執着せず手放すことの大切さ

2019年9月14日
物事、信念、および人々に執着することはあなたに悪影響を及ぼす可能性があります。それらに依存せず、代わりに自由であるべきです。

物事に執着することは非常に危険で有害な場合があります。知っていることや慣れていることに固執することは比較的簡単ですが、何かまたは誰かが必要だと考え、それに固執しすぎることで悪い結果を招く可能性があります。

幸せになるために必要だと考えている信念にしがみつくことは、あなたのエゴです。あなたは幸せを奴隷にしています。周囲の物や人でさえも、あなたに本当の幸せを与えることはできません。

また、過去に生きることは良くありません。懐かしさはあなたにインスピレーションを与え、良いケースもありますが、思い出すということはまだ何か未練があるという場合もあります。それを見たり触ったりすることはできませんが、まだ心の中に存在しているため、過去にしがみつくのは危険です。執着するということは、物事を諦めたり手放すよりもずっと辛いことなのです。

物事や思考、人に執着すると、あなたを苦しめることになります。

執着せず 手放すこと 大切さ

偽りのニーズ

あなたは何によって幸せを感じますか? 考えてみてください。あなたにとって幸せになるには何が必要ですか?パートナーですか?家でしょうか?それとも理想的な仕事ですか?常にトップでいることかもしれませんし、子供を持つことかもしれません。

あなたにとっての幸せが何であれ、それについてじっくり考える時間を設けてください。本当に幸せになるためにそれら全てを必要としているのでしょうか?他に何が欲しいですか?物、夢、人、またはそれらを全て手に入れた時の感情でしょうか?

多くの場合、私たちは気付かないうちに、幸福の概念に関連するリストを作成し始めます。本物であると信じる理想的な世界へ期待を膨らませます。問題は、これを完全に信じきってしまうときに起こります。

「仕事に就いたら、自分で生きていく」、「自分で生活を始めたら、本当にやりたいことをする」、「仕事と努力はすべて報われ、夢を達成する」、「パートナーを見つけ、一緒に家を建て、幸せになる」…これらはそのほんの一例です。

かつて頭で思い描くだけだったものが、達成したい現実に変わります。あなたはそれに多大な労力を注ぐでしょう。しかし、自分が考えていた理想が現実にならなければ、すべてが崩れ落ち始めます。

あなたが望んでいる通りに物事は運ばないかもしれません。気分が沈んで落ち込んでしまいますが、それでも頭の中で作った理想や幸福を切望し続けてしまうのです。

理想とは異なっていたことにより、怒り、憤怒、失望、欲求不満、苦悩などの感情にも直面することとなります。いつのまにか、望みもしないのに偽りのニーズにしがみついているのです。

執着せず 手放す 大切さ

ご存知でしたか?:
あなたへの愛は執着や孤独の恐怖を超えるもの

執着することが苦しみにつながる

物、夢、人への幸福をコントロールすることは間違っています。あなたはどのように幸せであるべきかを表す様々な広告に毎日晒されていることでしょう。例えばソーシャルメディアにもそのような広告が溢れています。

物や人に執着し、理想の在り方に固執するのは危険です。どうしてでしょうか?それは、永遠に続くものなんてないからです。柔軟性がないと、疲労し、身動きできないように感じるからです。皆誰しも時が経つにつれ変わります。あなたは数年前と同じ人ではありません。同じ人などいません。したがって、変化を無視して、物、アイデア、人に執着することは、あなたを不幸にします。

これは人生においてそれらのものを避けて通るという意味ではありません。周りのものや人、何もかも気にするのをやめるという意味でもありません。他人とどのように関係しているか、そしてあなたを取り巻くものに注意を払ってください。それらについてどう考えるか考慮してください。そうすれば、誰かまたは何かに執着しすぎているかどうか識別することができます。

こちらもご参考に:
爬虫類脳と支配欲や権力への執着

手放す勇気

手放す勇気を持つことが非常に重要です。実践するには多くの方法があります。誤ったニーズから解放し、あなたが作り上げた型を壊せば、幸せを手に入れることができます。

手放すには成長と変化のプロセスが伴います。永遠に続くものはなく、すべてが変化することを理解しなくてはなりません。人生のサイクルを尊重し、全てが自分の思い通りにはいかないことを知る必要があります。

手放すことは、考えが変わる可能性があることを知ることです。今日価値があるものは、明日には何の役に立たないものになっているかもしれません。心を育て、変化に向き合えるように訓練し、手放すために心を準備してください。周りの物や人が重要でないと言う意味ではありません。最初は理解しにくいかもしれませんが、幸せになるためにこれらのほとんどを必要しないということを忘れないでください。

執着せず手放すことの大切さ

執着心を捨てることはバランスをとり、エゴイズムから完全に解放されることをいいます。 本当のあなた自身を知るために、自分に向き合うことを可能にします。 快適ゾーンの障壁を克服し、しがみついているものを失うことを恐れない勇気の行為です。

手放すことは、喪失を受け入れ、柔軟な心と正直な心を育むことです。 人生は変化であり、日々動いていることを忘れないでください!