サルバドール・ダリの驚くべき7つの名言

· 2018年10月11日

サルバドール・ダリの名言は彼の存在を象徴したようなものです。明白で驚くものです。そして力強いものが多いのも特徴です。人々の注意を引き、色々な議論を呼ぶ人物だったので、当然のことでしょう。

彼はカタルーニャ出身の芸術家で、1904年に三代目のサルバドールとして育てられました。彼の父が1番目で、2番目はサルバドールが生まれる前に幼くして死去した兄です。彼の両親はサルバドールを兄の墓に連れて行き、あなたは兄の生まれ変わりだと伝えたそうです。この言葉は彼の人生に大きな影響を与え、そのため、アイデンティティーの崩壊という深刻な問題に悩まされました。

スペインだけに止まらず、世界中から、サルバドール・ダリは超現実主義の主な一人として知られています。彼の芸術作品の中では絵画が最も有名ですが、他にも写真家、舞台美術家、彫刻家、版画家、作家としても活躍しました。

サルバドール・ダリの「違い」についての名言

ここで紹介するのは、あなたとは違う人々について言ったサルバドール・ダリの名言です。彼はこのように言いました。「私は、私と同じような考え方の人といるときよりも、私と全く逆の考え方をする人といる方が興味深い話ができる。

これは、他の偉大な思想家も共感している考え方です。ダリは謙虚であったとは言い難いですが、この名言からわかるように、知的な分野で彼が欲していたものは、肯定ではなく対比でした

ダリ1

知性と野望

ダリには現実的な面もありました。彼は、そのエキセントリックな面を利用して自身と作品を売り込んでいると責められることが多々ありました。この点について、例えば遠回しな表現でこのように言っています。「野望のない知性なんて、羽のない鳥のようなものだ。

サルバドール・ダリの名言の多くは彼が現実的で、地に足がついた人物であったことを反映しています。そういった風には見えなかったかもしれませんが。この名言からすると、彼にとって野望はとても大切なものだったといえます。

超現実主義

超現実主義は、20世紀で最も重要な文化的傾向です。サルバドール・ダリはこれを理論づけ、説明しようとした名言をたくさん残しています。その一つは「超現実主義は破壊的である。しかし、壊すのは人間のビジョンを制限している束縛だけである。

この名言のとても興味深いところは、破壊の観念について述べているところです。ネガティブな意味ではなく、創造力には不可欠なものだとしています。新しいものを築いたり、物を排除したり、過去をきれいにし前に進むためには、何かを壊すことが必要なのです。

狂気とピエロ

ダリは狂気にとんだ人物だとされてきました。彼は、どんな状況でも、周りの人を気まずくさせたり、注目を浴びたりすることに喜びを感じることを、決して隠したりしませんでした。しかし、その姿勢の裏で、彼は賢く思慮深い人間でもありました。

次は、サルバドール・ダリのそんな一面を表した名言です。「ピエロなのは私ではない。むしろ、真面目さを装って、その狂気さを隠そうとしている、恐いくらい冷静で無意識にナイーブな社会である。」この名言で彼は、真面目なのは合理的であることだ、という考えに対し、真面目さはマスクにすぎないという考えを用いて見事に問いかけています。

ダリ2

真の画家

絵画についての名言も忘れてはいけません。美しい名言が一つ「真の画家とは、何もない砂漠の真ん中にでさえ、偉業的な場面を描ける者だ。真の画家とは、歴史的暴動のなかでも、静かにゆっくりと1つの梨を描ける者だ。

他の芸術家とは違い、ダリは政治には無関心な立場を貫こうとしました。ナチスに共感していると批判を受けたこともありましたが、その度に否定していました。いずれにせよ、上の名言からわかるように、彼は、彼の生涯で起きた「現実」の出来事よりも、芸術と想像を重視しました。

現代の若者

サルバドール・ダリの、滑稽ですこしふざけた名言も紹介せずにはいられません。この名言では、若者たちのことをこのように言っています。「今の若者の一番の悲劇は、私がもう若者でないということだ。

この言葉からわかるように、ダリは自分を笑い者にする術も知っていました。この場合では、皮肉を使って、彼の弱い面を見せています。その後ダリを見てみると、彼が異常なナルシストであったというのが噂であったように思えます。

他人の興味の描写

サルバドール・ダリがよく知っていたのは、注意の引き方です。彼は、正直にこの名言を残しています。「人の興味を惹きつけたければ、誘発しないといけない。」 彼以外に、この名言にしっくりくる人がいるでしょうか。

ダリは、挑発的な人物でした。先入観と習慣を問うことが大好きでした。彼の一番の強みは、現実を、どんなようにでも彼が思うように表現したことでしょう。これは彼の毎日の生活にも、彼が残した芸術作品にも言えることです。また彼の才能の根源でもあります。

ダリ3

サルバドール・ダリの名言だけでは、彼がどれだけ偉大な人物だったかを表し切ることはできません。愛されたり、嫌われたり、どちらにせよ彼が偉大な人物であったことには間違いありません。現実の見方を変えたサルバドール・ダリへの尊敬の証として、今日は彼の名言を少し紹介しました。