心配を止める3つの簡単な方法

· 2018年8月20日

恐怖や心配はあなたを邪魔する存在です。ですので、この2つに心のスペースを与えてはいけません。その代わりに、あなたの視野を整理して、柔軟性のある見通しを持ちましょう。そして、簡単な方法を使って心配を止められるよう心を鍛えてみましょう。

しかし、鍛えるのはいつも簡単なことではありません。心配で作られた窓のない列車に閉じ込められるようなことが何度も起こります。こうなってしまうと、あなたは自分の周りがどうなっているのか見ることが出来ません。そして、広い見通しが持てず、不安だけしか見えない視野では、自分に無力さを感じてしまうでしょう。

 

「心配するなんて馬鹿らしい。それは傘を差しながら雨が降るのを待っているようなものだ。」

-ウィズ・カリファ-

何を考えようと、この痛々しいサイクルは終わることがありません。しかし、次のような言葉を思い出してください。「まだ起こっていないことを心配するのは止めよう。落ち着いて、心配するのを止めよう。そして、一瞬でも人生を楽しもう。」

この心配のサイクルに入ってしまうと、論理的に話を聞くことが出来ません。それは自動的に動いてしまいます。そして、要点の無い、リズムの無い、自分だけが聞こえる音楽を無意識に再生してしまうような現象に陥ってしまうのです。

もし心配を止めたいなら、あなたの脳を超える異なった視野を持つ必要があります。自分の全てと感覚、そして意識的な気持ちを持ってこのプロセスを行わなければいけません。これからその方法を詳しく紹介していこうと思います。

たんぽぽ

心配を止める3つのシンプルな方法

心配は疑いと密接に関係しています。そしてもし誰もが知っていることが一つあるとすれば、現代社会はまさにその旋律の繰り返しであるということです。一方、私達はいつも自分の精神的なプロセスを完全にコントロールしているわけではありませんし、人はこれについてあまり話したがりません。

あなたの体にあるストレスや不安に気付いたり、胃や頭が痛むことがあると思います。しかし、あなたは心の影響がどれだけ速いかに気が付かないこともあるかもしれません。その思考回路、予期する恐怖、何の断りもなくやって来る嫌な考えに気が付きません。そして、このようなネガティブなサイクルを止めて、コントロールすることはあなたにとって最大の責任なのです。

カメラの前にある自分の目

この方法はとてもシンプルで効果的なオリジナルの方法です。最初は少し変わっていると思うかもしれませんが、そこにはちゃんと理論と価値があるのです。では、その内容を見ていきましょう。

  • 自分の考えが大きくなり過ぎて自分が壊れてしまったと感じた時にこれを行ってください。携帯を持って、自撮りをするようにカメラの前で画面を見てください。そして自分の目を見つめます。
  • これは自分を認識する為の素晴らしい方法です。自分の目を見つめる時、何かが心の中で起こります。あなたに落ち着こう、止まってみよう、そして今この瞬間に集中しようと語りかけてくれます。
  • また、カメラに映る自分を見ることで自分のニーズを明確にすることが出来ます。リラックスすることで、今まで無視していた自分自身を抱きしめてあげてください。
悲しげな青い目

音を拾う

心配を止めるもう一つの方法は、一つの音を拾うことです。これは、立ち止まり、周囲で最も刺激のある一つの音に集中することを指します。

  • 例えば、職場には何らかの音があなたの周りに存在します。会話や椅子を引く音、ノック、パソコンの音、車、道から聞こえる音、同僚たちのランダムな話し声など様々です。
  • そして、その広大な音の海から音を一つだけ選んでください。あなたの座っている場所の窓の外に木があれば、そこにいる鳥のさえずりに意識を集めてみましょう。そして、数分間他の刺激を消すことで、少しずつあなたの心が落ち着いていきます。なぜなら、これを行う時は鳥のさえずりに集中するという一つの行動だけが存在するからです。

1杯のココア

最後の方法は一般的ではありませんが、心配を止めるにはあなたの感覚を刺激する必要があります。一般的なアドバイスがあまり役立たないことはご存じだと思います。「リラックスして、あまり考えないようにしよう。」と言っても、これが作用することは少ないでしょう。しかし、物理的な感覚である味覚や嗅覚などを活性化させてあげるのは良い対策です。

ココア

このテクニックは意識的に食事と直接繋がり、それがマインドフルネスへと繋がります。もしココアが嫌いなら、違う味のもので構いませんが、温かい飲み物を選んでください。

  • まず、熱い飲み物を入れたら、その香りと蒸気を楽しんでください。深呼吸して落ち着くのです。
  • その後、一口だけ口に含みますが、すぐに飲み込んではいけません。口の中で少しだけキープしてその味を舌で感じてください。ココアの味で味覚を満たすのです。
  • そして、温かいカップやマグを握りしめましょう。そうすることで現在の、今しかない一瞬に感謝し、全ての感覚を目覚めさせることが出来ます。

この3つのシンプルな方法で、自分の感覚に集中して体を落ち着かせることができます。体を落ち着かせることであなたの心も落ち着きます。これはトリックではなく、過敏になっている自分を止めてコントロールする単純な方法です。時には、自分の心を落ち着かせる為に、五感と一緒に体を休ませることも必要なのです。

あなたも今日から始めてみませんか?