プロパラノロール:不安と偏頭痛の薬

· 2018年9月9日

プロパラノロールはおそらく、社会不安障害のために使われる薬として最も知られているものでしょう。これはとても効果のある弛緩薬で、頻脈、一般的な緊張、発汗などに効きます。β遮断薬は偏頭痛などの頭痛の治療にも処方され、扁桃炎に悩まされてきた人の心臓の問題を防いでくれる可能性さえあります。

ぱっと見たところ、この薬は「魔法の弾丸」のように思えるかもしれません。しかし、この反応メカニズムは、たった一つのとても特殊な側面にのみ基づいています。それは、β遮断です。その有効成分プロパノールは、アドレナリンやノルアドレナリンに反対する作用があります。したがって、血圧や心拍を下げ、不安に関係する心理的症状を軽減してくれるのです。

プロパラノロールはβ遮断薬です。血圧を下げ、不安、震え、頭痛や偏頭痛に効果があります。

プロパラノロールは社会不安障害やあがり症などの治療として最も一般的なものの一つです。しかし、薬に頼る人の中には、それをほぼ「気持ちの支え」のようなものとして使っている人もいるということが、今日よく知られています。恐れや不安、心配を抱いたときは毎回この薬に頼ってしまうのです。

不安に聞く薬

社会不安障害

数年前デイリー・メールが、プロパラノロールの私たちの社会への影響について議論した記事を出版しました。この薬を使う人の中には、感情をコントロールする代わりにそれを隠すために薬を使用している人がいるというのです。こういった感情によって引き起こされる心理的反応を鈍らせようとします。どんな犠牲を払っても、その犠牲が自分の健康であったとしても、しっかり機能できる状態でいることを選ぶのです。

この記事では、数人とこの問題を話し合いました。例えば、30歳のローラ・ウッドワードもその一人です。彼女は十代の頃からこの薬を飲み続けています。この薬のおかげで、不安を生むような状況にも対処することができるのです。例えば友達と会ったり、試験を受けたり、運転したり、パーティーに行ったり、何かの予約をしたりするときなどです。

ロンドンのプライオリー病院のメンタルヘルスに特化した顧問精神病医であるナターシャ・ビジラーニ医師は、ウッドワード氏の例は特殊な例ではないと言っています。不安の原因を知ろうとすることなくその治療法を探し求めている人はたくさんいます。こういった毎日の状況にどうやったらより良く反応できるかということは考えないのです。

ですので、この薬に依存性はありませんが、ある意味人はこれに依存してしまうのです。リラックスし、自分の身体をよりうまくコントロールすることは、いつもポジティブでメリットのあることです。しかし、自分の感情や心を理解してコントロールする方がずっとメリットのあることなのです。そうすれば、どんな状況にも対処できるからです。

自分の心と向き合いましょう

プロパラノロールの使用

この薬はたくさんの面で役に立ちます。指摘したように、主な作用は、アドレナリンとノルアドレナリンのホルモンを抑制し、ストレスや生理学的過剰反応を和らげることです。

さて、プロパラノロールのほとんどの性質は、循環器系に集中しています。交感神経系の活動を抑えることで、心拍や震え、発汗、消化不良などを減らすことができます。効果があるのは、

  • 狭心症や心筋梗塞を経験した患者。
  • 偏頭痛や緊張性頭痛がする人。この薬は血管拡張薬であるため。
  • 甲状腺の問題。
  • 緑内障(高血圧に関係するもの)

副作用

プロパラノロールは向精神薬というだけではありません。この薬の医療での使用は、精神医学の領域をとうに超え、その作用から推測できるように、心臓の問題を抱える人には実質的になくてはならないものになっています。それでも、この薬に副作用がないわけではありません。欲しいときいつでも飲んでいいというわけではないのです。

通常と同じく、専門家に処方してもらい、その服用を管理してもらう必要があります。プロパラノロールは濫用すると総体症状に反することがあるからです。副作用については以下を見てみましょう。

  • 極端な疲れを感じること。
  • 心拍が遅くなること。
  • 特に悪夢など、夢への変化。
  • 手足が冷たくなること(心拍がゆっくりになることで、末端の血液循環が悪くなります)。
  • レイノー病:指のしびれやけいれん、痛みと熱いような感覚。
用法容量を守って

最後に、この薬は喘息、低血圧、腎臓の問題、肥満に使用してはいけません。かかりつけのお医者さんに相談するのがベストです。

まとめると、プロパラノロールは、特に社会不安障害には便利です。しかし、化学物質は症状を和らげることにのみ効果があるのだということを忘れないようにしましょう。それは問題を解決できないのです。そのためには、精神療法の力を借りましょう。