離婚後の時間管理に役立つ5つの方法

05 3月, 2020
離婚を経験した後、どう時間管理をすれば良いかご存知ですか?何の予定もなく、やることも何もない…かつては活気に満ち溢れていたように見えたのに、今は空っぽになってしまった…。この記事では、人生におけるこのような時期に対処するのに役立つヒントをいくつかご紹介します。

離婚を経験した後、人はまず時間管理が難しいことに気づくでしょう。誰かと長年一緒にいるとルーティンができてしまい、それを破るのが困難になります。物事をある特定のやり方で行うのに慣れているのに、離婚後はそれら全てが消え去ってしまうのです。つまり、夜デートをしたり公園を2人で歩いたりするのはもはや過去のものになったということです。そして暇な時間がたくさんあり、何をすれば良いのかわからない状態になります。

これはとても辛い状態でしょう。特に友人たちが元パートナーの友だちでもあった場合や、彼らとの友情を育むための時間を十分に持てていなかった場合にはなおさらです。このようなことは非常に一般的であるとは言え、離婚の後どのように時間管理をすべきか学ぶことで、この問題を解決することができます。

1. 自尊心に働きかける

論説『離婚した女性たちの離婚の知覚』で述べられているように、離婚により自尊心やアイデンティティが傷ついてしまう恐れがあります。だからこそ、離婚をして自分のことを気に掛けるための時間が十分ある今、自尊心に働きかける必要があるのです。

自分の感情をどのように維持しコントロールすべきかを学ぶために、ワークショップに参加してみましょう。自己愛についての講義や、人生においてどうポジティブな物事に感謝していくべきかをテーマとする講演を聞きに行ってみてください。後者の取り組みを行うために、自分が感謝の気持ちを持っていることを反映する日記を書いてみるのもいいでしょう。深い悲しみに沈んでいる時こそ、日記を読むことが抱えている問題に関する新たな見通しを得るのに役立つかもしれません。

離婚後 時間管理 方法

2. “自分だけの時間”を楽しむための計画を立てる

一週間の初めに、やりたいことを全て書き出してみましょう。例えばブックフェアに行きたい、博物館に行きたい、町歩きをしたい、毎日1時間は運動したい、などといった具合です。このように“自分だけの時間”を楽しむための計画を立てていれば、離婚について考えたり思い悩んで寂しく時間を潰したりせずに済むでしょう。そして、散歩に出かけるにせよランニングをしたり一人で映画を観に行くにせよ、自分だけで過ごす時間というのはとても大切です。離婚というのは、ひとりぼっちの自分を労わるには良い機会であると言えるでしょう。

“一人ぼっちでいても心地良く過ごせるようになるまでは、相手を選んだのが愛のためなのか孤独から逃れるためなのかが決してわからないでしょう”

-マンディ・ヘイル-

3. 夢を叶える

離婚の後、時間管理をする方法を学ぶことができたら、次は一度は諦めてしまった夢を追いかけてみてはいかがでしょうか。旅に出たり休暇をとったり、再び学校に通ったりビジネスを始めたり、本を書いてみたりと、可能性は無限大です。

今あなたは破局を経験し、時間はたっぷりとありますし自分自身のことに集中できる環境にいるはずです。かつて挑戦しようとしていたあらゆることを行ってみてください。積極的に自分自身に働きかけることで、自尊心を高めたり一人の時間を楽しむことに繋がります。

離婚後 時間管理 方法

4. 友人たちと再会する

友人たちと久しぶりに集まるのは、社交の輪を強めるには素晴らしい方法です。しかし彼らが結婚後のあなたに見捨てられた、と感じている可能性についても考慮しておく必要があります。さらに、昔は交流があった人々も現在はもう別の人生を歩んでいるかもしれませんし、別のことで忙しいという場合もあります。

“人生では、たくさんの人たちが現れては消え去っていきます。しかし真の友人たちのみが心にその足跡を残してくれるでしょう”

エレノア・ルーズベルト

5. 新たな出会いを求める

最後のヒントは、社交の輪をもう少しだけ広めることに関連しています。旧友たちと再び関わりを持つことも重要ですが、彼らにも配偶者や子どもがいたりして一緒に出かける計画を立てるのが難しい場合もあります。だからこそ、自分と同じような状況にある人と新たに出会うことで、大きな一歩を踏み出せるかもしれません。

グループやワークショップに参加することで、新しい交友関係を築きやすくなるでしょう。その新たな友人たちがいれば、現在感じている空虚感に耐えるのが少し楽になるはずです。彼らが元パートナーの代わりになってくれるわけではありませんが、人生を再びやり直すための手助けをしてくれるでしょう。

離婚後 時間管理 方法

“自分だけの時間”や社交生活を大切にできれば、離婚後の時間管理が実現可能になります。これら二つの丁度いいバランスをみつけ、自分自身にも仲間にも上手く時間を割くことができれば、気分もきっと回復していきますよ。

  • Alberdi, I. (1979). Historia y sociología del divorcio en España (No. 9). Cis.
  • Houle, R., Simó, C., Solsona, M., & Treviño, R. (1999). Análisis biográfico del divorcio en España. Reis, 11-35.
  • Testor, C. P., Pujol, M. D., Vidal, C. V., & Alegret, I. A. (2009). El divorcio: una aproximación psicológica. Universidad Ramon Llull2, 39-46.