ショーン・エリス:オオカミと生きた男

2019年9月11日
ショーンは、ナショナルジオグラフィックで彼の人生について放送されて以来、物議をかもしている人物です。人間がオオカミの中でどうやって生きてこられたのか、そのストーリーは非常に興味深いものです。

ショーン・エリスは頭がおかしくなってしまったと言う人がいます。彼は奇抜で、人騒がせな扇情主義者であると言う人もいます。その一方で、彼の人生はインスピレーションに溢れ非常に空想的であると賞賛する人も多くいます。そういう人たちは、ショーンと狼の間には、本能的な友情が存在していると信じています。

ナショナルジオグラフィックがオオカミとの生活に関するドキュメンタリーを放映した後、ショーン・エリスは、世界中で注目されるようになりました。彼は、オオカミの一族になるために喜んでオオカミと生活を共にした唯一の大人だと考えられています。実際に彼は最優位雄(群れのボス)となったのです。

「私を奇妙だ、神経が狂った、愚か者などと呼び、私がしていることは無意味だ。」 「動物は人間に行動の仕方を教えてもらう必要はない」と主張し、批評家の多くは私の意図について理解しませんでした。

-ショーン・エリス-

ショーン・エリス オオカミと生きた 男

多くの科学者、特に生物学者は、エリスの経験は研究目的ではなかったことに疑問を呈しています。しかし簡単に言えば、彼はオオカミを愛し、より理解するために生活を共にしたかったのです。

オオカミや他の動物によって育てられた子供の事例はいくつかあります。家族に見捨てられ、後に群れに受け入れられたケースもあります。これらの例は驚くべきものであり、人間がオオカミにどのように受け入れられ、群れの一員になったのかを知ることは魅力的です。けれども大人の人間についていえば、ショーン・エリス以外には知られていません。成長した人間がどうやってオオカミの群れに入ることができたのでしょうか?

こちらもご参考に:
女性とオオカミ:ダコタの伝説

オオカミへの愛

ショーン・エリスは1964年にイギリスで生まれました。彼は幼い頃からオオカミに夢中になっていました。やがて自分で研究するようになり、オオカミについて知れば知るほど興味は膨らんだのです。オオカミを初めて見たのは動物園でした。彼はそれが一目ぼれだったと言っています。

エリスはその後人間として普通に生活を続けていきましたが、常にオオカミに興味を持っていました。彼はイギリス軍に入隊しまたが、その間、できる限り毎晩森に行ってオオカミを記録していました。しかし見るだけでは物足りなくなってしまったのです。

その後、結婚し、5人の子供をもうけましたが、家族と一緒にいるよりもオオカミの研究に多くの時間を費やしました。最初、彼の妻はそれを問題だとは思っていませんでしたが、時間が経つにつれ2人の間には深い溝ができてしまいました。そして彼女は子供たちとともにショーンのもとを去ったのです。

ご存知でしたか?:
チェロキー族の2匹のオオカミの伝説

驚くべき旅

ショーン・エリスはセンターで監禁されたオオカミの世話のボランティアを行いましたが、これも十分ではありませんでした。もっとオオカミのそばにいたいと言う彼のニーズを満たすことができなかったのです。そして、オオカミにより近づくためには、自然の生息地へ行くべきだと考えました。その後、彼はアイダホ州のネズパース国立公園に足を向けたのです。

そこで、彼は地元の部族民と一緒に暮らし、オオカミについてありとあらゆることをを学びました。また、少しずつオオカミとの距離を縮めました。オオカミの一員として受け入れられることを望んでいましたが、それは容易ではなく、8ヶ月かかりました。ある日、オオカミがそっと彼の膝をかじりました。これが歓迎のジェスチャーであることを知り、ショーンは非常に喜びました。

大きな困難にもかかわらず、ショーンはオオカミと一緒に暮らし始め、オオカミの一員として受け入れられたのです。時に、狼は食べる前に生肉に小便をかけることもありましたが、彼はその同じ生の肉を食べました。また、オオカミとの間に誤解が生まれ攻撃されたり傷つけられたりもすることもありました。ショーンによると、彼は遠吠えの合図を学び、18か月間オオカミの群れと一緒に暮らしたのです。

ショーン・エリス オオカミと生きた 男

人間世界への復帰と新しい始まり

エリスが人間の世界に戻るのは簡単ではありませんでした。再び人間の世界に馴染むまで、7ヶ月かかりました。後に、オオカミの言語に関する本を出版し、その後イギリスのコンバートマーティンパークに行き、3頭のオオカミの孤児を養子にしました。

どうやって3匹のオオカミを育てたのでしょうか?エリスは、今まで学んだことやオオカミと一緒に過ごしたを経験をすべて利用しました。オオカミを飼い慣らすことを望まず、野生で生きる方法を教えました。オオカミの子供たちはエリスの管理下で一年半過ごしたのです。オオカミに遠吠えの方法を教え、彼自身の口を使ってオオカミに餌を与えました。その後、彼が学んだように、狩りの仕方も教えました。同様に、規律と階層についても教えたのです。

3匹のオオカミは彼を最優位雄と見なしていました。オオカミが独り立ちする準備ができたと考えたショーンは、他のオオカミたちがいる野生に放すことにしました。彼は群れを離れましたがオオカミたちのことを忘れたことはありません。その後、ナショナルジオグラフィックは、ショーン・エリスのドキュメンタリーを作成しました。

ショーン・エリス オオカミと生きた 男

世界の生物学者の中には、ショーンの方法に不快感を示す者もいます。 ドキュメンタリーを見た後、人騒がせな扇情主義者と非難する声もありました。 しかし、ショーン・エリスは物議を醸すキャラクターであり、多くの人々が彼の話に驚いたことは間違いありません。 最も愛する動物を本当に理解するために努力したその行為を、誰も否定することはできないのです。

  • Ellis, S. (2006). El Lobo: escenas fascinantes y fotografías espectaculares (No. 599.744 E47-l). Parragon Books.