オットー・ランクと出生時のトラウマ

· 2018年12月30日
あなたは生まれたときのことを覚えていますか?有名な心理学者オットー・ランクは、生まれたときのトラウマが人の精神に影響を残し続けると考えました。

オットー・ランクは、オーストリアの精神分析家で、出生時のトラウマについて始めて議題にした人です。彼の中心的な理論では、生まれることが人の最初のトラウマだとしています。突然母親から離れ、守られた環境から厳しい環境に唐突に放り出されることが、私たちにずっと残る衝撃を与えるというのです。

オットー・ランクは、出生時のトラウマはノイローゼの序章であり、それにより私たちが人間の世界に確実に入ることになると考えていました。言い換えれば、それは不可能の領域です。この経験が、私たちに一生残り続ける不安の要素を吹き込むのです。

「ナヴィは人は二回生まれると言う。二回目はあなたが人々の中で自分の永遠の居場所を見つけたときだ。」
―サム・ワ―シントン、「アバター」―

赤ちゃんが生まれる時苦しむのは事実です。出生時のトラウマという概念は、心理学の領域に限ったことではありません。それは医療の領域にも存在します。その違いは、医療分野では医者がそれを解剖学上、生理学上の観点から見るということです。

オットー・ランクの理論は、その考えをずっと超えています。彼はこの初期のトラウマを、私たちの精神と将来の不安の基礎を決定づける初期要素の一つだと主張したのです。彼の考えは、今日でも議論になっています。

胎児の精神

出生時のトラウマについての議論の源の一つは、脳の発達と関係があります。赤ちゃんの脳は経験を、最低でもトラウマという言葉が持つ意味ほど強く覚えておけるほど発達していないと考える人もいます。確かに赤ちゃんは生まれる時に苦しみますが、多くの人はこの苦しみが赤ちゃんの未来の精神的健康を決定づけるものではないと信じているのです。

出生時のトラウマ

しかし、胎児におけるとても複雑な精神現象を示す研究もあります。ニルソン、ロットマン、ルクシュ(Nilsson, Rottman, Lukesch)の行った研究が特に興味深いものです。彼らは、妊娠したくないと思っていた母親のお腹の中の胎児の生活について研究しました。こういったタイプの母親から生まれた赤ちゃんは、以下のような態度を示しました。

  • 無感動症候群:ずっと寝ていたがり、アクティブでない。
  • 多動性症候群:無感動症候群の反対で、すぐに興奮したり泣いたりすることが多い。
  • 食習慣が普通でない。
  • 吐くことが多い。

研究者たちは、母親のお腹の中は、中立的なパラダイスではないと結論付けました。胎児は母親の中の生理学的変化を感じ取り、それらすべては赤ちゃんの将来の態度に影響するのです。

出生時のトラウマ

オットー・ランクは、不安の起源は出生時のトラウマだと信じていました。「不安」という言葉はラテン語の「angere」から来ており、その意味は首が締まる、や窒息するといった意味なのです。人間の一生で最初の苦しみは、狭い産道を通り抜けることであり、それは出てくる赤ちゃんを押しつぶし息苦しくさせます。

研究者の中には、出産時のトラウマがひどいと、その人は生まれたときと同じような感覚を経験することになると言う人もいます。それは訳もない頻脈や頭蓋骨にひどい圧迫感を感じる頭痛、溺れているような、窒息しているような感覚などです。これらすべてはパニック障害の身体的症状です。

出生時のトラウマは大人になってからも

オットー・ランクはまた、出生時のトラウマには強い感情的な要素もあるとしています。それは母親と子どもが引き離されるということです。その結果、出生時のトラウマは身体的感覚に限らず、理想的な状態を失うことでもあるのです。ランクによれば、この経験が全ての喪失感に特に敏感になる深刻な影響をもたらすと言います。

出生時のトラウマをめぐる議論

出生時のトラウマは精神分析の歴史に最も大きな分断の一つを引き起こしました。オットー・ランクはフロイト派の一人でした。しかし、彼の理論はフロイトの中心的な信条であるエイディプスコンプレックスに挑戦するものでした。この理論的不一致が、二人の関係を修復不能にしてしまったのです。

オットー・ランクの出生時のトラウマ理論はあまり広く知られていません。とはいえ、かなりの数の精神分析家、心理学者、医者が彼の考え方を支持しています。実際、彼の研究を支持している人の中には、セラピーに行くことは再び生まれるようなことだと考えています。それはその人の人生の最初のトラウマを克服するということなのです。

出生時のとらうまをめぐる議論

フロイトの理論の方が、ランクの出生時のトラウマよりも確固たるものであることは明らかです。そうはいっても、私たちは今や胎児期の生活や赤ちゃんが生まれてからの数か月についてもっとよくわかってきました。例えばこの時期の赤ちゃんの経験は、まだ神経系が未発達にも関わらず、ずっと残る影響をもたらすということがわかっています。これらの経験は人の経験に衝撃を与えます。それは私たち自身と私たちの人生に影響するのです。

https://exploringyourmind.com/otto-rank-trauma-of-birth/