さまざまな科学的手法について学びましょう!

2019年10月4日
この記事では、最も一般的な科学的手法についてご紹介します。

科学的な方法を使用することで何かの答えを得たり、調査を定義および整理することができます。認知の手段として、科学的方法は研究の目的を反映しています。この科学的方法には経験法と理論法があります。

仮説を証明し科学的な質問に答えたり、議論するための基盤となったりなど、経験法を用いるとデータと事実を発見および蓄積することができます。

理論法においては、経験法で得られた結果を体系化して分析できます。よって、科学的問題の結論を導き出すのに役立ちます。経験法は、理論法を使用しながら理論を練る手がかりを与えることもできます。

科学的手法

さまざまな種類の科学的手法

理論法は調査の方法に従って分類されます。その種類は以下の通りです。

分析合成法

分析合成法は、分析および合成的プロセスを指します。分析は、全体とその品質、複数の関係、プロパティ、および構成要素を分解するのに役立つ論理的プロセスです。

一方、合成プロセスは、以前に分析されたものの組み合わせを確立します。要素の一般的な関係と特性を明らかにすることができます。

分析および合成プロセスは、弁証法として機能します。研究中、どの段階にあるかによって、どちらかが強くあらわれます。同様に、このメソッドを使用して情報を検索および処理することが可能です。

ご存知でしたか?:
本物の愛の科学:心と体の交わり

帰納法と演繹法

演繹法とは「これが正しいのではないか?」という仮説の正解を立て、それを証明していくことを指します。一方、 帰納法は実験や観察を通じて、個別の事例の共通点と違いを洗い出し、それらを統合する事で見えて来た事柄を、一般的な法則へと導く方法のことです。

主に、この方法は2つの逆のプロセスを表しています。英国の哲学者フランシス・ベーコンは、研究方法として帰納法を最初に提案した人物です。ベーコンは、知識を得たいなら、自然を観察するべきであると言っています。それを使用して、データを収集し、そこから一般化するのです。

現在、このプロセスは帰納的推論と呼ばれ、次の手順に従って実施されます。

  • 観察
  • 公式化
  • 検証
  • 定説
  • 法則
  • 理論

したがって、帰納と演繹は互いに補完します。帰納法により、ケーススタディに共通するものの一般化を確立できます。そして、これらの一般化に基づいて、論理的結論を演繹します。

こちらもご参考に:
共時性:奇妙な運命の科学

仮説演繹法

仮説演繹法は仮説から始まります。帰納法によって仮説を立て、演繹法と帰納法を組み合わせて仮説を検証します。これらは、原則または法則に基づいているか、経験的データを通じて確立されています。演繹法により、経験的検証を通じ検証できる予測に到達可能です。この方法は臨床診断においてよく利用されています。

歴史的論理法

物事の本質を発見するためには、論理には歴史が必要です。この方法を使用すると、論理的な展開を通じて事実を説明できます。また、科学的問題の背景情報を調査することができます。

科学的手法

遺伝的方法

対象の進化とその進化を左右する要因を研究する際に使用されます。調査を通じて、横断的調査を行うこともできます。

類推的方法

同様の現象間の関係または結果を推測することで構成されます。この方法を使用して、新しい知識を作成できます。たとえば、同様の履歴期間の結果を推測することができます。

モデリング法

モデリング法では、調査を行うのにモデルを作成します。最初に、研究対象を定義します。そのあと、研究対象に関して、必須要素と非必須要素とに分離する必要があります。本質について明確なアイデアを確立でき、現実からの抽象化がモデルとなります。

体系機能法

アリストテレスの有名な言葉に「全体は部分の合計に勝る」というものがあります。これは、パーツをただ集めただけでは機能せず、全体には部分の総和以上の構造が存在していることを意味しています。この概念に基づいて、新しい知識を作成するために構築された方法です。

体系化法

この方法は、科学的方法の開発に関係しています。主に、データまたは情報、経験の体系化に使用されます。

科学的手法

今回ご紹介してきた方法は、大きく2つに分けることができます。まずは、研究メソッドがあります。これは、経験的手法、分析合成法、歴史的論理法、遺伝的方法、および情報の体系化にあたります。

一方、新知識を理解するためのメソッドがあります。仮説演繹法、類推的方法、体系化法、帰納演繹法、モデリング法、および体系機能法がそれに分類されます。

いずれにせよ、完璧な方法論は存在しないことを覚えておいてください。あるメソッドは、他のものよりリスクは低いですが、時間がかかります。一方ミスが引き起こされやすいけれども、結論が出るのが早い方法があります。それぞれにメリットとデメリットがあることを留意してください。第二に、メソッドから導き出されるものと同様に、知識が重要であることを理解してください。

  1. Rodríguez Jiménez, A., Jacinto, P., & Omar, A. (2017). Métodos científicos de indagación y de construcción del conocimiento. Revista EAN, (82), 179-200.
  2. Dávila Newman, G. (2006). El razonamiento inductivo y deductivo dentro del proceso investigativo en ciencias experimentales y sociales. Laurus, 12, 180-205.
  3. Behar Rivero, D. S. (2008). Introducción a la metodología de la investigación. Shalom.