新幹線効果

新幹線効果

最後の更新: 15 12月, 2018

新幹線効果の由来は、その名の通り日本の「新幹線」にあります。仕事、個人の問題、人間関係、精神的な問題などで起こる危機の対応、その解決法です。

歴史的に、新幹線が開発されたのは日本が初めてです。20世紀半ば日本が第二次世界大戦に負けてからのことです。この危機に対応すべく、日本は国全体をあげ、新たな社会、ビジネスモデルへと導く新たな考え方を適用し始めました。この変化が、後に「日本の奇跡」と呼ばれる、1960年代~1990年代の経済成長を生み出したのです。

新幹線効果

 

新幹線効果の始まり

日本の産業革命は第二次世界大戦後に始まりました。それは1990年代まで続き、世界はそれに気づき始め、その現象を「新幹線効果」と呼ぶようになりました。

さらに詳しく言うと、1993年、この現象に気づいたのは、北米のゼネラル・エレクトリック社の責任者ジャック・ウェルチです。この頃、ゼネラル・エレクトリック社の社員は最小労力を行使し、会社は危機に陥っていました。しかし、東京支社責任者の美川英二との会議の後、彼は新たな方法を適用し始めます。

東京支社は、親会社より経営がうまくいっていました。これは、日本の従業員が精神を捧げ、柔軟性をもって仕事をしていたためです。

日本の社長は、アメリカ社に、1960年代の日本の変化について説明しました。1964年の東京オリンピックへ向けて、電車網を発展させようというところから、その変化は始まりました。

美川氏はこう説明しました。電車の速度を時速10㎞上げたければ、馬力を足せば良い。しかし、時速150㎞から時速300㎞にあげたければ、デザインを変えなければならない。電車だけでなく、この精神は、国の様々な状況に適用できる。

 

新幹線効果と自分

上でも述べましたが、新幹線効果は、20世紀半ばの日本の産業革命から来ています。この新たな考え方のおかげで、初となる新幹線が開発されたのです。20世紀における最大の交通の進歩のひとつと言えるでしょう。

人生でも、人は様々な変化に触れます。悪い習慣を断つなど小さなものもあります。また、実質的に生活を完全に変えてしまうような大きな変化もあります。

人生の変化

この新幹線効果から、生活を向上するための小さな変化の適用法を学ぶことができます。もし、大きな変化を望んでいるのであれば、最初から最後まですべてを変える必要があります。言うのは簡単です。いつもしていることを変えるのは簡単ではありません。また、その行動が生むポジティブな結果がとても小さなものであれば、なおさらです。

例えば、新幹線効果をカップルに当てはめてみましょう。二人にはいくつか問題があり、お互いを理解できないと思い始めています。ここで、二人の関係を違うステージへと持ち込むか、新たな計画を立てるなど、一緒にすることを変えるのです。

あまり上手くいっていない仕事や大きな健康問題を抱えた後に新幹線効果を適用することも可能です。このような場合、習慣や癖を見直す必要があります。状況を良くするため、大きく変化させる時かもしれません。

 

新幹線効果の適用法

新幹線効果の適用は、難しいこともあります。変化を受け入れる心をもつ必要があるためです。それを受け入れやすくするためのステップがあります。まず、改善が必要な生活の場面を探します。そして、問題を見直し、良い方向にもっていくために変えなければならない習慣を見つけましょう。

最後に、同じような状況を経験した人と話すのは、とても良いことです。彼らがどのように乗り越えたかを聞き、参考にしましょう。そして、家族や友達の助けを借りましょう。状況を改善するために、変化を応援してくれる周りの支えはとても重要です。これが、生活に大きな変化をもたらす方法です。理想的には、あなたの足を引っ張るような物事を捨て、あなたの望む生活へ生まれ変わるような経験をしましょう。

こちらの記事もおすすめ
変更:振り返らずに変化を起こす
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
変更:振り返らずに変化を起こす

変更というのは、元の形に戻ることが決してない変革のある変化です。多くの場合、進化を意味します。 自分自身や自分自身の能力に賭けてみなくてはいけないという証です。変更は、わたしたちを恐怖や不安を超えて持ち上げてくれる屈折点であり、内面的な姿勢を変えます。