精神科医として患者をどのように見ているか?

04 11月, 2017

相談を求める大多数の人々は、不安定な状態を改善するために相談を求めざるを得ない状況にあります。 治療を求める患者は、岩に打ち付けられるような衝撃を受けコントロールを失いそうな状態にあることが多いです。精神科医は患者の強さと勇気がどれほど素晴らしいかを見いだし、言い訳をするのではなく問題に直面させる役目を負っています。

精神科医の役割に対する社会的な認知に関わらず、患者は生活を再調整する手段として治療に入ります。 自分を不安定にした行為、習慣、思考を無くすことを学ばなければならないのです。

私は、無知と恐怖に満ちた社会が押し付ける「クレイジーな人」というレッテルではなく、責任感の大きい勇敢な人々として患者が認知されることを望みます。

助け起こされる切り絵の人

「心理学は化学や文学とは異なり、あなた自身の心のための所有者マニュアルです。 これは人生の指針なのです」

-ダニエル・ゴールドスタイン-

 

精神科医はアドバイスではなく治療を与える

アドバイスが必要な場合は、あなたの親友、パートナー、またはあなたの家族に会えばいいことです。 彼らは誰よりもあなたをよく知っており、良いアドバイスを与えることができます。 しかし、あなたの行動を説明する人が必要な場合は別です。例えば、なぜこのように感じるのかなど、自分の人格特性に適した方法と治療法を選択する助けを求めるためには、精神科医を探すべきです。

私たちは、精神科医との面会を予約するのがどれほど難しいかを認識しています。 このため、精神科医は常に最初から全ての情報を提供するよう努めています。また治療中は、何を改善しようとしているか、そしてその理由を患者が正確に把握するよう努めます。

精神科医にとって、多くの有害な思考や感情に取り組んだ後、患者がそれらを克服することができるようになるのはとても喜ばしいことです。これを達成すると、患者ははるかにいい気分でいられます。より多くの活動に参加し始め、異なる視点から問題に直面することができ、自分の考えを客観視することができます。

火が付いた脳

私たちは、個人レベルでも社会レベルでも、その結果を見ればより多くの人々が心理ケアを求める措置を取るはずだと確信しています。

 

「不幸の主な原因は決して状況ではなく、あなたの考えです。 あなたが思考している考えを認識してください。」

– エッカートトーレ

 

私たちは患者とともに学ぶ

心理療法とは、セラピストと患者が相互に影響しあいます。それは相互学習であり、体験的プロセスと対話によって変わっていくことです。 患者が変化し、学び、変身するだけでなく、セラピストにも同じような効果が現れます。

良い教師が生徒から学ぶように、私たちも患者から学びます。患者が私たちに教えてくれることが何を意味するのかを明確に伝えることが重要です。 実際に、患者に治療に踏み込んだ勇気や意思決定にどのくらい感心しているかを伝えると、患者は私たちに何かを教えていることが信じられずに困惑して驚くことすらあるでしょう。

人の体から離脱する顔

誰でも、患者かセラピストかかかわらず、苦しみや欺瞞の影響を受けやすいものです。一方で、私たちは皆福祉意識を高め、より多くの幸福と平和を享受することを大切にしています。患者が教鞭をとって教えようとするわけではありませんが、その明快さ、自分の変化に対する献身度、必要な決定を下す能力は、暗に様々なことを教えてくれます

 

「心理学は人々にどのように生きなければならないのかを伝えることはできません。 しかし、個人的、社会的な変化をもたらす手段を提供することができます。」

-アルベルト・バンドラ-