ソフィア・コワレフスカヤ:大胆不敵な数学者の生涯

2020年6月28日
ソフィア・コワレフスカヤは、数学界と物理学界に多大な貢献をもたらした非凡なる女性です。また、コワレフスカヤは作家でもあり、自伝の他に戯曲も残しています。彼女は時代の先を行く、真のパイオニアでした。

ソフィア・コワレフスカヤは、数学と物理学の分野に多大な貢献をしたことで著名な女性ですが、その驚くべき執念でもよく知られています。コワレフスカヤはまだ教育への扉が女性に対して閉ざされていた世に生まれました。当時、女性は父や夫の許可なくして旅行に行くことさえできなかったのです。

ソフィア・コワレフスカヤの生涯で最も興味深いのは、当時社会が女性に設けていた制限を全てうまくくぐり抜けてきたところです。このような制限があったにもかかわらず、コワレフスカヤは自分の目標と夢を達成してきました。実は、彼女は女性で初めて大学教育を修了した人です。また、これまでに知られている中で初の女性大学教授でした。

「魂が詩人でなければ、数学者になることは不可能だ。」

-ソフィア・コワレフスカヤ-

コワレフスカヤは意図せずしてフェミニズムのパイオニアとなりました揺るがない決意が、不可能に見えることも成し遂げられる推進力であることをその姿で見せてくれました。

ソフィア・コワレフスカヤは科学分野での重要な発見に加え、物書きの世界でも突き抜けていました。詩と科学にその身を捧げ、また天文学の分野にも貢献を果たしました。

ソフィア・コワレフスカヤ 数学者

ソフィア・コワレフスカヤの幼少期

ソフィア・コワレフスカヤは、とても特異な家庭に生まれました。母方でいうと、母はハンガリーの国王、マティアス・コルヴィヌス(マーチャーシュ1世)の子孫でした。ですが、彼女の祖父はジプシーと結婚しその結果、手にできたはずの地位を得ることができなかったといいます。

父方には、地図学者のフリードリッヒ・シューベルトや天文学者のセオドール・ヴォン・シューベルトなどの有名な親族がいました。

コワレフスカヤは、1850年1月15日にロシアのモスクワで生まれました。姉は有名な社交家、アンナ・ジャクラルドです。コワレフスカヤは、幼い頃に家族と共にベラルーシに移住し、新天地で科学知識の影響を強く受けて育ちました。父と2人の叔父が読書や研究への情熱をコワレフスカヤに注いでくれました。

家族がベラルーシに着いた時、ソフィアの部屋の壁の壁紙が一部はがれていたことがありました。この穴をふさぐのに適当に本のページを破って充てることで、その問題を解決したといいますが、たまたまそこにあったからという理由で壁紙になったその本は微分法についての本で、幼いソフィアはそのページを驚きと関心を持って読み、学び始めたと言います。

聡明な少女

ソフィアの父は家庭教師を雇って娘に教育を施しましたが、娘の吸収があまりに早いことにたじろぎました。「賢い女性」を恐れていたのです。そのため、娘の教育をそこで途絶えさせてしまいました。ですが、若いソフィアは独自で勉学を続け、代数も独学で学びました。

ソフィアは有名な作家、フョードル・ドストエフスキーに恋をしていましたが、ドストエフスキーはソフィアの姉に想いを寄せていました。ドストエフスキーはソフィアにとって叶わぬ恋だったのです。

ソフィアも姉も、何らかの自由を手にするには結婚しかないということを知っていました。当時、偽装結婚や政略結婚に賛同していた女性は多く存在しました。

誰かと正式に結婚式を挙げる約束をしておきながら、後にお互いが全く別々の暮らしをするということがよくあったのです。ソフィアの姉、アンナも古生物学者のウラジーミル・コワレフスキーとそうした結婚を望んでいました。ですが、ウラジーミル・コワレフスキーは当時わずか18歳だったソフィアと結婚することを望みました。

ソフィア・コワレフスカヤ 数学者

ユニークな女性

予想通り、コワレフスキーとの結婚はソフィアに新たな機会をもたらしました。まず初めにハイデルベルクに移り、その後、ベルリンに移りました。

ソフィアはそこで有名な数学者で解析学者であったカール・ワイエルシュトラスに出会いました。ワイエルシュトラスは初め、ソフィアに才能があるとは思っていませんでした。ですが、ソフィアの情熱と知性に気付き、彼のいた大学で学ぶように促しました。ところが大学側が拒否したため、ワイエルシュトラス自身で個人指導をつけることにしました。

ワイエルシュトラスの支援のおかげで、ソフィアは博士号を取得することができました。ソフィアの論文を彼女自身がその場にいなくても発表できるように取り計らってくれたのです。その後、ソフィアは自身の才能を磨けるような仕事を見つけるために長い道のりを歩むことになります

情熱の人生

博士号取得から10年後、友人のヨースタ・ミッタク=レフラーがストックホルム大学で教授の座を得るのに力を貸してくれました。

それまでの間に、ソフィアには娘が生まれ、また夫を自殺で亡くしていました。未亡人という状態が、かえって大学側にとって雇用のしがらみを取っ払うこととなりました。

ソフィアは生涯を通して、様々な賞を受賞しました。ロシア科学アカデミーに初めて加わった女性会員の一人にもなりましたそんなソフィアは41歳で肺炎のため、早逝しました。彼女の多大な貢献を称え、月にあるクレーターの一つには彼女の名がつけられています。

ソフィア・コワレフスカヤは、歴史が隠そうとしてきた多くの聡明な女性著名人の一人でした。学校教育において彼女の名が触れられることはほぼありません。ですが、彼女の功績は同世代を生きたどの女性よりもずっと輝かしいものです。ソフィア・コワレフスカヤは、人類史に時として突如現れる眩しい才能の持ち主の一人だったのです。

Kovalevskaya, S. (2001). Vida y obra matemática de Sofía Kovalevskaia (Vol. 4). Anthropos Editorial.