幸せになるために自分自身と向き合う

03 2月, 2018

迷子になったと感じた時、何かが欠けていると感じる時、普段幸せを感じることに幸せを感じなくなった時、自分自身と向き合うことが出来なくなった時。覚えていてください。一番素敵な自分は、笑顔で毎朝起きられる時です。

あなたの心と体はあなたに話しかけています。それらはあなたに自分と向き合うように勧めてきます。注意深く話を聞いて、質問してあげてください。あなたの望むものは何ですか?

私達はよく自分自身を自動操縦で生活していることがあり、今何が起こっているか深く考えたり、その為に作業を止めたりしません。今どのように自分が感じているのかや、どんな場所にいたい、などと考えることも無いのです。

一番の優先順位は日々の仕事や作業でしょう。しかし、それは本当に自分自身の為になっていますか?そして、本当にあなたを幸せにしていますか?

私達は何が自分を笑顔にしてくれるのか見つける必要があります。何が自分をやる気にさせたり、生活の中にあるチャンスをこぼさないようにしてくれるのでしょう。

小さな事が私達をより良い人生に近づけてくれることもあります。あったかいお風呂や一杯のコーヒー、音楽を聴きながら散歩したり、仕事終わりのビールを飲んだり、良い映画や本を楽しむなどがあります。冗談を言ったり、キスをしたり、されたり、人を笑わせたりするのもその一部です。

マグカップを手にする女性

気づくことに敏感になれれば、自分自身を見つける事が出来ます。また、機械的な行動になってしまう自動操縦を辞めて、同じ動作や行動でも、「やらなければいけない」という気持ちを、「楽しむべき」に変えてみてください。

例外を見つける、ルールを破る

私達は自分達の決めた厳しいルールの下で生活していることがあります。しかし、そのルールは時に自分達を引きずるのです。

もし、あなたが重たいリュックを背負っていれば、軽いと思い込むのは難しいでしょう。平和や自由に向かって取り組むのは難しく、それを簡単だと言い聞かせるのは至難の業です。しかし、近道の為に悪い誘惑に騙されることは簡単です。

例外を作ることで、私達のスケジュールの決め方や逃れられない義務を見つめ直すことができます。どんな時でも、何もしないという時間を作るのは、見つめ直す為の良い行動です。小さな義務を取り払い、流れにまかせて休息をとってみるのです。エネルギーを蓄えたり、呼吸を落ち着かせ、戻ってくる時は笑顔になって戻ってこれます。

同時に、個人的なルールや決め事を破るべき時や、少なくとも調整すべき時が来ます。何か計画した際には、変化があっても良いように柔軟なプランにしておくことで、満足感や幸福感、自分らしさを感じやすくなります。型にはまるのではなく、自分自身の型を作るのです。

もし、何かが自分を引きずっていたり、自分らしさを止めていたり、楽しむことを妨害していたら、それは変化すべき時です。外の世界を変えられないなら、自分の中の世界観を変えればいいのです。ちょうど良いバランスを見つけることで、自分らしさや楽観的な見通しが得られるようになります。

チャレンジとチャンスを見る

新しい仕事、訪れた事のない場所への旅、異なる文化を持った人との交流、新しい場所の探検、新しい活動へのチャレンジ、これらは、あなたが空虚を感じた時に助けてくれる変化です。また、これにより自分の新たな一面を知ることが出来たり、人生が楽しくなることもあります。

ボートに乗る女性

未知の新しい世界へ飛び込むのは恐いことです。恐いからこそ、何度も自分を押してあげる勇気が出なかったのです。もしかすると、私達が最も必要な道というのは、私達が最も恐れていることかもしれません。私達の幸せは、恐怖の中に隠れているのかもしれません。

「もし恐怖を感じなければ、どんな行動や決断をすればいいだろうか?」これは新しい扉を開けたい時の良い質問です。

自分自身を見つめ直すと、何が自分の中にあり、自分が何を持っているのかがよくわかります。それは、自分が思う以上に幸せを与えてくれる未知の領域かもしれません。

よく人は罠と勘違いしますが、チャレンジやチャンスと向き合うことは、自分達が出来る何かです。また、私達はそれを楽しむことも出来るのです。

日常の小さな幸せ。それらに気づくことは私達が学ばなければいけないことです。時には、仕事を止めて、周りにある素晴らしい事を見つめてみましょう。