セネカの偉大な言葉

· 2018年10月21日

ローマの哲学者セネカについて聞いたことがありますか?セネカの名言は、知恵に満ちた古い言葉です。ローマ帝国の著名人だったセネカは、その時代の人々に大きな影響を与えました。

セネカの代表的な言葉の数々には、倫理的なメッセージが込められています。彼の言葉、彼の人生そのものが道徳の手本です。度を過ぎることが多い時代を生きた、適度を求めるストア派の哲学者です。

「自然に従うと、貧しくなることはなく、意見に従うと、豊かになることはない」

-セネカ-

知的な才能を持つこの雄弁な思想家は、様々な批判や嫉妬を浴びました。また、喘息に苦しむ人生でした。それでも、権力、知識、哲学を味方につけ生き抜きました。ここで、セネカが後世に残した言葉のほんの一部をご紹介します

1.挑戦するかしないか

まず、こちらです。「難しいからと言って多くのことを避けるが、それは、しないから難しいのである。」約2000年も前に言われたこの鋭い言葉を自分に生かすなんて、素敵だと思いませんか?

綱渡り

セネカのこの言葉には、人は、実際よりも頭の中で物事を複雑にするという意味が込められています。実際目にしたものに恐怖が加わり、砂山となり、それが大きな山だと考えてしまうのです。

2.セネカの美しい言葉

セネカが残した最も美しい言葉の一つです。「もう一度波に乗ろうとしながら、なぜ海に文句を言うのか」この短い言葉に、詩的表現や感受性、明快な現実主義が表現されています。

探求しているものに対し、文句を言う理由はないと彼は言います。初めてであれば、それは言い訳になっても、繰り返そうとしているのであれば、それは言い訳にはならないのです。前にも航海したことがあるから、また海に出ます。それが嫌であれば、なぜ同じことを繰り返すのでしょう?

3.隠された憎しみと明らかな憎しみ

セネカにはっきり言えることがあるとすれば、それは、憎しみについてです。彼は、陰謀や人への恨みをもつような人ではありませんでした。それにもかかわらず、彼の知的さや淀みのなさが、疑いや妬み、警戒を生むことになりました

鳥と女性

それが元になったのか、この言葉を残しています。「隠された憎しみは、明らかな憎しみより悪い。」誰もがこう感じたことがあるでしょう。恐ろしい憎しみは目に見えないものです。

4.困難の価値

ストア派として、セネカは困難の重要性を示します。困難はネガティブだと考えたり、それを避けることはありませんでした。むしろ、その反対です。問題は成長のきっかけであり、過程だと言います。

それが、この言葉にも表されています。「業が体を鍛えるように、困難は心を鍛える」セネカは、困難を、道理をわきまえ成長するための鍛錬の機会だと考えました。

5.怒りのコントロール

シンプルで深いセネカの言葉がこちらです。「怒りを癒す最良の方法は、待つことだ」怒りをコントロールする方法です。このとてもシンプルで効果的なアドバイスを生活に取り入れましょう。

間違いありません。少し時間を置くだけでも怒りは静まることが多いものです。数分間、黙って落ち着きましょう。後になって後悔するような言葉を発することはなくなるでしょう。

6.勇敢な命

セネカの人生は、バラ園と呼べるものではありませんでした。特に、嫉妬から残忍な扱いをされたカリグラの時代は、ひどいものでした。また、最終的に彼に死を宣告した皇帝ネロとの間でも、同様のことが起こりました。

さらに、セネカは喘息にひどく苦しみ、健康状態が良くないのが常でした。そのためか歴史に残る言葉があります。「時には、生きることさえ勇敢な行動である

7.良い習慣

セネカは良い習慣について、賢く知的な言葉を残しました。「良い習慣はお互いに高め合い、長く続くことになる。」短い言葉で、広い知恵を表現しています。

麦畑にいる女性

良い習慣は、孤立した現実ではないと彼は盛り立てます。ネガティブな習慣の中では良い習慣は育ちません。それぞれの良い習慣がお互いに密着し、貫くことで安定します。

セネカの名言は数えきれないほどあり、どれもユニークです。長い時間の壁を越え、この時代にも貴重で価値ある言葉ばかりです。