シスターフッド:女性が力を合わせることの価値

2018年5月15日 in 好奇心 0 シェア済み
3人の女性

シスターフッドとは、女性の間の社会的、倫理的、感情的協定です。これは、一緒にいればひとりより強いという理解に基づいています。この力を与える関係は、結束してお互いをシスターとして扱って初めて成り立ちます。敵ではだめです。世界に本当の変化をもたらすための集合的な断固とした価値観に基づく関係です。

シスターフッドというこの言葉を最近よく耳にします。わたしたちの言葉の中でより力を持ってきています。しかし、この言葉が使われ始めたのはたった50年前です。当時のフェミニスト活動のリーダーであった作家のケイト・ミレットがこの単語を提唱しました。彼女のゴールは、激しい活動家として日々戦っていることに名前を付けることでした。それは、生まれ、宗教、民族関係ない社会的な女性の連盟です。

シスターフッドは、現代のフェミニズムの倫理的・政治的・現実的な単語です。社会的な変化を起こそうとする女性の連携の感覚を与えます。
シェアする

「世界の女性よ、結団せよ!」というモットーの元、「シスターフッド」という言葉をミレットは作り出しました。とても私たちを刺激してくれるアイディアです。それだけではありません。集合体としてわたしたちを強くさせ、前にすすめる力を与えます。毎日の生活に変化を起こすことを想像させます。

人類学者のマルセラ・ラガルドがこのコンセプトをさらに洗練させています。一緒に動くために最高の仲間になる女性たちの友情です。共にいることで自由で強い成功へのコミットメントを生み出します。

4人の女性

女性の共感、集合的成長としてのシスターフッド

家父長制の影響を強く受ける社会に生まれて成長し、教育を受けることには代償があります。他の女性をライバルや競争相手と見ます。学校や仕事場で、他の女性のことをかなりきつく非難するのは珍しいことではありません。

壁や障害物をお互いに対して作り上げ、無駄な敵対心を生み出します。お互いを高めるのではなく、お互いを引き裂き合います。 ほとんど気づかずに、過去に大きな部分を占めていた同盟を失っています。

過去には、女性はいまよりたくさんのことを共有していました。お互いを助け合い、養い合う強固な集合体として生きていました。感情的にも心理的にもです。古い世代が若い世代に賢いアドバイスを送っていました。子どもを育てること、収穫、集めたものは薬と共に共有されました。

もしかして、わたしたちはみんな魔女だったのかもしれません。もしかして、わたしたちは月経に象徴される自然の職人であり、古代の知恵の集まりなのかもしれません。 ストーリーを共有し、サイクルに同調し、魂という土に愛情の種をまきます。日々価値を持ってくるものになるためにです。自分自身、そして社会にとって価値ある存在です。 母や姉妹、娘のよりも強い、本当のシスターフッドを構築します。

シスターフッドは、自分自身や他人を養う女性としての力を取り戻させてくれます。共感を与えるものであり、女性の受け手です。バラバラにいるより一緒にいるほうがよりよくなれる絆です。
シェアする

カラフルな女性

真のシスターフッドを養うためには

わたしたちが持っていた女性の判断力はずっと前に失われてしまいました。ポジティブに友情の価値を認めるものの、その絆は変化を起こすことに集合的にフォーカスしたものではないように思われます。

シスターフッドのコンセプトは、友情よりさらに先を行きます。シスターフッド、女性の共謀、倫理的・共有の原理です。メンタリティーの変化、集まりで時々サインを掲げることに限定されない社会的気づきです。

シスターフッドは、中から起こる革命です。初めに、自分とはだれか、どれだけの価値があるのか、いまだ家父長制の社会で何が間違っているのかに気づくことです。

それから、この気づきは日々の生活で出会う女性の間で共有されなくてはいけません。お互いのエンパワメントを見据え、支え合い、インスパイアし、バラバラになってしまった女性らしさを修復しなくてはいけません。火を囲む女性

自分自身から適切なメンタリティーを引き出す

最後に、シスターフッドには批評と自己批評を必要とします。わたしたちは、時にシスターフッドやフェミニズムの考えに害を及ぼすことをしてしまいます。他の女性のことを問いただすことかもしれません。同僚が「何かを」して昇給を得たと考えることかもしれません。あるいは、襲われたと通報した見ず知らずの人を疑うことかもしれません。

シスターフッドは連帯です。助け本当の変化をつくりだすためのサポートのネットワークです。今こそ動くべきです。信じてみましょう。

あなたへおすすめ