セラピューティック・アカンパニメントとは

2019年3月31日

精神科医は様々な手法を用いて、患者の抱える問題や不快感、精神疾患の治療をしていきます。そして、その内の1つにセラピューティック・アコンパニメントという手法があります。

セラピューティック・アカンパニメントは、患者が普段使う場所で行われます。つまり、精神科医は実際に患者の家や、その症状の原因となっている場所まで出向くのです。

心理療法士は、他の治療法が効果的でない時にのみ、この方法を使います。心理士が、患者の生活を改善するには自らが参加する必要があると考える場合です。

セラピューティック・アカンパニメントの作用

セラピューティック・アカンパニメントは、患者の様々な制限や壁を乗り越えるのを助けてくれます。例えば、家から出ることや、ある場所を訪れることを妨げている心の壁などです

この治療を通すことで、患者の自主性や社会スキル、環境への適応力などを向上させることができます。例えば、社会に対して不安感を抱えている患者には有効的です。

人型

しかし、セラピューティック・アカンパニメントの成功のためには、心理士にある特定の姿勢や素質が備わっている必要があります。

  • 存在:精神科医は、場所や時間を患者と共有しなくてはいけません。
  • アクティブ・リスニング:患者自身が自分について語り、精神科医がその時間を与えることが大切です。
  • 尊重:精神科医は患者を尊重し、オープンにならなくてはいけません。
  • 共感:偏見なく患者を理解しようする姿勢が大切です。
  • 信憑性:精神科医は、専門家としてポジションを保ちながらも自分らしく患者に接する必要があります。

精神病の事例

「セラピューティック・アカンパニメント:精神病棟における実践と診療」と題された研究で、産後鬱による双極性障害と診断され、7年間精神病棟に入院していた66歳の女性の事例があります。

この事例では、投薬治療の効果が見られなかったため、精神科医たちがセラピューティック・アカンパニメントについて彼女に話しました。これについて患者は最初、興奮していましたが、徐々に恐怖心が現れていきました。この状況を改善するために、担当精神科医は病棟内を彼女と一緒に歩くことから始めます。

セラピー

このケースでは、家族の力が治療の大きな助けとなりました。その後、街の中で、この女性にとって安全地帯だった病院から離れた場所でも歩けるようになっていきます。最初は、心理士を拒否して「家に帰りたい」と言っていたものの、治療を続けていくうちに変化が起きたといいます。

さらにその後、彼女は自分の家を訪れたり、ある程度の責任を負えるようになります。これには、自分の娘の面倒を見たり、薬をちゃんと飲むと言ったことが含まれます。治療はゆっくりでしたが、最終的には良い結果を出すことに成功したのです。

当初、この患者は家族に対する暴力行為や、コントロールできない躁状態が原因で入院していました。しかし、セラピューティック・アカンパニメントによって、症状は緩和され、家族の元に帰ることができました。

セラピューティック・アカンパニメントを用いることで、一度壊れた他人との絆を再び深めることができるのです。

治療が難しい状況にこそ役に立つセラピューティック・アカンパニメント

セラピューティック・アカンパニメントは、他の治療法では改善が見られない患者に対して心理士が使えるツールです。

さらにこの手法は、スーパーマーケットや人ごみの中を歩くことに恐怖を感じる広場恐怖症などに対しても効果的です。精神科医は、患者の気持ちに耳を傾け、行動を観察し、患者が不安を感じる状況から逃げ出してしまわないよう手助けをしながら、患者のそばに付き添います。

ここまで見てきたように、セラピューティック・アカンパニメントは日常生活を制限してしまう様々な壁を壊すことを助けてくれる技術です。これを用いることで、人生に深い変化を起こし、より充実した生活が送れるようになるはずです。

Rosique, María Teresa. “Acompañamiento terapéutico: práctica y clínica en un hospital psiquiátrico.” Revista de la Asociación Española de Neuropsiquiatría. 2014. http://scielo.isciii.es/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0211-57352014000300010