社会的期待がどのように生まれ影響するか

2019年9月7日

人は日々様々な人と交流します。知っている人の時もあれば、見ず知らずの人の場合もあります。人は周りの人の性格に対してそれぞれの概念を持っていて、これは自分が交流した際に得た情報をもとに形成されます。これによって、相手のふるまいへの社会的期待を生み出します。

社会心理学は、期待の研究に強い関心を示してきましたこのお陰で、私たちの期待は他人に対して抱いている印象と密接に関連していることが分かっています。まずは、社会的認知について学び、議論していきましょう。

社会的認知

人間は、生まれた際に自立するために必要な資源を欠くため、複雑な社交関係を必要とします。だから、脳は社交環境を認識して評価する準備ができています。人間関係をコントロールする上で最も重要なのは、自分の社交環境にいる人達がどのような人であるかを理解することです。ここで社会的認知が重要になってきます。

この現象を説明する簡単で面白い規範が、フィスクの社会的認知です。この規範によれば、人は出会ってすぐに相手を分類します。その人間関係が深まったり、その分類を変えさせる何かを発見しない限り、分類は変わることがありません。

さらに、興味が湧いたら、相手のふるまいがこの分類に合うかどうか証明しようとすることもあります。分類に当てはまっていない場合、相手を完全に分類または概念化するまで分類を変えていきます。

男性

これは非常に重要な過程です。これがなければ、社交関係を維持することはより複雑になります。これは簡単かつ役に立つプロセスであるということを覚えておきましょう。しかし、正確ではありません。人間は文脈に大きく影響するとても複雑な性格を持っていて、一つの分類の中に留めておけるものではありません。しかし、この精神的な「近道」は周りの人をどう扱うべきか知る上で役立ちます。

自分の社交環境を分類して、各個人の概念を形成したら、期待を生み出し始めます。しかし、そもそも期待とは何でしょう。

社会的期待

社会的な期待というのは、自分の社交環境にいる人がこれからあるいは特定の状況でどのようにふるまうかを予測する考えです。他人の印象を生み出す時、これらの期待は自分が生み出したイメージに関連付けられます。これによって、その人の周りで自分がどのようにふるまうべきかが分かり、また相手のふるまいを推測することができます。

自分の人間関係に対して期待を生み出す行為は、順応機能として働きます。推測はそんなに難しいものではありません。私たちの多くが生きている複雑な社会を基盤にした人工的な環境では、他人のふるまいを予測することで、自分自身のふるまいを適応させます。だから、社交的な交流から人は多くのメリットを得るのです。これは正確な仮定ではないものの、立てた予測が時折間違っていることは、全く予測しなかったり常に間違っていたりするよりは良いでしょう。

これらの社交的・ふるまい的期待は自分自身のふるまいにも大きく影響することを覚えておくことが重要です。誰でも同じように取り扱うわけではありません。同じ人を異なる状況でも常に同じように扱わないことと一緒です。これは様々な日々の状況で見ることができます。

さらに、人は他人を自分の期待にそぐわせようとします。間接的に強制したり、または自分の彼らに対する認識を変えたりします。このプロセスは双方向です。他人が持っている自分への期待に関しても意識します。その為、その期待を満たそうと、自分のふるまいを適応させようとします。

小さな反射

人生は、社会的な期待で溢れています。自分自身のもの、相手が自分に対して抱いているもののどちらもです。こういった意味で、人間関係を快適に維持するために、人はこれらの期待を満たそうとする傾向にあります。 これらを裏切ることで、疑念や不安を生み出しますしかし、この予測は正確なプロセスではないということを忘れてはいけません。このため、多くの場合期待は満たされることがないのです。

間違った期待は、3つの状況へ導きます。まず、期待を受ける人はその期待に適応しようとふるまいを変えます。2つ目に、期待を生み出した人は、彼らのふるまいが自分の期待に沿うように認識を変えます。最後に、期待とふるまいの間の相関関係が崩れて、間違いとして認識されます。

女性

始めの2つのシナリオは、社交的な対立を避けて、初期段階では人間関係を維持することができます。しかし、長期的に見て大きな問題に発展する場合があります。1つ目のケースでは、相手を喜ばせるために人がふるまいを変えます。これによって、相手が誤った現実の概念を生み出すことにつながります。2つ目のケースでは、期待を生み出した人がうそをついているということです。 無意識に相手の人間性に関して自己欺瞞を行ってしまっています。

不安を超えた親密な絆

3つ目の状況は、起こることに対する制御の欠落によって、最も大きな不安を生み出します。これにも関わらず、人間関係がこの不安を乗り越えたり受け入れたりした場合、より安定した人間関係が築かれます一時的な人間関係(隣人関係など)においては、始めの2つの状態の方が適切かもしれません。長期にわたる人間関係や親密なつながりが両者の間にないからです。しかし、親密な友人や家族に対してこのようにふるまうのはよくありません。

自分の期待に関してどう思いますか?自分はどのようにふるまいたいですか?