仕事が原因の疲労感が持つ多くの側面

01 11月, 2020
仕事が原因で起こる様々な疲労は、疲れ果ててしまうほどの病的疲労につながる恐れがあります。今回の記事では、疲労感を引き起こす様々な原因と深刻度を分析します。

仕事関連の疲労感はさまざまな形で現れます。一部の疲労感の中には、職場を離れた後も長期間影響を及ぼすものがあります。そのため、それぞれの疲労感を識別する方法を知り理解することがとても大切です。また一部の疲労感は元の状態まで回復することができません。仕事が原因の疲労感は、多くの場合、仕事に没頭していることが原因で過労状態になっていることに気づかないことが問題です。

疲労とは、長期間仕事を行った後、一時的に仕事ができなくなることです。仕事が原因の様々なタイプの疲労感には、肉体的要素、感情的要素、および知的要素が原因のものがあります。

仕事に関連して起こる疲労感は、強度と症状がそれぞれ異なるため、幅広いカテゴリーに分類されています。そしてこの分類方法は、影響を受ける領域と疲労の原因に基づいています。疲労を分類することで、さまざまな視点から仕事関連の疲労に対して、多角的にアプローチすることができます。次に、最も重要な疲労感について説明します。

仕事 原因 疲労感 側面

仕事関連の疲労:原因に基づく分類

疲労感には多くの潜在的な原因があります。身体的な作業を行うことで、肉体的な疲労を感じることもあれば、精神的に負荷の多い課題やストレスレベルが高いことが引き金になる場合もあります。

  • 肉体的疲労:精神運動機能を過度に使うことで起こる疲労感は、肉体的疲労と呼ばれます。過度に重いものを持ち上げる、継続的な姿勢の悪さ、既存の怪我、または不健康な動きなどが原因で生じる可能性があります。
  • 精神的疲労:これは仕事関連の疲労の一種であり、見過ごされがちな疲労の一つです。通常は、知的な過負荷や過度の単調さがこの疲労感を引き起こし、しばしば健康上の問題へとつながります。
  • 機械的作業による疲労:このタイプの疲労は、長期間にわたって過度に機械的な作業を続けることで起こります。このタイプの疲労には、認知および感覚への刺激が少なすぎることも含まれます。
  • 感覚疲労:感覚疲労は、感覚の1つが過剰に刺激されたときに起こります。例えば、一日中コンピューター画面の前に座って作業をする人などは、感覚的疲労に苦しむことがよくあります。。
  • 神経疲労:このタイプの疲労は、繰り返される機械的な作業が原因で起こります。
  • 心理的疲労:多くの仕事を抱えている人や責任ある仕事を任されている人は、迅速に重要な決定を行う必要が多くあるため、心理的疲労に苦しむことがしばしばあります。医師や航空管制官などは、このタイプの仕事の良い例です。
  • 情報疲労:大量のデータの管理を伴う仕事の場合、情報疲労を経験するかもしれません。仕事で取り入れる多くの情報が、それをすべて処理する人の知能を圧倒します。
  • 感情的疲労:看護師、教師、またはカウンセラーなどの仕事は、感情面において厳しい仕事だと痛感することがあります。このタイプの疲労は、適切なセルフケアを実践しないと、すぐに燃え尽き症候群を引き起こす可能性があります。

疲労感の様々な強度

疲労感の強度やその影響に基づいて、仕事が原因で起こる疲労感の持つ様々な側面を分類することができます。この分類法は、心身の健康への影響を直接的に検証しているため、より専門的な分類と考えることができます。

この観点から、仕事が原因で起こる疲労感には2つの主要なタイプがあります。一つ目は生理的疲労です。これは、長時間何かに取り組んだ後に感じる通常の疲労感です。このタイプの疲労から回復するためには、休息を取るだけで十分です。 2つ目の疲労は病的疲労と呼ばれ、休息しても疲労感がなくなることはありません。

仕事が原因 疲労感

ここでは、病理学的にみる疲労カテゴリーをご紹介します。

  • 亜急性疲労:極度の倦怠感を感じるこの状態は、通常よりも激しい身体的、知的、または感情的な取り組みを行った後に起こります。前述のように、単純な休息は亜急性疲労からの回復には役に立ちません。亜急性疲労を解消するには、通常の休息よりも多くの時間が必要です。
  • 慢性疲労:これは時間の経過とともに蓄積していく疲労感で、体の深部にまで効果を発揮する長期間の休息を必要とします。慢性疲労を治療しないと、死に至ることさえあります。
  • 精神疲労:これは最も深刻な種類の疲労で、健康に大きな影響を与える身体的および精神的な症状を伴う慢性疲労です。このタイプの疲労感は不可逆的であり、仕事などを継続する妨げとなるでしょう。

仕事が原因で起こる疲労感は、何度も繰り返し起こるため兆候や症状を理解することがとても大切だと結論づけることができるでしょう。様々な理由で、疲労感や倦怠感を感じることがありますが、その症状を無視してはいけません。

疲労とは私たちの健康を危険にさらすだけのものであり、過労が良い従業員としての価値を定義するものではないと理解する必要があります。

Atalaya, M. (2001). El estrés laboral y su influencia en el trabajo. Industrial data, 4(2), 25-36.