お悔やみの言葉を述べるのに最も適した方法とは?

お悔やみの言葉は、共感や愛を相手に示す行動で、悲しみを共にすることです。お悔やみの言葉を述べるのに、最も適した方法は何でしょう?
お悔やみの言葉を述べるのに最も適した方法とは?

最後の更新: 05 3月, 2021

近しい人が亡くなったため、あるいは家族や友人に付き添いとして、お葬式に行く機会は誰にでもがあるでしょう。どのケースでも、お葬式では亡くなった方の友人や家族にお悔やみの言葉を述べる時が来ます

お葬式に行かなくても(特にパンデミックに伴い制限がかかっている今)、お悔やみの言葉を送ることもあるでしょう。では、どのような方法がベストなのでしょうか?電話と文書は同じでしょうか?どのようなことに気を付けたらいいのでしょう?

今回は、お悔やみの言葉を述べる方法についていくつかアイデアを提案します。ですが、何よりも最も重要なのは、誠実に振舞い、同情の気持ちを示し、相手の痛みを理解し尊重することです。

痛みを分かち合い、手を差し伸べ、共感することが大切なのです

また、この記事の最後には人の哀しみのプロセスを共にするため方法についてもご紹介します。

お悔み 言葉

お悔やみの言葉を述べる様々な方法

お悔やみの言葉はどのように述べたらいいでしょうか?まず、様々な方法を区別する必要があります。電話で伝えたり、対面で述べたり、文書で送ったりするのはそれぞれ異なります。

書面でお悔やみの言葉を述べる

この方法を選ぶ(あるいは他の方法がない)場合もあるでしょう。様々な理由で、お通夜やお葬式に参列できないためにこの方法をとらざるを得ないかもしれません。この場合、お悔やみの言葉をハガキや手紙で送ることにするかもしれませんね

お悔やみのハガキには、お悔やみの言葉と、背景は大抵花の絵が描かれています。

手紙の場合、内容が多くより親密的なものになります。すべては故人との関係によりますが、難しい時期に一緒にいられない場合、亡くなった方の家族に同情を示すため、ハガキより手紙を選ぶということもあるでしょう。

お悔やみの言葉を述べたい相手との関係を考慮し、さまざまなものの中から選択する必要があります。

電話でお悔やみの言葉を述べる

電話でお悔やみの言葉を述べるのはどうでしょう?哀悼の時に、一番良い方法ではないかもしれませんが、他に選択肢がない場合もあります。WhatsAppなどのメッセージアプリを通してお悔やみの言葉を述べるのは、非常に冷たいと思われがちなため、電話の方が良いでしょう。

正直に自分の思いを表すのが一番です。「典型的」で、心のこもっていないフレーズは避け、できるかぎり誠実でいましょう。多くの言葉はいりません。シンプルに、「お悔やみ申し上げます」「何かあれば、言ってください」で思いを示すことができます。これも、相手とあなたの関係によります。

直接お悔やみの言葉を述べる

これは、一番難しい方法かもしれません。何度も繰り返しますが、自然と、正直に思いを口に出すべきです

お葬式でお悔やみの言葉を述べる時には、家族の周りに人がいなくなるのを待ち、ある程度落ち着ている時にしましょう。

「何かあったら言ってください」などはよく言われる典型的な言葉ですが、このような状況で、「正しい」言葉はありません。これを言っても良いですが、心からの言葉を何か添えましょう

(電話でも同様に)何か必要なものはないか尋ね、手を差し伸べましょう。パンデミックの今、相手との関係性や可能かどうかにもよりますが、ハグやキス、握手をするのもいいでしょう。

「私の言葉であなたを慰めることはできなくても、私が、あなたのために、ここにいるということを知っていておいてほしい」

哀しみの最中にいる人への寄り添い方

これはお悔やみの言葉を述べるより難しいですが、哀しみを抱えている人に寄り添わなければならないという場合もあるでしょう。単に元気を出してもらおうとすることを意味するのではなく、精神科医で宣伝者、心理療法士のLuis Muiñoは、自身のペースで相手に寄り添い、「流れに任せる」ことを提案しています。

悲しむ人に寄り添う理想的で万能な方法はないと彼は言います。一方で、「悲しむ人に寄り添う人で一番いいのはいろいろな予測をしない人である」と主張します。

どういうことでしょうか?これは、それが何であっても、相手が必要とするものに合わせることを意味します。「家で泣きたい?それなら、家にいよう」「何か食べたい?じゃあ、食べよう」「騒ぎたい?じゃあ、遊びに行こう!」といったようにです。

これは簡単なことに思えるかもしれませんが、非常に難しいことです。なぜでしょう?それはこれが、自分のエゴや期待を忘れることを意味するためです。いつも自分にとってはうまくいく「テクニック」を忘れ、ただ「あなたのすることや必要なものに合わせるからね」と言ってあげることなのです。

「ラバーバンド効果」

一方で、「ラバーバンド効果」と呼ばれるものを用いることもできます。これは、相手と繋がり、相手と共に流れに身を任せ、相手にスペースを与えることです。ですので、相手があなたを引き寄せるのであれば、近づき、相手が距離を置きたい時は、離れるようにします。

一人になるスペースを必要としている時に、それが得られないことは非常に苦しいため、相手のリズムを尊重しなければならないのです。

お悔やみの言葉を述べる

お悔やみの言葉を述べる方法は人それぞれ

お悔やみの言葉に関するアドバイス、哀しんでいる人への付き添い方を読んだ今、魔法や万能の形はないことが理解いただけたでしょう

シンプルに共感し、相手への愛情を示しましょう。お悔やみの言葉はタブーであってはならず、また、作られたものや事前に用意したものであるべきでもありません。

喪失に共感し、痛みに寄り添う思いを相手に届けることが大切です。近しい人であれば、時間を共にし、話をしたり適切な方法で愛情を示したいと思うでしょう。それは素晴らしいことです。

また、あまり親しくない人であれば、「ご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」などの言葉を用い、肩に手をそえるなどの親近感を示す姿勢を示すことができます。

そしてなにより、誰かと一緒にいる時に、泣き崩れることを心配する必要はありません。喪失と向き合う時、泣くことや苦しむことは理解できる感情であり、喪失のプロセスの一部なのです。

さらにこれは、「私はここにいます。あなたの痛みを感じているし、あなたの気持ちがわかります」と相手に示すことでもあります。相手の感情を理解するのに役立ち、相手はあなたが自分と繋がっていると感じることができるでしょう。

「愛する人が去る時、その人は私達と一緒に生きるのをやめ、私達の中で生きるようになるのです」

こちらの記事もおすすめです。
死への悲嘆を乗り越えたかどうかは、どうすればわかる?
こころの探検
で読むことができます。 こころの探検
死への悲嘆を乗り越えたかどうかは、どうすればわかる?

私たちにはピンとこないかもしれませんが、死への悲嘆を乗り越えたかどうかを自覚するのは簡単でないことがあります。死への心理的反応はまだ続いているかもしれません。まるで細菌が感染した傷のようです。心を調節し、制限しながら暮らしているかもしれません。



  • García, J.A., Landa, V., Grandes, G., Mauriz, A. & Andollo, I. (2001). Cuidados Primarios de
    Duelo. El nivel primario de atención al doliente. Grupo de Estudios de Duelo de Vizcaya, Sestao, Vizcaya.
  • Pérez, P. (2006). Trauma, culpa y duelo. Hacia una psicoterapia integradora. Desclée de Brouwer.