ピリオドー羽ばたく女性たちー:インドの静かな革命

2019年9月8日
インドでは静かに革命が起こっています。田舎の女性たちが、インド文化における月経の根深いタブーに対する固定観念と汚名を打破する方法を見つけだしたのです。

今回は、Netflixで初公開された素晴らしいドキュメンタリーについてお話します。「ピリオド―羽ばたく女性たち―」は、今日のインドの女性の生活を取り巻く習慣、ステレオタイプ、差別、偏見、タブーについて語っています。

インドの各地で月経に対するタブーを排除しようと多くの運動が起こっています。月経は、多くの国では当たり前のこととして考えられていますが、インドでは女性が直面する最大の壁の1つです。想像もできないような偏見が存在しています。

月経は女性に起こる当然の生理現象の1つですが、人々は何世紀にもわたってそれを隠し、批判し、悪魔化してきました。幸いなことに、インドでは、女性のグループが月経のような女性的なものに対する世界観を本質的に変える方法を見つけました。

静かな戦い

このドキュメンタリーは、デリー近郊のインド、ハプールの農村地域で撮影されました。インドでは女性革命が起こってきていることは間違いありません。しかし、農村部は依然として昔からの習慣を守っている所が少なくありません。そして、伝統や古いしきたりなどに人々を縛り付けています。たとえば、家事は女性の仕事だと考えられていたり、自分の意思で結婚を決めることができず、お見合い結婚がほとんどです。同様に、学校を中退し、母になる以外に将来のない女性もたくさんいます。

近年、ハプールの小さなコミュニティの女性が、文化に深く根ざした差別や偏見に対して静かな革命を始めました。インド文化において月経はタブーです。それに対して、女性たちは覚醒の基盤を築くことに決めました。

生理用ナプキンは最近になってようやくインド市場に出回るようになりました。しかし大都市でしか見つけることができず、生理用ナプキンはほとんどの女性にとって高価であるため、事実上多くの女性が使うことができません。そこで、パッドプロジェクトが始まったのです。彼女たちはハプールの古い半放棄された家を、様々な年齢の女性が自分の生理用ナプキンを作り、売るための工場にしました。

これにより、多くの女性が苦しんでいた問題を解決する方法を見つけ出しました。彼女たちは、女性が自分の仕事に対して経済的補償を受ける共同組合を設立しました。多くの女性が、人生で初めて給与を受け取ったのです。

ご存知でしたか?:
ジェンダー差別の6つの様式

月経と教育放棄の問題

インドの女性にとって、月経に対するタブーがもたらす最も深刻な問題は、おそらく初潮を迎えると学校を中退する女性が多いことでしょう。

実際、月経が始まると、女性が出産の準備を開始するサインであると古代の伝統では言われています。したがって、結婚して子供を持つために他のすべてを放棄しなければならないといまだに信じられているのです。インドの多くの人々は、依然として月経を恥ずべきものと考えています。多くの女性は自分自身を不純であると考え、それが女性が神殿に入って祈ることを妨げています。実際、これは女性の神が奉献された寺院でも起こります。

インドの多くの女性は教育を通じて早婚を逃れる方法を見つけていますが、月経のために学校を自らやめてしまう女性も多くいます。多くの場合、月経のよる出血を綺麗にする適切な場所も提供されていません。またナプキンの代わりに、使用後に埋めることのできるぼろ布を使用しています。そのような布では、学校で快適にプライバシーを守って通うことは難しいのです。

ピリオドー羽ばたく女性たちー インド 革命

パッドプロジェクトとインドの女性

パッドプロジェクトのアイデアは、ロサンゼルス市で生まれました。この非営利組織は、ハプール女性協会が設立した生分解性衛生タオル製造機に必要な資金を集めました。

このプロジェクトがこれらの女性に与えた経済的エンパワーメントは相当なものです。女性たちとその家族に収入を提供するのに役立ちました。それ以外にも、2つのメリットがありました。第一に、女性が地域社会で男性の尊敬を得たことです。第二に、若い女性の教育を支援する資金を払う助けとなりました。

生理用ナプキンのブランドは、フライと名付けられました。彼女たちはプロジェクトの目標のためにこの象徴的な名前を選びんだのです。インドの女性がついに翼を広げて羽ばたくことができるようにと。

こちらもご参考に:
7つの見えない性差別

無知の克服

インドの月経を取り巻く差別と偏見は無知と同義です。ドキュメンタリーは、月経が何であるかを知らないハプールの若者を映し出していました。女性特有の病気だと考える人もいたのです。

この地域の男性たちは、プロジェクトにより、月経について学び、女性と男性の違いについてより理解するようになりました。パッドプロジェクトの女性たちは、いつかインドに根強く残る月経の偏見を取り除くことを望んでいます。

とてもシンプルでアクセスしやすいプロジェクトは、多くの人々の注目を集めました。それは平和的な革命を引き起こし、何世紀にもわたって存在していた無知とステレオタイプが終わるという希望を女性にもたらしたのです。