小児期のうつ病:子供の涙は真っ直ぐな弾丸

· 2017年12月13日

小児うつ病は存在するものの、ほとんど知られていません。 悲しくて泣いている、笑顔ではない、絶えず怒っている、そして人生を楽しめないような子供たち。 苦しんで溺れて生きる子どもたち。 恐ろしい憂鬱な怪物によって無邪気さが隠れてしまっている子供たちです。

なぜなら、深い悲しみを持っている子供たちがいるからです。 彼らの目の前に突き付けられた現実が彼らが純粋である事実を消し去ってしまったため、笑顔になることができない子供たち。 子供が鬱を患っていることが現実のようには見えないことがあります。 私たちが持つ子供時代のイメージは、すべて笑顔で、幸せで遊び心のあるものだからです。

私たちが深刻で奇妙な行動をしている子供を見ると、子供たちに悲しんではいけないと伝える努力をします。 泣かないで笑うように言うでしょう。 しかしこれが最初の重大な間違いです。

うつ状態の子供は、明白で目には見えないような、自分自身と内面の対話を繰り広げています。 子供たちは自分自身に次のような質問をするでしょう:どうしたら私はもっと良い気分でいられるのだろう?なぜ人々は私に笑顔で遊べといい、泣いたり怒ったりしてはいけないというのだろう? 私は苛立ちを感じることをやめることができない、それはなぜ? なぜみんな私を変人のように見ているのか? たぶん私は変人だから努力する意味もないのだろう。

花と蝶に囲まれた少女

小児うつ病:目に見える特徴

小児うつ病は存在し、大人が子供の内面において何かがうまく行っていないことに気づくのに役立つ、いくつかの兆候があります。症状のいくつかは成人のうつ病に見られるものに似ています。たとえば、悲しみが頻繁に現れ、学業成績が低下したりします。これは、大人が仕事で成績が上がらないといったことと同じです。

特徴的なこととして、過敏性および攻撃性があげられます。これらは小児期うつ病の共通の特徴です。また、胃の痛み、頭痛、筋肉痛などの身体的な苦情を訴える傾向にあります。

また、子供のモチベーションや、遊び方を変えたりさまざまな活動をしたいという願望が下がります。 さらに、子供が適切に食べていなかったり、眠ってなかったり、あるいは全体的なエネルギーが不足していることに気が付くかもしれません。

幼い頃のうつ病に苦しんでいる若者は、集中したり、思考したり、決定を下すことができない可能性が高いのです。 実際に、彼は死への思想を張り巡らせたり、また計画、自殺の試みを経験するかもしれません。

あなたが子供の中にこれらの症状の5つ以上を見つけた場合、専門家はおそらく小児うつ病だと診断するでしょう。 しかし、ある程度の無関心、不本意または悲しみを経験することは、誰にでもある正常なことであるのを覚えておく必要があります。

海の映るシャツを着た子供

事実、慎重に子供の無関心または悲しみを尊重すべきです。 私たちはしばしば、何が彼らに不快感を引き起こしているのかを理解せずに幸せになろうと主張するでしょう。 これは、悲しみ、欲求不満、怒りという感情が正常ではないというメッセージを伝えることを意味します。 彼らの感情は無用であると言うことを伝えているようなものなのです。

これが子供や大人にとって何を意味するのか考えてみましょう。 誰かを失ったときに悲しみを感じるのは正常ではないのでしょうか? 私たち全員が、いつもご機嫌でいることは可能なのでしょうか? これらの感情状態は、全く有用ではないのですか?

