歴史は繰り返すのか?ストラウス-ハウ世代理論

ニール・ハウとウィリアム・ストラウスは、80年または90年ごとに、世界は大きな危機を経験するという理論を提唱し、本を出版しました。興味深いことに、1990年代の時点で、2020年に危機が発生すると予測したのが彼らでした。
歴史は繰り返すのか?ストラウス-ハウ世代理論

最後の更新: 31 12月, 2020

ニール・ハウは、90年代に発表されたストラウス-ハウ世代理論と呼ばれる物議を醸す理論の著者の一人です。この理論は、ここ数ヶ月で再び多くの人の興味を刺激しました。これは、経済学者と人口統計学者が、アメリカは2020年に大きな危機を迎えると予測したためです。

予測は、ニール・ハウが自らの研究で発見した歴史的パターンに基づいていました。ハウは、同僚のウィリアム・ストラウスとともに、アメリカや他の国々での重要な変化が世代の交代と密接に関連していることを発見しました。彼らはそれぞれの世代が20〜23年周期で起こると測定しました。

ストラウス-ハウ世代理論によると、多くの国が4世代ごとに決定的な変化を遂げています。ハウとストラウスは、それを約80年から90年と計算しています。彼らは、この期間が終わると、社会的および政治的構造に急進的な変化が起こると主張しています。

「原型となるサイクルが繰り返される理由の1つは、それぞれの若者の世代が、中年世代の権力を過剰なものとして認識して、修正または補償しようとするためです。ブーマー世代(価値観、個人主義、内面の生活に焦点を当てた預言者世代)がミレニアル世代(行動、コミュニティ、制度的生活に焦点を当てたヒーロー世代)を生み出したのは当然のことです。」

-ウィリアム・ストラウス-

歴史は繰り返すのか ストラウス-ハウ世代理論

ストラウス-ハウ世代理論

ニール・ハウの最初の研究は、1991年に『世代(Generations)』という題名の本として出版されました。その後、ハウとストラウスは、1997年に出版された『フォース・ターニング−第四の節目(Fourth Turning)』で世代理論について書いています。ハウとストラウスは、この著書の中で2020年の重大な危機を予測しました

著者たちが、パンデミックについて具体的に言及したことはありません。彼らが予測したのは、経済的および政治的危機に伴う重大な社会不安でした。ハウとストラウスはアメリカだけでなく他の国においても、1年の季節の移り変わりのように機能する主要な危機のサイクルを経験すると考えています。

ハウとストラウスの研究では、世代サイクルが重要な歴史的な出来事と一致していることも示しました:名誉革命、アメリカ独立戦争、南北戦争、第二次世界大戦、そして大恐慌です。

4つの世代

ニール・ハウとストラウスは、4つの異なるタイプの世代を提案しました。これらのタイプはそれぞれの具体的な原型に合致しています。研究者によると、第一の節目(ファースト・ターニング)、つまり各サイクルの最初の世代は季節でいう春に相当します。これはその前の大きな危機に続く世代です。

第一の節目は、強力な制度と組織的進歩の過酷な観念を備えた秩序ある社会へとつながります。個人主義は存在しませんが、代わりに、「多数決」の精神が文化を形成します。ハウとストラウスはそれをサイレント・ジェネレーションと名付けました。

第二の節目または第二世代は、季節では夏に相当します。前の世代である第一の節目とは逆の振る舞いが特徴です。この世代では、個人主義が高く評価されており、人々は前世代が設定した規範に適応するのに苦労します。

第二の節目は、情熱的でとても創造的な世代です。その特性は、重要な文化的な変化や価値観の変化を生み出すのに役立ちます。この世代の人々は、宗教的な変化を助長する傾向があるだけでなく、他の多くの分野で「目覚め」を促進します。

秋と冬の世代

第三の節目は季節では秋と一致します。ここで、第二の節目の個人主義は無責任と考えられ、その結果、第一の節目に確立した共同体や集団という概念や社会秩序が崩壊し、本質的に消失します。ハウとストラウスは、皮肉と悪い行動がこの世代を定義していると主張しています。

第三世代の人々は、個性の表現を最大限に発揮します。その結果、不平等と不公正に焦点を当て、個人の自由を優先します。また、市民としての義務感などは非常に低い世代です。

サイクルにおける第四の節目または第四世代は、季節では冬に相当します。冬には、主要な政治的および社会的な危機が発生するときです。この世代は、市民のアイデンティティとコミュニティの価値を再発見します。ハウとストラウスは、このサイクルがしばしば戦争や武力紛争に合致すると考えています。

歴史は繰り返すのか?ストラウス-ハウ世代理論

2020年の抜本的な変革

ストラウス-ハウ世代理論は、歴史の中で、自分たちが提唱するサイクルを識別します。 特にアメリカだけでなく、東ヨーロッパ、南アジア、東アジアにおいても、第二次世界大戦以来、全世界が同様のサイクルを経験していると主張しています。

ハウとストラウスは、今後数年間で、政府がより多くを実行することへの急進的な需要が多く見られると予測しています。 そして、急進的な保守主義は力を失う可能性があり、順を追って、より社会志向の選択肢へと道を譲ると考えています。

結論として、ニール・ハウは世界がすでに第四の節目の後半にあると考えています。ハウとストラウスが正しければ、大きな変革が間近に迫っています。 彼らはまた、大規模な武力紛争の可能性を予測しています。 ストラウス-ハウ世代理論を信じるなら、今後数年で急進的な変化が起こります。 彼らの理論が信頼できるかどうかはすぐにわかるでしょう。

こちらの記事もおすすめです。
フリオ・コルタサル:アルゼンチンの知識人の人生
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
フリオ・コルタサル:アルゼンチンの知識人の人生

フリオ・コルタサルは素晴らしい語り手でした。「石蹴り遊び」で私達を惹きつけ、日々の生活が特別で予測できないものであると教えてくれました。彼ほど反響の大きいラテンアメリカの作家はいません。彼のレガシーは、これからも、多くの世代に大切にされるでしょう。



  • Howe, N., & Strauss, W. Millennials Rising: la próxima gran generación.