信用恐怖症:他人を信用するのを恐れるとき

· 2018年4月6日

わたしたちの多くは、恋愛における失望や裏切りを経験しています。あなたを不当に扱った人をもう一度信用するのは難しいことを知っているかと思います。それ自体、信頼するということは簡単ではありません。しかし、信用恐怖症を患っている可能性もあります。その場合、信頼することはほぼ不可能です。

信頼はただではありません。あなたが持っている、あるいは持っていないものです。中間はありません。何か月、何年かけた共有の関係と経験によって積み上げられていきます。

 

信頼を得るのには時間が掛かりますが、信頼を失うのは一瞬ということをわたしたちは知っています。しかし、希望は最後まで残り、時間がすべての傷を癒します。

信用恐怖症って何?

信用恐怖症は、他人と近しい個人的な関係を構築することに対する非論理的な恐怖に特徴づけられます。過去のトラウマや害のある経験が重くのしかかり、他人を信頼したいという思いを上回ります。

このような状態の人は、みんな遅かれ早かれ自分を失望させたり裏切ったりすると感じ始めます。かなり懐疑的になります。過去の害が繰り返されたらという思いを恐れ、もう一度起こってほしくないと思います。

金髪の女性

「どうして私にばっかり起こるの?」「一生幸せになれない。」「ずっと一人で生きていくんだ。」これらの言葉を脳内で何度も再生します。

 

愛と信頼を与えたいと思っていますが、できないと感じてしまいます。そのため、不信感と共に失望、いらだち、悲しみ、怒り、罪悪感、恥を感じます。

信用恐怖症の行動

痛みを求める人なんていません。でも、信頼する能力を失ったら、人間関係の基礎を失います。信用恐怖症を持つ人への影響は、感情だけに留まりません。他の人生のエリアにも影響します。仕事、家族、恋愛関係などです。

自己暗示によって反社交的に、孤立主義になります。信用恐怖症に見られる行動には次のようなものがあります:

  • 近しい対人的なコンタクトがあるアクティビティを避ける
  • 非難を恐れ引きこもり気味になる。評価され、拒絶され、裏切られることに関する極端な恐怖があります。
  • 自分が好きになれるかわからない知らない人に出会うイベントやミーティングに参加しない。
  • 自分の感情を危険に冒すリスクはとらない。他人と関わることにかなり消極的です。他人にオープンになるのを恐れています。このような理由から、孤独で、内気で、控えめで、「隠者」のように感じられるかもしれません。
  • 落胆させられるのを恐れて、親密な関係を避ける。もう一度関係を持ちたいと思えません。信頼がまた踏みにじられるかもしれないというパニックのためです。

これらすべての影響は、信用恐怖症の人が感情的になるとよりひどく現れます。

自信の欠落

大抵、他人への不信感は自分への不信感から生まれます。自分への不信感は、人が信頼できる人かどうかを判断する勘や第六感に影響します。

信用恐怖症の人は勘が欠落しているというわけではありませんが、それを信じていません。信用恐怖症でない人もいつも勘を信じるわけではないですが、不確かな時にパニックを起こしたりしません。 そして、他に何もない時は自分の判断を信用します。

この自分の勘への自信のなさは、自分の他のスキルへの自信も喪失されます。例えば、誰かに攻撃されたとき自分を守るすべです。それによって、自分は無力だと感じ、もっと懐疑的になります。このようにして、信用恐怖症は問題に発展していきます。

このような文脈では、信頼を構築するのはとても難しくなります。めまいを感じているときに、とても高い山を登るようです。もうこれ以上以後けないと感じるまで、落ちる恐怖は一歩踏み出すごとに増えます。

その為、信用恐怖症の人は関係を突然切ったります。関係を深めてしまうため、これ以上登り続けることは出来ない、となります。

白黒

セラピー:とるべきベストなステップ

信頼は一夜にして戻ってきません。それはあなたにおけるものでも、相手におけるものでも同じです。だから、信頼恐怖症を克服するには、助けを得る必要があります。精神科医は感情的な傷から回復するための助けとなります。原因に働きかけることで、問題を解決できる可能性が高まります。

  • 人をもう一度信頼したいなら、良い悲しみのプロセスを学ぶことが重要。このためには、痛みを受け入れ、自分の感情から逃げない必要があります。問題を過小評価したり、目を背けてはいけません。
  • 時間と休息が必要。あなたの感情が安定しなければいけません。新しい恋愛を始めるのはよくありません。過去のトラウマが現れているなら、もう一度誰かを信用する準備はできていないかもしれません。
  • 信頼が必要な日々のシチュエーションを実践。例えば、パートナーに何かをお願いして、信頼が少しずつ増えるようにします。順応するために人と一緒にアクティビティーを行うのもいいかもしれません。

他の人を信頼することは、難しいですがとても重要です。自分に近しいものに持つ信頼は、たくさんのメリットがあります。

幸福、自信などを増やしてくれるのはメリットの一部です。問題へ直面した際、より良く少ないストレスで対応できます。努力をするだけの価値のあるものです。