「存在の耐えられない軽さ」の名言10集

· 2018年9月21日

ミラン・クンデラは、一度読んだら忘れられない作家の1人でしょう。彼の作品は意味深くて強いメッセージを持っています。「存在の耐えられない軽さ」は一例で、彼の作品の中でも特に有名です。

今日紹介する「存在の耐えられない軽さ」からの名言は、どれもとても明白で印象的です。恋愛小説ですが、それ以上のものがります。全ての素晴らしい書物が扱うテーマ、人生とは何かを核にした本の一つです。

「もっと上を目指す人は、いつかめまいに襲われるであろう。」-ミラン・クンデラ-

「存在の耐えられない軽さ」の中には名言がたくさんありますが、今回はその中でも、最も意味深い物を選びました。いったん手に取ると、読むのがやめられなくなる、そんな素晴らしい小説の本質が詰まった10の名言をそれぞれ紹介します。

ミラン・クンデラ

存在の耐えられない軽さ

今日紹介する「存在の耐えられない軽さ」からの名言は、全て愛と愛のトラブルについてです。この小説は多様な恋愛関係をみごとに書き上げています。愛とは何かを定義づけようとした作品です。

「愛とは、セックスに対する欲望(多数の女性との関係を望む欲望)を生み出すものではない。愛とは眠りを共にすること(一人の女性に限られた欲望)を欲するものである。」

ミラン・クンデラは、何が愛でないかを定義しようと試みます。愛することと、愛されたい欲望を比較しています。

「おそらく愛することができないのは、愛されたいと願うからだ。つまり、なんの見返しも望まないで、ただそばに居て欲しい、と自ら相手に赴くのではなく、パートナーに何か(愛)を要求してしまっているのだ。」

「存在の耐えられない軽さ」では、ありふれた恋愛関係はあまり語られていません。クンデラは現代の人間が感じる感情と、人生の意味を一緒に表現しようとしたのです。

「愛とは帝国のようなものだ。土台になっていたアイディアが崩れ始めると、自身も消え去っていく」

男性に差し伸べられる手

ここでは、彼は愛と愛の終わりを関心深い、深い意味合いで説明しています。彼は、愛とは常に生きていてるもので、思ったところには居ない可能性もあるとしています。

「悲しさとは、終点にいるようなもの。幸せとは、一緒にいること。悲しさは外枠で、幸せは中身。幸せが悲しみのスペースを満たしてくれる」

強さと論理の放棄

「存在の耐えられない軽さ」では、終始、軽さと重さが話の筋にあります。何度もクンデラはどちらが人生をコントロールすべきなのかを問いかけます。

「最も重い負担とは、同時に人生において最も強い達成感のようなものだ。負担が重ければ重いほど、人生が地に着き、リアルで真実味のあるものになる」

水の中のカップル

これは、近代の薄っぺらく表面的であるものは簡単に耐えられる、という考えに異議を唱えたものです。実際、負荷が重いものを背負っていると、人生がよりリアルで生きる価値のあるものとなるのです。

しかし、先ほどの名言は重さが苦しみを伴わない、としているわけではありません。

「深い同情ほど重いものはない。ひとりで感じる痛みも、誰かと、誰かのために感じる痛みに比べれば重いわけがない。痛みは想像によって膨らみ、いくつもの反響によって長引いていくのだから。」

クンデラによると、他人の痛みは、自分の痛みより辛く、愛がそうさせるのだそうです。深い同情は治しようのない痛みであるからゆえ、重い負担となるのです。自らの苦しみは自分でどうにかできますが、他人の苦しみは、その人のもので、同じように痛むものです。

一度きりの人生

この名言には、思ったよりも深い意味が込められています。

「何が欲しいかなんてわからない。なぜなら人生は一度きりで、前の人生と比べたり、次の人生で完璧になんてできないのだから」

論理的な考えでは、人生には理由が必要だと考えます。彼は、それは不可能だと言っています。なぜなら、私たちは何もわからないまま、一度きりの人生を生きながら学んでいるのですから。

「人生のスケッチは、価値のないスケッチだ。外枠だけで、なんの絵もない」