脳の重要な領域:嗅球の機能と特徴

2019年12月10日
脳の重要な領域である嗅球は、嗅覚にとって不可欠です。今回の記事で詳しく学びましょう。

ニオイには、いい思い出を呼び起こす力があります。

私たちが持つニオイに関する感覚は、過去を呼び起こすのに役立つだけでなく、毎日の重要な決断を下すのにも役立ちます。

今回は、脳の重要な領域である嗅球についてお話しします。嗅球について理解するために、脳の定義や機能、そして嗅覚と嗅球に関する興味深い事実について、まず学んでいきましょう。

嗅覚とは

多くの人々は嗅覚の役割を過小評価しています。私たちの鼻と嗅覚は、私たちの体に有害で危険なものを識別するのに役立ちます。

私たちの近くで、煙の臭いがしたらどうしますか?私たちの嗅覚は、煙の原因を特定して安全かどうかを確認します。嗅覚は、潜在的な危険を警告することに加えて、日々の意思決定にも重要な役割を果たしているのです。例えば、今日着ようとしている洋服がきれいかどうか、または何を食べるかなどです。

ニオイは感情にも影響を与えます。心地よい香りは、私たちの幸せにプラスの効果をもたらします。実際、アロマセラピーは私たちの気分に大きな影響を与えますし、消費者の関心を引き付けるためのマーケティングキャンペーンで、アロマを活用するブランドもあります。

脳 嗅球 機能 特徴

嗅球とは?

「Neuroscience:Exploring the Brain(神経科学:脳の探索)」の共著者であるベアー氏、コナーズ氏、パラディソ氏によると、嗅球は、大脳半球の底の部分から側頭葉にかけて存在する脳の重要な領域です。

また、嗅覚受容体ニューロンから情報を受け取る役割を担います。脳の各半球に1つずつ、合計で2つの嗅球があり、鼻腔の内部につながっています。

嗅球の機能について説明する前に、嗅球はニオイをとらえる働きがありますが、そのプロセスは嗅球では始まらないことを指摘する必要があるます。ニオイは鼻孔から入り鼻粘膜に吸収された後、ニオイに関する情報は感覚変換を通じてニューロンに処理されます。そして、情報は嗅覚神経を通過して嗅球に到達します。

続きを読む:眠っている間にニューロンでは何が起こっているのか

嗅球の機能

嗅球では、ニューロンは糸球体の僧帽細胞とシナプス接続を形成します。嗅球のニューロンのグループに属する糸球体は、異なる活性化パターンを持つため、異なるニオイの識別に役立ちます。

この活性化は、物質輸送の速度と物質が何でできているかによって異なります。糸球体によって処理された情報は、一次および二次嗅覚皮質、眼窩前頭皮質、海馬、扁桃体などの脳のさまざまな領域に送られます。

こちらもご参考に:海馬と自尊心の関係

嗅球の各部位

嗅球には層構造があります。それぞれの層は、様々なタイプの細胞で構成されています。

  • 糸球体層:この層には糸球体が含まれている、知覚された刺激に従ってシナプスが発生する場所です。糸球体がグループを形成し、特定のニューロングループが同様のニオイを検出します。
  • 外網状層:これは、ニューロンが互いに接続し、側方抑制プロセスを可能にする介在ニューロンで構成されています。この層には房状細胞体が含まれています。
  • 僧帽細胞層:これは細胞が受容体情報を受け取る層です。
  • 内網状層:この層には、房状細胞と僧帽細胞の軸索が、情報が再送信されます。
  • 顆粒細胞層:僧帽細胞が樹状突起をつなぐのを助ける顆粒細胞で構成されている最も深い層です。
嗅球 機能

嗅覚情報の中心部

嗅球は、嗅覚情報の主要な情報処理センターで、次のことができます。

  • 嗅覚情報を知覚する
  • 異なるニオイを区別する
  • ニオイを処理し、感情や記憶に関連付る
  • 特定の刺激を抑制して、一度に1つのことにだけ集中できるようにする
  • 味をとらえる
  • フェロモンを認識し、性的な行動を統制する

これで嗅球の機能が理解できたでしょうか?印象的で驚くべき働きをする嗅球は、私たちにとって大切な脳の領域であり、嗅球なしでは嗅覚が失われてしまいます。

嗅球の機能を理解し、生存、意思決定、感情、行動、そして記憶にとって重要な嗅覚について学ぶことはとても大切です。

  • Bear, M. F. Connors, B. W., PAradiso, M.A. Nuin, X.U., Guillén, X.V & Sol Jaquotor, M.J. (2008). Neurociencias la exploración del cerebro. Wolters Kluwer/Lippicott Williams & Wikins.
  • Kandel, E. R., Schwartz, J. H., & Jessel, T.M. (2001). Principios de neurociencia. Madrid: McGrawHill Interamericana.