オスカー・ワイルドの人生と不名誉な投獄

オスカー・ワイルドの素晴らしいキャリアと、彼の悲劇的な人生についてご紹介します。
オスカー・ワイルドの人生と不名誉な投獄

最後の更新: 01 4月, 2021

オスカー・ワイルドの人生は非常に独特で悲劇的でした。今日は、歴史に残る有名な劇作家の一人、オスカー・ワイルドの人生と功績を掘り下げます。オスカー・ワイルドは、優秀で成功した作家です。しかし当時は偽善的で道徳的なビクトリア朝時代であり、彼は同性愛者であることを理由に刑務所に入れられてしまうのです。そしてこの投獄の結果、完全な挫折を経験することになりました。

国際的に知られている作品を残した偉大なこの人物について、お話ししていきます。

『ドリアン・グレイの肖像』や『真面目が肝心』などは、今日最も有名な作品の一部です。しかし、これが書かれた時代には、ビクトリア朝時代の道徳を重んじる批評家に批判されました。ワイルドのスタイルと観点は当時の慣習に完全に合うものではなかったのです。

現在、オスカー・ワイルドは非常に有名で、彼の作品は研究対象になり翻訳もされています。英文学における最高の作家の一人とされていまるのです。また、勇敢さや機知にとんだ性格、同性愛者であったことによる不名誉な投獄についてもよく知られています。彼は若くして亡くなりました。

オスカー・ワイルドの人生

オスカー・ワイルドは、1854年10月ダブリンで誕生しました。父親は有名な医師でした。母親は詩人で、彼に影響を与えました

子どものころ、オスカー・ワイルドは古典を愛する優秀な生徒でした。オックスフォード在学時、独創的な執筆に才能を咲かせ始めました。巧みな言葉遣いからいくつもの賞を受賞しています。

オックスフォード卒業後は、上流階級の肖像画家である友人とロンドンへ行きました。彼が最初の詩集を書いたのがこの場所です。翌年ニューヨークへ行き、ほぼ一年をかけて講演を行いました。

オスカー・ワイルド

その後、国へ戻って読書を続け、唯美主義運動の代表者の一人として地位を確立し始めます。唯美主義運動とは、社会の政治的考えや社会的考えを超え、美を求める運動です

オスカーは、アイルランド人の若い女性に恋をしましたが、彼女は別の男性と結婚し、オスカーは別の裕福なイギリス人女性と出会います。この女性コンスタンス・ロイドとは後に結婚し、2人の子どもをもうけることになります。そしてオスカーは、翌年『婦人世界』という女性誌の編集を始めます

しかし、外聞の悪い投獄中、妻に見放されます。さらに、彼女は自身と子どもの名字を変え、夫と距離を置きました。2人は離婚はしませんでしたが、オスカーは親権を訴え出る責任を感じました。

オスカー・ワイルドの著作

雑誌『婦人世界』の編集者として働いていた7年間、彼は熱狂的な創造性の時代を経験しました。この時、オスカーはほぼすべての文学作品を作り上げていました

『幸福な王子』を含む子ども向けの本も出版しています。また、後に唯美主義の原則を賞賛した一連の作品集『意向集』でエッセイにも挑戦しています。

これらを出版してまもなく、最初で最後の小説『ドリアン・グレイの肖像』を書きます。これはクラシックに分類されますが、当時の批評家はこの小説は道義に欠けていると批判しました。

これはドリアン・グレイという若者の物語です。ドリアンは、自分の肖像画が奇跡的に歳をとり、自分は若くあり続け、不作法で気ままに生きられたらいいのにと願います。

その後、オスカーは『ウィンダミア卿夫人の扇』で劇作家になります。この作品は大成功し、彼はこのジャンルを自分の文学の主体にしようと決意します。

これに続く彼の演劇作品は風刺的であり芸術的で、深く暗いトーンにあふれていました。中でも有名なのが『真面目が肝心』です

オスカーのスキャンダル

オスカーは文学界で成功を続け、またクイーンズベリー侯爵の息子と深い関係になります。この時、オスカーが同性愛者であることは周知の事実でした。

恋人の父親からオスカーの家にある手紙が送られてきました。この手紙が非常に意地悪で、この有名な作家の気分を害するものであったことは、驚くべきことではないでしょう。そこでオスカーは、名誉棄損で警察に届け出ることにしましたが、この決断が、彼の人生を壊すものとなりました

侯爵の弁護士は、オスカーが同性愛者であることをを証明するため、あらゆるリソースを用いました。その結果、オスカーは2年間を監獄で過ごすこととなりました。

想像できるかと思いますが、刑務所でオスカーは身体的、精神的、経済的に厳しい扱いを受けました。そしてしばらくの間、自らフランスに亡命しています。そして1900年11月、46歳の時、髄膜炎で亡くなりました

オスカー・ワイルド

『真面目が肝心』

文字通り「正直であることが肝心」だと言うことを意味する『真面目が肝心』が、オスカー・ワイルドの重要な作品のひとつであることは興味深いものです。

これは、自身の性的指向により人生が台無しになった経験をしたことから、この素晴らしい劇作家が人生における矛盾を書き留めたものだと言えます。お分かりかもしれませんが、当時は同性愛が精神疾患とされた時代です。

裁判や判決の時、メディアは幅広い報道を行い、それはアメリカにも及びました。この投獄が、同性愛差別を終わらせるためのゆっくりとしたプロセスの始まりとなったことは、オスカーには知る由もありませんでした。オスカーは、19世紀ビクトリア朝の厳格な偽善の犠牲者なのです。

オスカー・ワイルドは優秀な作家ですが、残念なことに素晴らし人生を送ることはできませんでした。

彼のレガシーは生き続け、彼の作品は映画にもなっています。オスカーの人生は、不運にも、同性愛が非難される悲劇的な多くの物語の一つです。しかしこれは、私達を反省させ、意識を高めさせてくれるものでもあるのです。

こちらの記事もおすすめ
「イン・ア・ハートビート」:同性愛の男の子を描いたショートフィルム
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
「イン・ア・ハートビート」:同性愛の男の子を描いたショートフィルム

「イン・ア・ハートビート」はソーシャルメディアを通じて話題になっています。このショートフィルムが人気になっているのは、恋に落ちる2人の若者をシンプルに、そして正確に表現しているからです。このフィルムは、恋に落ちた男の子の赤面する姿や、どうなるのか分からない、そわそわした状況を美しく表現していま...