PTSDの治療に役立つEMDR療法とマインドフルネス

2019年11月25日
EMDR療法とマインドフルネスは、PTSDと呼ばれる心的外傷後ストレスのある人にとって、最も効果的な治療の組み合わせの1つです。本記事では、EMDR両方とマインドフルネスが何であるのか、そしてなぜうまく連携するのかを説明します。

今回は、心的外傷後によるストレスを癒すためのEMDR療法の有効性とマインドフルネスについてお話します。EMDR療法とは、眼球運動による脱感作および再処理法のことで、心的外傷の治療として使われる臨床診療です。

EMDR療法の目的は、心的外傷の影響による過剰な警戒心や侵入の記憶などの症状を軽減することで、最初に使われ始めた時には、ベトナムから帰還した兵士や性暴力の被害者となった女性に用いられました。

EMDR療法は、適応的情報処理(AIP)モデルに基づいています。これは、人間の心は、健康的な方法で私たちに起こるすべてを処理する能力を持っていますが、心的外傷による体験が正しく処理されないことにより、様々な問題が生じるという考え方です。その場合、まず脳がそれらの経験をどのようにコード化したかによって記憶は蓄積され、歪んだ思考や感情、その経験のイメージも同様に保存されてしまいます。

多くの著名なセラピストは、EMDR療法とマインドフルネスの実践を上手に組み合わせています。マインドフルネスとは、私たちの心の中で起こることを意識的かつ判断なしで観察することです。受け入れ、思いやり、そして正直な好奇心がマインドフルネスには必要です。

これらの2つの手法を正しく組み合わせることでトラウマを癒し、PTSDの原因となった出来事を、個人的ではない記憶へと変換するのに効果的であることが証明されています。

PTSD 治療 MDR療法 マインドフルネス

EMDR療法:眼球運動による脱感作および再処理法

アメリカの心理学者であるフランシーヌ・シャピロ氏が、EMDR療法を開発しました。彼女の考えが、初期の眼球運動療法を現在行われている情報処理の最も包括的な模範へと変換しました。現在では、多くの医師がシャピロ氏のEMDR療法を使用しています。

EMDR療法の目的は、単に心的外傷の症状を緩和するだけではなく、前向きな感情を喚起し、心の奥深くに保持されている信念を大きく変えることに焦点を当てます。そして最終的な目標は、患者が抱える心的外傷に関わる行動パターンを変えることです。

EMDR療法においては、妨害するものが何もない限り、自分自身が心を癒す能力を持っていることを前提に、心的外傷を情報処理障害として扱います。

この方法について説明する時によく使われる例えは、皮膚の傷です。皮膚の傷に破片などがついていない場合は、人間には1週間以内に切り傷を自然治癒する力があります。この場合の「破片」は、情報処理能力が機能不全を起こしたことで保存された記憶です。

EMDR療法では、記憶の保存と処理の方法は病理学的であり、それ自体は心的外傷に関わる出来事ではありません。この治療法では、脳を刺激して未処理または未治療の記憶を回復および処理し、正の記憶ネットワークにリンクさせます。この作用が、記憶の自然で適応回復につながり、感情面での犠牲を減らすことになるのです。

こちらもご参照を:「シャッター アイランド」と心的外傷後ストレス障害

EMDR療法とマインドフルネスの連携方法

EMDR療法では、情報処理機能の不全によって保存された記憶(単体で形が無く、そして辺縁系に元の形で積み上げられます)は、意味記憶という形で新皮質で処理されます。意味記憶という形で処理されると、記憶を取り巻く感情を制御するのに役立ち、記憶が首尾一貫した個人的な物語と共に存在することが可能になります。

EMDR療法は、心的外傷による体験に関わる自律神経交感神経系への影響を緩和し、生理学的な活性化が起こるのを大幅に低下させます。

ここからがマインドフルネスの出番です。1972年、EMDRセラピストとして有名なローレル・パーネル博士が、マインドフルネスに興味を持ちました。パーネル博士は、人間の心を実験室として観察し、その分離過程を活用して自分自身の中にある真実を見つけるという類推に特に興味を持ちました。

パーネル博士は、ジャック・コーンフィールドやジョセフ・ゴールドスタインなどのマインドフルネスの先駆者によるトレーニング・リトリートを修了後、EMDR療法とマインドフルネスを連携して使用し始めました。

チベットの僧の多くは、思いやり、力、知恵などの重要な資質を培うために、視覚化と想像力を活用します。マインドフルネスはヨガトレーニングの一部であり、深いレベルで自分の身体を認識に焦点を置きます。マインドフルネスは、情報を判断する代わりに情報を体験するのに役立つのです。

続きを読む:15日であなたの人生を変えるマインドフルネス

PTSD 治療 EMDR療法 マインドフルネス

現在の瞬間に焦点を当てる

EMDR療法とマインドフルネスはどちらも「現在」に焦点を当てています。これは、患者が意識的に心的外傷の原因となった出来事やうつ症状を、心の一時的な出来事として再構成するのを助けます。

結論として、EMDR療法とマインドフルネスという2つのアプローチは、長い間心の奥深くに閉じ込められたトラウマを解放するように設計されています。

患者が過警戒状態から抜け出し、最終的にトラウマと原因となったストレスの多い記憶を健全な方法で処理するのに役立つのです。

  • Shapiro, F. (2017). Eye movement desensitization and reprocessing (EMDR): Basic principles, protocols, and procedures. (3rded.). Guilford Press.
  • Boyd, J. E., Lanius, R. A., & McKinnon, M. C. (2018). Mindfulness-based treatments for posttraumatic stress disorder: a review of the treatment literature and neurobiological evidence. Journal of psychiatry & neuroscience : JPN, 43(1), 7–25. doi:10.1503/jpn.170021
  • Hase, M., Balmaceda, U. M., Hase, A., Lehnung, M., Tumani, V., Huchzermeier, C., & Hofmann, A. (2015). Eye movement desensitization and reprocessing (EMDR) therapy in the treatment of depression: a matched pairs study in an inpatient setting. Brain and behavior, 5(6), e00342. doi:10.1002/brb3.342
  • Linde, Jason N. (2019). Mindfulness and EMDR Therapy. Pychology Today