いじめが心身の健康にもたらす影響

01 7月, 2019
いじめによる心身への影響は何年間も後を引きます。従って、このような経験に苦しんだことがある人は皆、心理的なケアを受けることが必要不可欠です。

いじめは心身の健康に悪影響を及ぼします。人を傷つけ、辱め、無力化してしまうこの行動は、単に不安やストレスを生み出すだけではありません。いじめられたこ経験を持つ人は、鬱や慢性的な痛み、消化器系の問題から不眠症にまで苦しむことになってしまう恐れがあるのです。こういった影響が長期間に渡って残ってしまうことさえあります。

人は、様々な悪質な手段で他人をいじめます。学校で起きるだけでなく、職場や恋愛関係の中でも、親と子の間、また兄弟姉妹間でも起こります。いじめによる結果はとても深刻なものなので、専門家たちはこれが公衆衛生問題になる、と考えています。

アルメリア大学の研究によると、15歳〜29歳までの若者の死因で3番目に多いのが、ハラスメントやいじめに関連する自殺だそうです。この数は年々増加しています。さらに、ボストンのサフォーク大学による別の研究では、いじめ防止プログラムの大多数が効果を出していないことに警鐘が鳴らされています。

いじめや暴力行為の専門家は、この背景にあるカギとなる要素は、いじめをしたり他者を怖がらせたり力でねじ伏せようとする人にこのような行動を取らせるものが何なのかを理解することだと主張しています。自分たち自身の低い自尊心を補うために他人をいじめてしまう人がたくさんいることが知られていますし、親の子育ての悪影響の結果、いじめに手を出してしまう人もいます。一方で、悪意によっていじめをする人の数はとても少ないのです。

この問題に関してはまた別の大切な側面があります:いじめが被害者の健康に与える影響と、社会的・心理学的なレベルでできる限り早くケアしてやる必要性です。

“人間生活において重要な3つのこと。1つ目は親切であること、2つ目に親切であること、そして3つ目に親切であることだ。”

ヘンリー・ジェイムズ

いじめが心身の健康にもたらす影響

いじめによる健康被害とは?

アメリカ疾病管理予防センター(CDC)はいじめによる健康被害はとても深刻なものであり、予防策を講じていく必要がある、と訴えています。極端なケースだと、いじめられた人物は最終的に自殺という道を選んでしまうことさえあるのです。

また、他にも考慮に入れるべき面があります。まず、この行為に少なくとも6ヶ月以上苦しむことで、誰の目にも明らかなほどの身体的・精神的変化が引き起こされてしまいます。さらに、こういった経験によるトラウマ的影響は何年間にも渡って消えずに残ってしまうのです。

いじめの形態

冒頭で述べたとおり、攻撃的行為の種類というのはかなり多岐に渡ります。以下が、いくつかの例です:

  • 口頭で(侮辱、軽蔑的な言葉)
  • 社会的なもの(誰かを孤立させる)
  • 身体的なもの(攻撃)
  • 精神的なもの(心を操る、脅迫)
  • 性的なもの(痴漢、強姦、性的虐待)

いじめによる精神的な影響

また、いじめは目には見えない悪影響も与えます。これにより、いじめられた人物の高潔さは弱められ、身体的にも健康を損ねさせてしまいます。

  • 自尊心がどんどん失われていく
  • ストレスや不安障害
  • 自信の喪失
  • 他人を信用できなくなる
  • 自己啓発に関する問題
  • モチベーションの喪失
  • 人付き合いが少なくなる
  • 心理的苦痛
  • 安心感の欠如
  • 罪の意識と自分の置かれた状況をうまく乗り越えられないことへの恥を感じてしまう
  • 自傷行為
  • 自殺願望

身体への影響

デビッド・ハンスコムは慢性的な痛みの専門家です。これに関する彼の著作物では、ある重要なことが示されています:いじめに5ヶ月以上苦しむと、その人物の健康状態に変化が現れる、というものです。例えばまず初めに起こる変化が、免疫力の低下です。

  • さらに、スウェーデン神経科学研究所(SNS)は脊椎の問題が発生することが多い、と指摘しています。背中の痛みは次第に慢性的なものになってしまう恐れがあります。
  • 不眠
  • 消化器系の問題も慢性化する可能性があります
  • 頭痛や偏頭痛
  • 体重減少
  • 肌への悪影響
  • 毛髪が抜けてしまう

専門家が指摘するように、恥、怒り、恐怖、ストレスといった感情は最終的に私たちの生物学的プロセスまで変えてしまうのです。

いじめを防ぐために何ができるか?

いじめにより、数多くの健康への悪影響があることがわかりました。また、中には、特に若者たちの中には、どう対処すれば良いのかわからないような状況に対して過剰に反応してしまう人々も存在します。この種の行為は教室や職場、そして家庭内の人間関係に対してさえも脅威となります。

私たちにできることは何でしょうか?まず、自分たちの知識を深める必要があります。感性を研ぎ澄ませ、学校、大学、病院、職場など、全ての考えうるシナリオに対して対抗策を講じなければなりません。

いじめが心身の健康にもたらす影響

各々が、必要な時にはいつでも専門家の助けを得ることができるのだ、と知る必要があります。この意味では、行動を起こすための能力を持った心理学者を紹介できるような体制を整えなければなりません。

こういった状況にはさらに敏感になる必要があります。熱意や民間療法だけではいじめと戦うことはできません。より具体的で洗練された、効果的なアクションを起こさねばならないのです。

  • Van Dijk, A., Poorthuis, A. M. G., & Malti, T. (2017). Psychological processes in young bullies versus bully-victims. Aggressive Behavior43(5), 430–439. https://doi.org/10.1002/ab.21701
  • Organización Panamericana de la Salud. (2003). La intimidación sexual. In E. G. Krug, L. L. Dahlberg, J. A. Mercy, B. Zwi, Anthony, & R. Lozano (Eds.), Informe Mundial sobre la Violencia y la Salud (pp. 160–197). Washington, D.C.: Organización Mundial de la Salud. https://doi.org/10.1017/CBO9781107415324.004