ロマンチックな愛を台無しにする3つの要因

· 2018年10月30日

科学者の研究や思想家の分析にもかかわらず、男女の間の愛というものはいまだに不思議の多いものです。それでも、2人の人間の間に何が起こるかは、少しずつ明確になってきています

交際は、過去に比べると不安定になりました。これにはメリットもデメリットもあります。交際を始めて終わらせることができる自由は、 偽善や宿命論に対する勝利です。同時に、対立に対処する能力がなくなってきました。結果、より多くの人が一人でいることになっています。

理想的な世界では、交際関係は続くために構築されます。カップルは、最初の勢いをいずれ手放し、そこから一緒に成長して、強固な絆を築き上げるのです。 だからこそ、交際を終わらせてしまうような要因を見てみることが重要です。もしそのサインを理解できれば、完全に終わりを迎える前に行動にうつせるかもしれません。

「愛する人がいなくなる時、自分の手で止めようとして、心までつかまえることができると期待します。しかし、そういう風には機能しません。心には見えない足があるのです。」

-フェデリコ・モッチャ-

 

1. コミュニケーション不足

パートナーとコミュニケーションを取ることは、何か新しいことや面白いことを話すだけではありません。それよりも実はシンプルです。今考えていること、今感じていることを口にするだけで十分です。逆に、悪いコミュニケーションはもっと複雑です。嘘、保留、操作などは、コミュニケーションを難しくします。より多くの物理的エネルギー、感情的・知的努力を必要とします。

会話

恋愛を終わらせてしまう要因の一つは、間違ったコミュニケーションパターンを使ってしまうことです。何か言いたいとき、別のことを言ってしまう時です。あるいは、ボディーランゲージが言葉と真逆のことを表わしている場合です。どちらのパターンも、コミュニケーションではなく操作をするためのものです。

会話は交際において重要です。言わなかったことによって引き起こされた傷は、決して癒えることがありません。劣悪なコミュニケーションで関係を終わらせないでください。良いコミュニケーションをとるようまず自分で努力して、それからパートナーを巻き込みましょう。自分の感じていること、望むこと、その表現の仕方を理解しましょう。

2. 単調さ

単調さは良く誤解されています。一人でいようがパートナーといようが、人生にはうんざりするような瞬間はあるものです。ルーティーンは常に存在し、楽しいばかりとは限りません。 人生を常にパーティーや素晴らしい冒険と見ている人はほぼいません。 退屈は存在します。誰だって、どんなに人生が楽しいものでもいつかは感じるはずです。

人間は停滞した状況にとどまってしまうことがあります。これによって抑圧的な繰り返しの輪になり、そこから抜け出すのは不可能に感じます。人生が同じことの終わりない繰り返しになっていくのです。新しいものや変化の余地はありません。

このタイプの単調さは、ロマンチックな愛を殺してしまいかねません。このような場合、ルーティーンが感情を鈍感にし、麻痺させ薄めてしまいます。これによって、交際関係が終わってしまったり、片方が新しい関係を始めてしまったりします。

亀裂
3. ハネムーン期 (理想化)を乗り越える

これ自体はロマンチックな愛を殺してしまう要因ではありません。ここお話しているのは、恋愛関係における柔軟性の欠如です。このような重要な時には、どちらのパートナーもお互いと交渉して適応していかなくてはいけません。そうすることで共存がプラスになり、関係を浸食するものではなくなります。

ハネムーン期は、相手の人を理想化するときです。強い感情の中で自分の判断力を失います。現実をそのまま見ることができません。その代わりに、万華鏡のように物事を見ます。これが理想化です。この愛のイメージはあまり正しくありません。

しばらくすると、このようなわい曲がなくなっていきます。すべてがうまくいけば、愛情とお互いの理解が関係を強固にして、強くしてくれます。一方、この時期に破局も起こります。パートナーの本当の姿を見て感じた落胆があまりにも耐えがたくなるのです。完璧だった人が、欠点だらけに見えます。だからこそ、この点は関係が強くなることも終わることもある時期なのです。

これらはロマンチックな愛を台無しにする唯一の要因ではありません。しかし、ご紹介したものはよくある要因です。時間を取って考えて、関係の質を改善し、もっと安定させるために努力する必要があるかもしれません。