セフレ

· 2019年1月4日

セフレという言葉の意味を知っていますか?時の流れと共に、ロマンチックな交際の中で重要視されてるものが大幅に変わってきているようです。昔は、結婚というシステムの安定が最も重要でした。結婚することは、子どもを育てるための社会的な正当性と適切な環境を生み出す唯一の方法でした。

後に、ロマンスと自由のバランスが、若いカップルの間で重要視されるようになってきます。交際することは、家族から独立した人生を生きるドアを開いてくれました。それだけでなく、20世紀のロマンチックな映画のようなシーンを生きることが可能になったんです。

では、現在の傾向はなんでしょうか?多くの人がただの感情や感覚以上のものを求めています。満足のいく、ユニークで、激しい感覚を求めています。多くの若者たちが性的な自由を何よりも大切にしているのです。人間の性的行為のすべてを自分のために発見したいと思っています。

セフレは、お互いを知っていて、それなりにうまがあって、お互いを魅力的だと感じます。しかし、友人関係以上のコミットメントを必要としません。

セフレ関係における感情で際立って見られるのは、性的な魅力です。愛で言う、「科学反応」の部分が強いということです。

「わたしのセフレは、お互いがそういう気分になって会いたいときだけ会う人。彼氏彼女の関係じゃないけど、優しさと愛情は持ってお互い接してる。セックスはするけど、交際関係のコミットメントはないの。」

ハグ

性的魅力は、自分の気にしている人にキスしたりハグしたりしたいと感じさせる感情です。しかし、性活動は必ずしもその人との間に親密性が築かれたことを表わすわけではありません。親密性は、考えや感情を共有して芽生えます。同じように、性行為に及ぶからと言って、その人にコミットメントがあるということではありません。コミットメントとは、つらい時も良い時もその人と一緒にいるという決断です。

性的魅力、親密さ、コミットメント

愛には3つの性質があると聞いたことがあるかもしれません。性的魅力、親密さ、コミットメントです。この3つのうち、セフレには性的魅力があります。親密さに関しては不完全であり、コミットメントに関しては、ほんの少しまたは皆無です。セフレを持つ人は若く、短い交際期間を築く傾向にあるからです。

「一緒に出掛けて楽しんだりダンスしたりセックスするのは好き。お互いへの魅力は本物よ。」

若い時、ロマンチックな関係は肉体的な魅力によるところが多くなります。少し年を取って20~25歳くらいになると、内面的な性質ももっと大事にするようになります。青年期の終わりごろには、男性も女性も親密さと信頼により重きを置きます。

いくつか短い交際を経て、人はより長続きするような関係を求めるようになります。10代の時には、楽しいから交際します。デートしたり、パートナーと楽しいことを計画します。こういった交際関係は真剣ではなく、未来のことはあまり考えていません。

セフレにはどんな権利があるか?

セフレでいることのメリットは、コミットメントのプレッシャーがないことです。普通の友達になろうと思えばなれます。しかし、感情の関わらないセックスを求めているだけの人もいます。

こういう場合は大体一夜限りの関係になります。パーティーやバーで出会ってセックスしてお終い、という関係です。しかし、そこには全く感情はなく、大抵2度とお互いに会うことがありません。

キス

セフレ関係は、より深い親密な関係に発展する可能性があります。一方、誰か別の人に出会ったら突然終わってしまうこともあり得ます。お互いのことが好きで、気にかけて、性行為には及ぶもののコミットメントが存在しないため、セックスフレンド、セフレと呼ばれています。

セフレは、既婚者かもしれないし、独り者かもしれません。いずれにせよ、自分たちの未来に関してはあまり考えていません。遅かれ早かれ、関係は終わりを迎えます。お分かりいただけるように、セフレと交際関係の違いは、コミットメントです。セフレは未来を共有しようとは考えていません。しかし、お互いへの愛情を示します。