽やそれに伴うすべてをうまく利用できます。

草むらに寝そべる女性

音楽療法は新しい対応方法を学び、自分自身を知り、あなたの精神の後ろにある感情を探索するための良い方法です。しかし、意識的に気づくことはあまりありません。

あなたの人間関係、体の動き、整頓スキルを改善してくれるかもしれません。コミュニケーションや新しい自分の表現方法(言語的、非言語的なものも含め)を与えてくれ、目を閉じて新しい世界を探索する自由を得ることができます。

これらのすべて中でも、音楽は脳の2つの面を統合させ、あなたをもっと幸せで健康にしてくれます。試してみてください。再生を押して、感じることをそのまま感じてみましょう。自分を発見して、音楽に身を任せることを学びましょう。