うつ状態の小児では、ある程度の動作を見ることで見抜くことも可能です。 子供は静かに座っていることはできません。 いすが燃えていて熱いかのようです。手を振り、絶えず歩き回り、指でドラムをたたく動作をしたりします…

母親に抱かれて眠る子供

彼らは常に完全に充電されているバッテリーで動作しているようです。 この状態を多動性と混同してはいけません。 したがって、専門家が正しい診断を行うために他の症状を観察することが常に必要不可欠です。

うつ病は、遅い動作を基に決定づけることができます。鬱を患う子供は、しばしばスローモーションで考え、話し、動きます。 子供と会話するのが難しく、常に質問を繰り返さなければなりません。 話題も変わらず黙っていて、非常に長い間、依然として存在しているだけのようです。

もう一つの手がかりは、子供が自己概念や自尊心が非常に低い、もしくは貧弱なときです。 子供は自分が無価値であり、欠陥があると考えるかもしれません。 そして自分の間違いを拡大するかもしれないのです。

泣く少女

うつ病の子供が気分を良くするのに役立つ10のアイデア

スペインの小児心理学者であるフランシスコ・ハビエル・メンデスは、彼の著書「笑顔のない子供」の中で、悲しみを持ち続けている子供たちに笑顔と喜びを促進するための10のアイデアを提供しています。

・例を用いて教える:笑顔、良いユーモアを見せ、あなたが休暇を楽しんだり、賢明な方法で物事を考えるなどの、例を見せてあげましょう。

・子供が楽しくて気分が良くなるように助ける:楽しい活動を組み込んだり、友人を家に招待し、新しく魅力的な計画で彼らを驚かせましょう。また、彼らの成果を強調し、彼らの好みを心に留めておくことも大切です。

・不必要な苦しみから健康を守る(予防接種、衛生、睡眠習慣、栄養など)。ストレスの多い状況(例えば、新学期の開始や家族の喪失など)に備える。

・家族や家庭内の調和のとれた環境を促進する:言葉や行動であなたの愛を表明し、家族内のコミュニケーションを促進しましょう。また、親の争いを避けるなども大事です。

・環境に応じて行動し、合理的な行動規則を定めましょう。遵守を要求し、包括的かつ柔軟に対応し、学校と協力するなど、愛情と一貫性で教育することを心掛けましょう。

涙を流す少女

・子供たちのスキルやタレントを伸ばす。ジムやクラブに登録し、読書、音楽、劇場、映画、収集や集会、工芸品などへの興味を呼び起こしてみましょう。新しい味、スポーツ、ゲームなどの豊かな体験を試してみましょう。

・子供たちがフラストレーションに対処できるようにしつける。彼らの不合理な要求に護らないでください。彼らの怒りにうまく対応し、彼らに順番を待つように教え、忍耐強くできるようにしてみましょう。そして徐々に子供の要求を満たすのを遅らせ、そして徐々に満足を満たすことを遅らせてみましょう。また、彼らのおもちゃなどを他人と共有させてみましょう。

・罪悪感ではなく責任を負わせましょう。そして、得られた成績や賞ではなく、勉強に対する努力を大切にしてください。現実的な目標を設定し、達成するためにそれらを祝福してください(「今回の優秀な成績おめでとう!」は、「次はすべてで良を取りなさい」よりもましです)。

・合理的な思考スタイルを作りましょう。「あなたは悪い、あなたはこれをしない」などの、絶対主義言語を避け、ラベル付けをやめましょう。解決法を簡単にするよりも、それについて考える機会を与えてください。解決するにはどうすればよいのか、彼らと話をしたり、不合理なアイデアや信念を諭したりしましょう。

自立を強化しましょう身体を洗う方法、服を着る方法、料理する方法、お金を管理する方法などの基本的なスキルを教えてください。彼らに練習の機会を与えてください。必要なすべてのものを手伝ってください。しかし、彼らの問題をあなたが解決してはいけません。徐々に意思決定プロセスを持てるようにするのです。

これらを試したにもかかわらず、上記のうつ病の症状のいずれかが連続して見られる場合は、専門家に相談してその子供を診断する必要があります。 専門家は上記のさまざまな側面について観察します。 そして、専門医に見せることで、すべての子供が素晴らしい笑顔を見せてくれるようになるでしょう。

子供の感情的な健康は魔法のように見えるものではありません。 それはあなたが培わなければならないものです。 だから壊れた大人を修復するよりも、強い子供を育てる方が簡単だということを忘れないでください。