親が子どもを失望させるとき

· 2018年12月2日

子どもが親を失望させることについて話す人がいます。しかし、意図的かどうかは別として、親が子どもを失望させたときのことは、あまりみなさん気にしないようです。軽視したり、サポート、注意、保護が不十分であることは、大人になってから傷や傷痕として残るサイレントキラーです。

子どもを育てることが簡単でないのは分かります。あまり資金もなく、挑戦も多いです。よい親になったからと言って賞をもらえるわけでもなければ、悪い親だからと言って罰金を支払うこともありません。しかし成功と同じく、失敗は静かに子どもに影響を及ぼすのです。

多くの親が自分の子どもに及ぼしている影響を軽視しています。スタンフォード大学の心理学部によって行われた研究は、時に親が自分のふるまいと行動の影響を見落としていることを示しています。自分が使う言葉、家族以外の人の扱い方などです。

子どもを育てることは、食べ物を与えることだけではありません。食べ物だけが子どもの必要とするものではないのです。ポジティブで充実した視覚的・聴覚的刺激も必要とします。子育ては、適当にやっていいものではありません。子どもの在り方を形成するお手伝いのプロセスです。だから、成長がポジティブになるようにポジディブに行う必要があります。

少年
親が子どもを失望させるとき

家族を育てるのには、愛だけでは十分ではありません。どうやって愛するかを知ることが重要です。時に、愛情を与えすぎて過保護に育てられた子どもは、感情的・個人的成長が促されません。また逆の場合には、子どもの一番を考えて厳しいルール、責任、権威主義的しつけで愛情を表現してしまうこともあります。

様々な方法で親は子どもを失望させてしまうことがあります。多くの場合は、無意識にとてもシンプルな理由で起こります。というものに対する、わい曲された非教育的な見方です。しかし、いろんな方面で成長してほしいと願う時、親は賢く愛します。しっかりした心理的成長を望みます。自立を促進して、もっと子供が自分に自信を持てるように応援するのです。

親は自分のベストを尽くそうとしますが、それでは足りません。そこへ到達しない理由は様々あるようです。それでは、親が子どもを失望させてしまう例を見てみましょう。

未熟な親

とても未熟な性格を持っていて、しっかりと子どもを育てることが不可能な人もいます。責任感の欠落、教育の方向性に一貫性がない、習慣や教育方法の欠落は、深刻な影響を及ぼします。

過去のトラウマを抱える親

トラウマの重荷を抱えて子育てする親もいます。過去のトラウマや未解決の傷、逆境の思い出を生きることは、子育てに影響します。もちろん、2つとして同じケースはありません。一人一人が違って、みんな異なる経験をしています。しかし、これらのケースは極端なふるまいにつながる可能性があります。

自分の子ども時代のトラウマを処理して消化することができないような親もいるということです。これによって不満を自分の子どもに投影してしまうかもしれません。大人が自分の過去に囚われて、過保護になりすぎてしまうこともあります。

親子
子どもに自分を投影する親

達成できなかった夢、プロジェクト、目標で失望することはあります。時にもうすぐ親になる人がこのような感情をため込んで、無意識に未来の子どもに自分のできなかった夢の希望を押し付けるようになります。それが最も意味のあるプロジェクトであるかのように捉えるのです。

この教育の方向性によって、子どもは自分自身の欲望や夢を見つけられなくなります。子どもの幼少期や思春期に悪影響を及ぼすんです。

子どものニーズを満たせない親

親は自分の子どもを選べません。子どもが親を選べないのと同じです。すべての子どもが異なります。みんな異なる性格やニーズを持っています。これらを適切に満たす方法を知っていることは、間違いなく親の最大の責任です。

これらのニーズを無視したり与えなかったりすると、子どもたちの統合性に影響があります。なぜ子供が反抗的になったり、挑戦的な態度を取ったりするのか、親はわからないことがあります。彼らは、このような子どものふるまいが未解決のニーズや不満の現れであることに気づいていないようです。

少女

思っている以上にわたしたちは失望感を抱えています。長く抱えているがために、重みに耐えられなくなってきます。しかし、親が犯したこれらの意識的または無意識的な間違いに、人生の質を制限されてはいけません。

親を許すかどうかはあなた次第です。いずれにせよ、今を精いっぱい生きるには、過去は過去に置いていくことが重要です。もう一つ重要なのは、自分が子どもを育てる方法が、自分の親に育てられた方法に影響を受けないようにすることです。結局、重要なのはより良い未来を構築するために過去から学ぶことなのです。